ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
春先まで活躍する「加湿器」は、掃除をしないと健康をそこねることに!?
出典 : Yury Stroykin/Shutterstock.com

春先まで活躍する「加湿器」は、掃除をしないと健康をそこねることに!?

加湿器が必要な季節は、地域によっても異なりますが、春の終わりまで続きます。冬場に活躍し続けた加湿器をきちんと掃除をしないまま使用し続けると、かえって健康にマイナスなことも。正しいお手入れの仕方を知って、正しく使用しましょう。

  • terasaki

加湿器の種類

加湿器の種類

湿度が低くなると肌や喉が乾燥し、皮膚トラブル、風邪をひきやすくなる、鼻や喉の不調を起こすなど、悪影響がでます。また、部屋の空気が乾燥していると風邪やインフルエンザのウイルスの動きが活発に。冬場ほど乾燥を感じなくても、しばらく乾燥した空気は続くので加湿器が必要な季節はまだ続きます。

加湿器で湿度を調整することは健康維持のために大切なのことです。でも、一口に加湿器といってもいろいろな種類があり、お手入れの方法も違うようです。

●スチーム式

水を温めて蒸気で加湿する方法。吹き出し口が熱くなるため小さな子どもがいる家庭では注意が必要ですが、水を加熱するため雑菌の発生を抑えられ、手入れの頻度は少なくて済みます。

●気化式

フィルターに水を含ませて風を当てて 気化させます。ランニングコストは安いのですが、気化熱が奪われるので吹き出し口の風が冷たく、加湿に時間がかかるのが弱点です。フィルターのこまめな掃除が必要です。

●ハイブリッド式

気化式加湿器にヒーターを取り入れ温風にしたタイプです。気化式の加湿スピードの遅さ、風の冷たさが改善され、さらに温風なので雑菌の繁殖も抑えられますが、本体価格が他より高くなります。気化式同様フィルターのこまめな手入れは必要です。

●超音波式

超音波で水を粒子にして加湿する方法。水が熱くならないので安全で、本体価格もランニングコストも安く、デザイン性が高いものが多いのですが、水のまま使用するので雑菌が繁殖しやすいのがデメリットです。雑菌が繁殖しやすい分、4種類の中で1番掃除する必要があります。

加湿器を掃除しないとどうなる?

加湿器を掃除しないとどうなる?

いずれの加湿器も、頻度の違いはあれど掃除をしなくていい加湿器はありません。掃除しないまま加湿器を使い続けるとどうなるでしょう。

●水垢がこびりつく

加湿器の水は塩素処理している水道水が適していますが、水道水は水垢がこびりつきやすく水垢を除去しないまま使い続けると、運転効率が悪くなります。

●雑菌が繁殖、嫌な臭いがする

溜めた水には雑菌が繁殖します。とくに超音波式は、水蒸気ではなく水の粒子を吹き出しているので、水に雑菌があればそのまま排出することになり、不快な臭いがすることも。

●加湿器病を引き起こす

加湿器病(正式には過敏性肺臓炎)は、雑菌、カビなどが発生した掃除不十分の加湿器長期間使用し続けた時に起こる肺疾患で、喘息発作や風邪に似た症状を引き起こすこともあります。まれに重篤なアレルギー症状を起こすこともあるので注意が必要です。

パーツ別の掃除方法

パーツ別の掃除方法

●水を入れるタンク

どのタイプの加湿器もタンクに水を足し続けることはせず、毎日1度はキレイにすすぎ乾燥させましょう。キャップはとくに、丁寧に洗う必要があります。水垢が残っていると故障の原因にもなります。

●フィルター、ユニット

機種にもよりますが、週に1度程度はよく水洗いしてぬめりを落とし、やわらかい布で拭き、しつかり乾燥させてから戻してください。

●水受けトレー

トレーの四隅などはとくに汚れが残りやすくカビが発生しやすい部分です。月に1度は、水洗いして、歯ブラシなどでしっかり汚れを落としましょう。

加湿器の頑固な汚れにはクエン酸

加湿器の頑固な汚れにはクエン酸

●月に1度

月に1度はクエン酸を使用してしっかり汚れを取り除きましょう。タンクの手入れは、ぬるま湯とクエン酸少量をタンクに入れ、蓋を閉めてしばらく置くだけです。

フィルターやトレーはパーツが入るバケツなどに、1Lのぬるま湯に対して大さじ半分程のクエン酸を溶かし、浸け置きます。いずれも3時間程度たったら、気になる部分はブラシで汚れを落とし、しっかり水で流せば終了です。

●シーズン終わりに

使用するシーズンが終わった加湿器は、最後にクエン酸でしっかり手入れした後、よく乾燥させてからしまっておきましょう。次のシーズンに使う時も、もう1度クエン酸で洗ってから使用すると衛生的です。

加湿器選びは、機能とお手入れのしやすさを十分に検討しましょう。せっかくの加湿器、正しいお手入れを習慣にして、高い効果を得たいですね。