ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
新車を洗車! 誰でもできる手洗いポイント
出典 : welcomia/Shutterstock.com

新車を洗車! 誰でもできる手洗いポイント

中性洗剤とマイクロファイバークロスを使った洗車は効率が良いばかりでなく、使用する水も少なくて済みます。洗車は面倒という苦手意識をなくすためにも、ポイントをつかむだけでカンタンに洗車ができるようになります。洗車機だけに頼らず傷がつきにくい手洗い洗車をしていくクセをつけるとよいですね。

  • 渡邊公子

洗車をする準備をしよう

洗車をする準備をしよう

Photographee.eu/ Shutterstock.com

準備するものはバケツ、キッチンで使っている中性洗剤、マイクロファイバークロス(洗い用と拭き上げ用で最低1枚ずつ)、小さめのスポンジ、水切り、へら、ブラシです。どれも100均で気軽に購入できるものです。バケツの大きさは5リットル程度の洗剤液が必要となるので、普通の大きさのバケツ(8リットル程度 裏側に○リットルと表示されています)があれば十分です。

まず、洗剤液を作っていきましょう。100ミリリットルの中性洗剤をバケツに入れ、ホースで静かに周囲から水を注いできれいに泡を立てていきます。8リットルのバケツに8分目ほどの洗剤液を作ります。

また、よく晴れた気温の高い日はボディの水分が乾きやすく水アカを作る原因にもなってしまうので、洗車をするなら曇りの日を選ぶようにしましょう。

新車の汚れをチェックしながらまずは水洗い

まず、一番汚れているタイヤ、ホイールをシャワーで水洗いしていきます。シャワーは強すぎず、入浴時に使う程度の強さでOKです。スポンジに洗剤液をつけてホイールの隙間まで洗った後、すすぎます。タイヤに洗剤が残ると、ゴムの劣化やパーツのサビにつながるのですすぎはしっかりと行うのがコツです。

次はボディ。シャンプーをする前にほこりや泥を水洗いでさっと落としていきます。弱めのシャワーで上から下へ流していきます。ほこりがついたまま洗ってしまうと、ボディにキズをつける恐れがあるからですが、だからといって単に水をかければいいというわけではありません。大切な新車についてしまった水アカや鳥のフンなどどこがどう汚れているのかを確かめながら行いましょう。

また、フロントガラスは水の流れた跡がまだらに残っていれば汚れている証拠です。ヘッドライトがまぶしく感じるようなら油膜が原因ですし、ボディの表面が水をきれいにはじけばワックスは十分です。もし、はじかないようならワックス不足ということになります。しっかりと全体のチェックをしながら水洗いをしていきましょう。

新車のボディをきれいに洗い上げる

新車のボディをきれいに洗い上げる

muratart/ Shutterstock.com

水洗いをした時にウインドウに油膜があるとわかったら、そこからから洗い始めましょう。油膜は排気ガスが主な原因なので、しつこい汚れは油膜落としを使うのも手です。さほど気にならないようなら作った洗剤液にマイクロファイバークロスをたっぷりと浸して軽く絞ってから汚れを取っていきます。ウインドウを洗い終わったら、水をかけてみましょう。洗い残しがあると水滴がムラになって残るので、チェックもカンタンにできます。

ウインドウは雨のほか、鳥のフン、路面からの巻き上げ、対向車の水バネなどを受けるため、いろいろな汚れがつきやすい部位です。フロントだけでなく、左右、リア、サイドミラーも忘れずにしっかりと洗い上げましょう。また、油膜落とし剤があると便利なので、用意しておくといいでしょう。

上から下に洗うのが原則なので、ボディも上部と下部に分けて洗っていきます。まずはルーフからスタートします。洗い方はゴシゴシ洗うのではなくやさしいタッチで車が進む方向に向かって動かしていくのがポイント。グルグルと円を描くような動かし方はNGです。また、マイクロファイバークロスは汚れを吸着するので常に汚れのない面を使っていきようにしましょう。クロスはまめに洗って使うようにするのがポイントです。

新車のすすぎは手早くがポイントに

ボディには洗剤がついているので乾く前にすすぐことが大切です。水量は控えめにしながら、ルーフからサイドボディへ、上から下へとすすいでいきます。すすぎ洗いをしたらすぐに水切りワイパーで水を切っていきましょう。ボディの上で水が乾いてしまうとウォータースポットという小さなシミになり、これが水アカの原因となります。そうならないためにも効率的に水分を取っていき、なるべく手早くやっていくことが重要となります。

汚れが少ない上部の掃除が終わったら、汚れている下部へと移っていきます。まずは確認から始めましょう。
汚れがついている部分を把握したら、ブラシや溶剤を使ってきれいに落としていくようにします。また、途中、水アカなどを発見したら、クロスをやや強く握って洗剤を絞り出すようにして落としていくようにします。

きれいに拭き上げてピカピカに!

きれいに拭き上げてピカピカに!

Girts Pavlins/ Shutterstock.com

ボディ各部の洗浄がひと通り終わったら、手早くすすぎを行って、汚れた洗剤を完全に洗い流していきましょう。次に拭き上げ用に用意したマイクロファイバークロスで水分をすべて拭き取っていきます。これも上から下へ、車の進む方向へと一方方向へ拭くようにしていきます。洗う時と同様、円を描くようにするのはNGです。拭き残しがないようにするためにはルーフ→窓→ボンネット→フェンダーへと進めていくようにしていきます。


いつまでもきれいに車を使うためには、手洗いが一番です。なるべくキズをつけないように洗っていくためにも洗車機だけに頼らないこと。愛車をきれいにすれば、乗り心地もきっと違ってくるはずですね。