ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
女性は見ている! 汚部屋にサヨナラ。男性でも身に付く部屋片付けのコツ
出典 : Prostock-studio/Shutterstock.com

女性は見ている! 汚部屋にサヨナラ。男性でも身に付く部屋片付けのコツ

彼女が出来てもなかなか部屋に呼べない人、多いのでは? 気にしていないようで、意外と女性は部屋を見ていますよ。部屋の片付けはコツさえ掴めば汚部屋もなんとかなります。コツを実践して女性を呼べるキレイな部屋を目指しましょう。部屋が片付くといいこともたくさんありますよ!

  • tama

部屋の片付けが出来ないタイプ診断

部屋の片付けが出来ないタイプ診断

友人の家に行って、なんでそんなに片付いているの?と驚いた経験はありませんか。じつは、片付けが上手な人にも苦手な人にも、それぞれ共通点があります。片付けが苦手な人は、次のような心当たりがありませんか?

まず、モノに対する執着心が強くある人は要注意。いつか使う、無いと不安、もったいない、思い出だから・・・などの感情が強いタイプ。増やす一方で、減らす事が出来ないので、部屋はどんどんモノであふれて行きます。無い事で後悔したくないという恐怖心が強いタイプに多い傾向です。

次に、大事なモノと不要なモノを一緒くたにしている人。捨てられないルーティーンに陥っているかもしれません。大事な書類も不要な書類も一緒に置いておくと、すべて残さなくてはならず、処分出来ないまま持ち続ける事になります。これは、衣料品や小物等についても同じです。

最後に、「後でやる」が口癖になっていませんか。これを言う人はまず後でやる事はありません。後回しにする癖が染みついている人は、仕事でもそれが出てしまっているかもしれませんね。思ったらすぐ行動に移せるように改善しましょう。

これらを脱却するには、ちょっとしたコツがあります。さっそく片付けのコツについて紹介しましょう!

整理整頓のコツ

整理整頓のコツ

モノを整理するには、ちょっとしたコツがあります。まず、必要なモノと不要なモノ、どちらか分からないモノに分けて行きます。この判断をする時は時間をかけず、スピーディーに判断しましょう。不要なモノはすぐに処分し、どちらか分からないモノは段ボール等の箱にまとめて入れて、日付を書いて保管します。

整理が出来たら、必要なモノをあるべき場所に整頓します。たとえば、スマートフォンと充電器、ペンとノートのように、関連したモノは一緒に置くようにします。正しい置き場所に置く事で、あれどこいった?を解消出来ます。

また、部屋が散らかっている人は、床にモノを置く癖はありませんか?帰って来たらコートを床に。作業中のプラモデルを床に。本を床に・・・。床にモノを置くと、掃除機やワイパーをかけようとする時に邪魔になり、後でいいかという気持ちになります。床にモノを置かずに元あった場所に収納するようにしましょう。

捨てるコツ

本当に大切な思い出のモノまで捨てる必要はありませんが、持ちモノ全てを取って置こうとするとあふれてしまいます。衣服や小物はとくに、保管期限を決めましょう。1年間着ていなかった服は処分する、2年使っていないモノは処分する、というように保管する期間を決めておくと、捨てる判断がスピーディーになります。

また、不要でもどうしても捨てられないという場合、買い取り業者に頼んで持って行ってもらいましょう。誰かが使うかもしれないし、少しでもお金になれば不用品も処分しやすくなるでしょう。この方法で、迷っているものはお金に換えるなり、必要な人に譲るなりしても良いかもしれません。

同様に溜まりやすい本も、処分してしまいましょう。読み返さない本や、途中のまま読まなくなってしまった本は、データにするか古本屋に持って行きましょう。雑誌は、必要なページだけを切り、ファイルしましょう。お気に入りで読み返す本だけ、書籍として置いておくと、本棚も好きなものだけになってワクワクしませんか?

片付けた部屋を維持するコツ

片付けた部屋を維持するコツ

せっかく片付けた部屋も、1日持たずに散らかる人も居ます。面倒を避けるためにも片付けた部屋は、出来るだけ維持するようにしてください。後回しにせず、その日散らかしたモノはその日のうちに片付けましょう。

また、頻繁に部屋に友人や知人を招くと、片付けなくてはという心理が働きます。週末に友人や知人を招くのも、部屋をキレイに保つコツ。招いた人が片付け上手な人であれば、ちょっと手伝ってもらって御馳走するのもひとつの手。

部屋がキレイになると、片づけなくては!というストレスが和らぎます。モチベーションも上がり、活力が沸くので仕事でもプライベートでも元気になります。部屋を片付ける習慣を付けて、スッキリした毎日を過ごしましょう!