ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ひとり暮らしの男性必見。浴室鏡の掃除法

ひとり暮らしの男性必見。浴室鏡の掃除法

毎日浴室で使用している鏡は、湿気などの影響でだんだんと曇りやすくなります。その原因を突き止めて、曇りを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

  • ライター1

浴室の鏡が汚れる原因はこれだ!

浴室の鏡が汚れる原因はこれだ!

Wuttichok Panichiwarapun/Shutterstock.com

最初はきれいだった浴室の鏡。しかし、日々使っているうちに曇りはじめ、いつのまにか全体的に「白いうろこ状」になっていることがあります。こうなると、映る顔はぼんやりし、鏡の役目を果たせません。

さらに、このウロコ汚れを落とそうと拭いてみても、なかなか落ちてくれないから困りものです。
洗剤で掃除をしてもぼやっとしたままということ、ありますよね。

この浴室の鏡に現れる気味の悪い汚れの正体は「水垢」です。水道水に含まれる「カルシウム」や「マグネシウム」(ミネラル分)によって発生します。入浴するたび鏡にお湯が付着。

その後、水分は蒸発するのですが、成分だけが残り水垢になります。最初はちょっと曇っているな・・・程度でも、そのまま放っておくことで、非常に頑固な汚れになってしまいます。

また、シャンプーや石けんなどのカス、お風呂用洗剤も鏡に付着したまま放っておくと、同じく水分蒸発後に汚れが生じやすくなります。こちらも、どんどん蓄積されていくので要注意です。

浴室掃除に必要な道具を揃えよう

浴室掃除に必要な道具を揃えよう

Polina Shestakova/Shutterstock.com

鏡を含む浴室の掃除をする場合、揃えておくと便利な道具を紹介します。

・スポンジ
ポリウレタン製のやわらか目のスポンジがおすすめ。硬いタイプやネット付きスポンジだと、表面を傷めることがあるので要注意。

・ゴム手袋
浴室掃除の洗剤には刺激の強いものもあるため、使用の際には用意を。手荒れ、肌荒れ防止にも効果的。折り返して使うと手袋内に、水や洗剤が入りにくい。

・使い古した歯ブラシ
水栓や金具など、しつこい汚れが付きやすく、落としにくい細かな部分に便利。できれば毛先の広がっているものがおすすめ。

・割り箸
箸の先に布などを巻き、隙間や細かい部分の汚れ落としに使用。

浴室の基本的な掃除用具は、台所などの水回りにも活躍します。浴室用、台所用に一組ずつ揃えておいてもいいでしょう。

浴室の鏡に効果的な掃除アイテム

浴室の鏡に効果的な掃除アイテム

Andrey_Popov/Shutterstock.com

お風呂場など水回りにある鏡は、水垢汚れが気になります。 カルシウムやマグネシウムによって発生し、鏡についた水垢汚れはアルカリ性なので、「クエン酸」で掃除をするのが効果的です。

水に溶かして作ったクエン酸水を鏡の気になる部分にスプレーして、その上からラップを貼り付けます。

そのまま半日ほど放置し、その後、布で水拭き、乾拭きをします。クエン酸の成分が鏡に残っていると、それが腐敗の原因になることがあるため、水洗い・乾拭き、乾燥は徹底しましょう。
(※ただし、曇り止め加工を施した鏡に、この掃除方法は適していません)。

さらにクエン酸でも落ちなかったしつこいウロコ汚れにはクレンザーを使います。ゴム手袋をした手のひらに専用クレンザーを伸ばし、円を描くように鏡を磨きます。その後は布で水拭き、マイクロファイバーで乾拭きをして仕上げていきます。

普段の生活で浴室鏡の汚れは防げる?

普段の生活で浴室鏡の汚れは防げる?

Thanapol/Shutterstock.com

「せっかく掃除をしたのに、またウロコができた」というケースはままあります。それを防止するためには、鏡を使用した後に「水分を残さないこと」が重要です。

そこでおすすめしたいのが、窓清掃で使われている「スクイジー」。これで水滴の付いた鏡を拭くと、カンタンに水気を取り除くことができます。

鏡の水気を取ることに加え、浴室内、風呂自体の換気・乾燥も徹底しましょう。掃除後や入浴後は浴室の換気をし、浴槽などにも湿気が残らないようにしてください。

なお、鏡のウロコを防ぐには、「乾燥」運転が付いている浴室暖房乾燥機の使用もおすすめです。「換気」運転は空気を入れ替えるだけですが、「乾燥」運転は換気をしつつ温風によって水分を除去してくれるので、浴室全体を早く確実に乾燥させることができます。

また、鏡だけに限らず、風呂おけや椅子、お風呂の蓋などもしっかり乾燥させるようにしてください。鏡を掃除、乾燥させた後は「曇り止め」を塗るのもいいでしょう。効果は製品によって異なりますが、おおよそ1ヶ月程度のようです。

しっかり掃除をしてもあまりに鏡が汚れるようであれば、買い換えもひとつの方法です。ほかにはプロのハウスクリーニングにお願いするのもよいでしょう。

気になる汚れをスッキリ落とし、快適なバスタイムを楽しみたいですね。