ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
水垢を徹底的にクリーンアップ! 重曹が大活躍
出典 : kazoka/Shutterstock.com

水垢を徹底的にクリーンアップ! 重曹が大活躍

シンクや風呂場といった水まわりに、気がつくとできている白いこびりつきは水垢です。放っておくとどんどん落ちなくりやっかいな汚れになってしまいます。そんな汚れは重曹でスッキリ落としていきましょう。

  • 渡邊公子
水垢を徹底的にクリーンアップ! 重曹が大活躍

Germanovich/ Shutterstock.com

水垢って何?

水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。シンクなどについた水分は時間と共に蒸発していくため、含まれていた成分だけが残り、それが水垢となります。この状態なら普段通りのシンクのお掃除をサッとすれば取れてしまいます。

ですが中には、石けんやほこり、油脂などと混じり化学反応を起こして、ガッチリこびりついてしまうものもあります。ざらざらと固まって頑固な汚れになり、落ちにくくなってしまうとたいへん。水まわりはちょっと油断をすると、このような水垢汚れができやすいので注意が必要です。

水垢取りにあると便利な重曹

水垢取りにあると便利な重曹

TY Lim/ Shutterstock.com

重曹は「炭酸水素ナトリウム」「重炭酸ソーダ」とも呼ばれ、弱アルカリ性でスーパーやドラッグストアなどで手軽に手に入ります。弱アルカリ性なので酸性の油汚れ、皮脂汚れを落とすのが得意。また、パンやケーキのふくらし粉として使用されることでも知られています。

最近とくに、掃除やヘルスケアなどに幅広く用いられるようになったのは、天然素材なので安心して使えることが改めて認識されたからです。また、ほとんどの汚れは酸性なので、重曹を使うと中和、分解してきれいに落としてくれるのも便利です。水まわりにできた水垢も、重曹でしっかり落としましょう。

重曹の使い方

重曹の使い方

EKramar/ Shutterstock.com

重曹の使い方は大きく分けて3つあります。汚れに応じて上手に使い分けるようにしましょう。
また、重曹にもグレードがあり、もっとも質が良いものは薬用で、次が食用、その次が工業用(掃除用など)。口に入れても大丈夫なのは薬用と食用です。食用は掃除から美容まで何にでも使えるうえ割安ですが、掃除のみに使うなら工業用でもまったく問題ありません。

パウダーのまま使う

重曹はサラサラとした粉なので直接汚れに振りかけてしばらくおき、なじませて落としていくのが基本となります。毎回、袋から取り出すのは面倒なのでふたに穴の開いた塩入れなどの容器に移しておくと振りかけて使え便利です。容器は100均ショップなどでも売っているので使いやすいものを探してみましょう。

水に溶かして使う

水に溶けた重曹はイオン化することで、より汚れと結びつきやすくなります。重曹水をスプレーボトルに入れておくと、すぐに使えるので常備しておくとよいでしょう。。基本濃度は掃除なら2~3%程度。水200mgに重曹小さじ1が目安となります。汚れがひどい時は、汚れに応じて濃くして使います。ただし、濃くすると重曹の粒が残りやすくスプレーボトルが詰まる原因にもなるので、使い終わったたら濃度を薄くするといいでしょう。

ペーストにして使う

液だれしやすい壁面などの掃除に最適です。重曹結晶は水にふれると角がとれる性質があり、傷をつけにくいという特徴があるので、心配もいりません。こまかい部分を掃除する時は歯ブラシに重曹ペーストをつけてこすります。しつこい汚れには重曹ペーストを塗ってラップパックを。作り方は重曹2に対して水1の割合が目安です。しっとりとしたペースト状になるまで練っていきます。乾燥すると固まってしまうので、残ったら密閉容器に保存します。

水垢を効率よく重曹で取る

水垢を効率よく重曹で取る

TY Lim/ Shutterstock.com

水垢ができる主な場所は水まわりです。重曹の準備が整ったら、できてしまった水垢を取っていきましょう。場所によっては重曹とクエン酸を一緒に使うと効果がアップします。

浴槽

スポンジでこすってもなかなか落ちない浴槽にはスポンジに直接重曹をつけてこすっていきます。しつこい汚れの時は、重曹ペーストでパックをします。

洗面台

洗面ボウルには重曹を振りかけ、スポンジでこすり水洗いしてから、水分を拭き取っていきます。使うたびにきちんと流し、さっと水気を拭き取ると後の掃除がラクになります。

シンク

重曹で洗って、しっかり洗い流します。最後は乾いた雑巾で水気を拭き取ります。

食器洗い洗浄機

部品を取り外して重曹で洗っていきます。取り外せない部分は空の状態にして、洗剤の代わりに小さじ1のクエン酸を入れ、洗浄するときれいになります。

排水口

排水口はすぐにぬめりや水垢がついてしまいます。排水口の汚れは、重曹とクエン酸のダブル使いが効果的。ゴミ受けをはずし、排水口に重曹を振りかけ、その上からクエン酸をまきます。重曹2に対しクエン酸1の割合で入れていきます。しばらくすると泡が出てくるのでそのまま置いておき、泡がなくなったら水で流していきます。


水まわりはいつも清潔に保ちたい場所です。体にも環境にもやさしい重曹で無理なくきれいになる掃除をしていきましょう。