ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
シンクや蛇口が曇ってる! ステンレスの水垢撃退方法を教えて!
出典 : Sketchphoto/Shutterstock.com

シンクや蛇口が曇ってる! ステンレスの水垢撃退方法を教えて!

水回りをキレイに掃除したつもりでも、ステンレスのシンクや蛇口が水垢で曇っていませんか? つい見落としがちなステンレスの汚れ、カンタンに除去できる方法があるんです。

  • tama

シンクの水垢曇りの原因

水回りの掃除で見落としがちなのが、蛇口やシンクの曇り。白っぽくもやもやしていませんか?もし心当たりがあれば、水垢が溜まっている証拠。水垢の原因は、水に含まれているミネラルとカルシウムが結びついて、結晶化したもの。触れるとザラザラしています。水を使う以上、避ける事が出来ませんが、放置しておくと、どんどん蓄積されます。

また、キッチンで使う石けんや水のミネラル成分がイオン結合してしまい、カチコチの状態で固まってしまうと、ちょっと拭くだけではなかなか落ちないガンコな汚れに。これは早めに何とかしなくては・・・。

スポンジやつまようじで汚れ落とし

スポンジやつまようじで汚れ落とし

まず、ガチガチに固まってしまった汚れを落としましょう。固まってしまった汚れは、スポンジで擦り落としますが、それでも落ちないようであれば、つまようじを使って掻き出します。蛇口の付け根や、シンクの隅のように、スポンジでは届かない細かい部分は引っ掻いて、擦り取って行きましょう。

最後に水で流し、乾いた布で水気を拭き取ればキレイになっています。

曇りはクエン酸やお酢でスッキリ

曇りはクエン酸やお酢でスッキリ

水垢のもやもやした汚れには、クエン酸が有効です。通常の洗剤では落ちない汚れも、クエン酸の酸性による力で落とすことが出来ます。また、生ゴミやアンモニアなどの臭いも中和してくれるので、消臭効果も期待できるアイテムです。食品にも使われるくらい優しい成分で、環境にもやさしいので掃除にもおすすめ。

使い方もカンタンです。クエン酸を水に溶かし、百均ショップなどのスプレーボトルに入れ、吹きかけるだけ。汚れの度合いによって濃度は変わりますが、基本は水400mlに対してクエン酸小さじ2杯。これを蛇口周りのステンレス部分にスプレーして、汚れを浮かせるために、ラップで覆いましょう。そのまま30分程度放っておきます。放置時間は、汚れの度合いによって長くしてください。

ラップを取り除いたら、歯ブラシで擦って行きましょう。これだけでピカピカになります。もし、それでも汚れが残っていたら、クエン酸の濃度を濃くし、ラップする時間を長くしてみてください。

ぬめりには重曹でサヨナラ

ぬめりには重曹でサヨナラ

シンクの排水口周りに出来やすいのが、カビや雑菌が繁殖して出来るぬめり。こちらは、性質の違いにより、クエン酸では落ちない汚れです。クエン酸がダメな汚れには、重曹を使いましょう。シンクや排水口の気になる所に、重曹の粉を振りかけて、歯ブラシで磨きます。後は熱湯をかけて流しましょう。

それでも落ちない場合、重曹とクエン酸の合わせワザでキレイにしましょう。重曹を振りかけて磨いた後、クエン酸スプレーを温めて上からかけます。化学反応によって、ぶくぶくと発泡しますが、この時に発生するガスは無害ですので安心してください。

そのまま1~2時間は放置しましょう。発砲の力で汚れを浮かし、落ちやすくなります。充分時間を置いてから、歯ブラシやスポンジで擦り、水で洗い流したらオーケー。ステンレスが輝きを取り戻しているはずです。

予防でステンレスの清潔を保つ方法

予防でステンレスの清潔を保つ方法

せっかく掃除したステンレスをピカピカのまま保つには、使った後はすぐ水気を拭き取ること。乾いた布で、拭き取るだけでも水垢の予防になります。また、食卓で出たレモンやお酢を塗る方法もあります。クエン酸効果で、ステンレスの曇りを防ぎます。ついでがあれば、ぜひ試してみてください。

ステンレスの汚れや曇りがちょっと気になりだしたら、メラミンスポンジで擦ってみましょう。早い段階で掃除のサインに気が付けば、スポンジで少し擦るだけでカンタンにピカピカを取り戻す事が可能。たいへんになる前に、少しだけ手間をかければ、結果掃除が楽になります。

シンクの掃除は週に1度は行いたいものです。食品を扱う場所で、雑菌がカビ、水垢が溜まっていると不衛生なので、出来るだけ除去しましょう。ステンレスがピカピカに光っていると気分も良くなりますよ!