ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
鏡についたうろこをしっかり落としてピカピカに!
出典 : gpointstudio/Shutterstock.com

鏡についたうろこをしっかり落としてピカピカに!

お風呂の鏡にはいつの間にか白っぽいこびりつきがついています。このうろこ状の汚れは普通に掃除をしてもなかなか取れません。鏡をくもらせているしつこいうろこを落としてきれいな鏡に戻しましょう。

  • 渡邊公子

鏡についたうろこって何?

鏡についたうろこって何?

WeStudio/ Shutterstock.com

うろこの正体は、水垢です。
浴室はもちろんのこと、洗面所など湿気がこもりやすいところにはカビが発生しやすいものですが、鏡につく主な汚れは、水垢、石けんカス、皮脂汚れ。白っぽく見える水垢はこれらの汚れと水が混じって結合したものです。

水道水にはカルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれていますが、濡れたままにしておくと水分だけが蒸発し化合物が残ります。これが、うろこです。

水をたくさん使う場所にはどうしても水垢がつきます。とくに、目立つのは鏡や蛇口周辺で、うろこ状に固まった水垢は非常に落ちにくく、強力な洗剤を使ってもなかなかきれいに落とせません。じつはよく見ると鏡だけでなく天井や壁にもうっすらとうろこ状の水垢がついているのがわかります。

頑固なうろこがつかないようにするためには、鏡や蛇口まわりの水分だけでも使うたびに拭き取り、十分な換気をすることです。

洗面所のうろこの取り方

洗面所の鏡の汚れは、ほぼ酸性の油汚れが原因です。

新聞紙を使って取る

汚れが軽いうちは、新聞紙を持ちやすい大きさに切って丸めます。水を少し含ませてから鏡全体の汚れを拭き取っていきます。少し水気が残っている時に拭くとより効果的。新聞紙に使われているインクには汚れを吸着する効果があり、くもり止めの効果もあるので一石二鳥です。

ガラス用洗剤を使って取る

汚れがひどい時は、ガラス用洗剤をサッと吹きつけて、乾いた布で拭き取ります。

炭酸水を使って取る

炭酸水は水中に溶け込んだ二酸化炭素の働きにより、鏡の表面のくもりや皮脂汚れを取ってくれます。鏡以外にもグラスやメガネ磨きにも使えます。炭酸が抜けていても使えるので、飲み残したものを掃除にまわすと便利ですね。炭酸水は乾きが早いので、スプレーに入れておけばサッと使える掃除用洗剤に早変わり! ただし、無糖のものに限りますのでご注意ください。

浴室のうろこの取り方

浴室のうろこの取り方

Oleksandr Nagaiets/ Shutterstock.com

浴室の鏡の汚れは、アルカリ性の汚れが原因です。

クエン酸水を使って取る

クエン酸水は、水100mlにクエン酸小さじ1/2をスプレーボトルに入れてよく混ぜるだけで作れます。クエン酸水をスプレーしてからキッチンペーパーまたはティッシュペーパーをかけます。ラップをすればより効果的。このまま20~30分ほど置きます。その後、やわらかいスポンジでこするか、布で水拭きをした後乾拭きをします。

酢水を使って取る

酢水は、酢を2~3倍に薄めてボトルに入れて作ります。クエン酸水の代わりとして使えますが、ただし、鉄につけるとサビが出たり、大理石や人工大理石に使うと表面を溶かしてしまったり、変質させたりするので、素材によっては使用を避けるようにしましょう。

クレンザーを使って取る

鏡の汚れがひどい時は、液体クレンザーを含ませたスポンジでやさしくクルクルと円を描くようにこすり洗いをしていきます。その後、水拭きし、お掃除クロスで乾拭きをします。

うろこをつけない予防策

うろこをつけないようにするためには、出来るだけ水分を残さないことです。濡れたらサッと抜いて、換気を良くして十分に乾かします。お風呂から出たら、使い終わったバスタオルで拭いてしまうのも手。

それでも面倒と思うなら、市販のくもり止めシートなどを使うのも効果的ですし、クリーム状のトリートメントを使う手もあります。トリートメントを鏡に塗ると表面をコーティングしてくれるので、汚れがつきにくくなります。髪を洗うついでに、手のひらで少し塗りつけてみましょう。


鏡には水滴やほこりなどがつきやすいものです。しっかりとうろこを取り去れば、自分の顔がしっかり見えて、その日の体調や肌の調子もひと目でわかるようになりますね。