ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
自宅でできる、スーツへのキレイなアイロンのかけ方
出典 :  Wichy/Shutterstock.com

自宅でできる、スーツへのキレイなアイロンのかけ方

ピシッとアイロンがかかったスーツはカッコいいけれど、1日中着ているとシワがよったり、ズボンの折り目が取れたりします。頻繁にクリーニングに出すわけにもいかないので、アイロンでスーツのキレイなスタイルキープをしたいですね。

  • terasaki

スーツにアイロンをかける前の準備

スーツにアイロンをかける前の準備

スーツにアイロンがけすることは、スーツの美しい形態を保つだけでなく、素材を長持ちさせ、殺菌・消臭などメリットがたくさんあります。面倒に感じますが、コツさえつかめば意外とカンタンなので、準備をしたらチャレンジしてみましょう!

●温度設定

スーツの素材によってアイロンの設定温度が異なります。ナイロン系やアクリル系なら「低」、ウールなら「中」、綿・麻は「高」を目安に、タグを確認してアイロンのダイヤルやボタンの温度を設定してください。設定温度を間違えると生地を傷める原因になるので注意しましょう。

●霧吹き

アイロンをかけたい部分が湿る程度に霧吹きをかけます。水分を与えるとアイロンがかけやすくなり、脱臭効果も期待できます。

●当て布

生地がテカらないように、綿素材のハンカチなどで当て布をしてアイロンをかけましょう。裏側からかける時も必ず当て布は使用してください。

上着のアイロン

上着のアイロン

アイロンは、まず袖からかけはじめ最後に襟です。順番通りにかけるとシワがよりにくくなります。

●袖

縫い目に合わせてアイロンをやさしくすべらせます。うまくできない時は、バスタオルをくるくると巻いて腕のかわりにし、袖の中に入れてかけるとカンタンです。

●背中

スーツをアイロン台に着せるように置き、上から下、中央から外側に向かってかけましょう。裾がよれているとだらしがない印象になるので、しっかりシワをのばしましょう。

●前身頃

縫い目に沿って、全体的になでる程度に軽くかけます。

●ラペル、襟周り

ラペル(襟に続く見ごろの折り返し部分)は、折り目をつけすぎないように注意して、軽くかけます。襟は裏側から、アイロンをしっかり当てます。ラペル、襟周りは立体的に仕上げると垢抜けた印象になりますよ。

ズボンのアイロン

ズボンのアイロン

●腰まわり

最初は腰周りからアイロンがけをします。アイロン台にズボンを腰周りからはかせるように入れて、アイロンを当てながらズボンをグルリと1周まわします。ファスナーにアイロンが当たらないよう気をつけ、ポケットの入り口は、とくに丁寧にかけましょう。


●腰から裾にかけて

片足ずつかけます。センターラインをきちんと合わせた後、上から裾に向かって、軽く一直線にすべらせるようにアイロンを動かします。アイロンの線が、二重線にならないように気をつけましょう。

●裾

最後に裾で仕上げです。意外とシワが目立つ場所なので、裏側からしっかりアイロンを当てておきます。

毎日のスーツのお手入れ

毎日のスーツのお手入れ

アイロンをかける以外にも、スーツを長持ちさせるために、日々のお手入れもお忘れなく。

●ポケットは空に

ポケットに何か入れたままにしていると形が崩れる原因になります。名刺入れや小銭など入れっぱなしにせずに、帰宅後ポケットの中身を空にしましょう。

●スーツ用のハンガーにかける

脱いだらすぐにハンガーにかけましょう。スーツの形状に合わせた前方にカーブした、肩の部分が厚めのハンガーを使えば、かけている間に型崩れすることもありません。

スラックスには、クリップ式やサンド式のハンガーを使用すれば、膝の位置に折り目を付けずに吊るせます。

●ブラッシング

怠りがちですが、スーツを長持ちさせるにはブラッシングも大切です。繊維に絡まった小さなゴミやホコリを落とし、毛玉やテカリも防げます。ゴミを落とすので、虫食いの心配も減ります。

●浴室につるす

スーツに臭いがついた時や、シワがよった時は、入浴後の蒸気のある浴室につるす方法がおすすめです。その後、陰干しして乾燥させてから、クローゼットにしまえば多少の臭いやシワは解消できます。

同じスーツを毎日着ることは避けて、着用した次の日は休ませておくことも、長持ちさせるためのコツです。

スーツ姿がピシッと決まっていれば、第一印象のプラスになります。仕事で円滑な関係を築くためにも、スーツのアイロンがけを身につけたいですね。