ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
汚れが違うと掃除法も違う! では浴槽掃除はどうするの?
出典 : Studio Romantic/Shutterstock.com

汚れが違うと掃除法も違う! では浴槽掃除はどうするの?

部屋とは違い、お風呂は湿気が多く汚れが発生しやすい場所。カビや水垢をはじめ、様ざまな汚れが溜まり、放置してしまうとなかなか落とせなくなるので注意が必要です。汚れの原因を知って、適切な浴槽の掃除を心がけるようにしましょう。

  • ライター1

浴槽の汚れは部屋の汚れとは違う

浴槽の汚れは部屋の汚れとは違う

Gansstock/Shutterstock.com

部屋の汚れはほこりや塵、髪の毛、ハウスダスト、ノミ、時によってはジュースなどの飲料水をこぼすなどのアクシデントによって生じます。基本的には家具のほこりを落とし、掃除機をかけたりすることできれいになりますが、浴室・浴槽の汚れはお手入れが面倒なものが少なくありません。

というのも、浴室は暖かくて湿気が多いため、水垢、カビ、石鹸カスなど簡単には取り除けない様ざまな汚れが発生しやすい場所だからです。

また、全身を洗う場所ということで、体から出る垢や皮脂がそれらと混じりあい、しつこく落としにくい汚れになりやすいといえます。

掃除の前にどんな汚れか知る

掃除の前にどんな汚れか知る

nayladen/Shutterstock.com

浴室内は、水垢、湯垢、石けんのカスなど、汚れが蓄積しやすい場所です。さらに湿度が高いため、カビも発生しやすくなっています。ついたばかりの汚れなら、中性洗剤でほとんど落とすことが可能。しかし、しつこくこびりついた汚れは、その性質によって掃除の方法も変わります。

●水垢、湯垢
水道水に含まれるケイ酸が、少しずつ堆積して汚れとなる。放っておくと、落ちにくくなるので日頃からのお手入れが必要。

●金属石鹸
お風呂で石鹸を使った後、湯に浮かんだり、洗面器に付着する白いカス。石鹸や体の脂肪分が水道水に含まれるカルシウム、マグネシウムなどの金属と反応してできる汚れで、浴槽の縁に発生しやすい。

●銅石鹸
銅管などから溶け出した銅イオンと、浴槽などに付着する人の体や石鹸からでた脂肪酸とが反応し生成された青い物質。浴槽の水面付近や追焚口のまわりに青く筋状に発生する。

●カビ
特に浴槽と壁や床の間を埋めるシリコン部分、浴槽の蓋に発生しやすい。

●錆び
金属の表面が湿気や腐食性ガスに侵されることで生じる。

●もらいさび
樹脂製浴槽のようにさびない材質であっても、放置したヘアピンやカミソリなどから生じる、また水道水に含まれる微量の鉄粉により錆びが発生してしまうことがある。このような錆びは「もらいさび」と呼ばれている。

汚れ別・浴槽のお掃除法

汚れ別・浴槽のお掃除法

Anastasiya Tsiasemnikava/Shutterstock.com

多くの汚れで構成されている浴槽の掃除は、汚れ別に対処していきましょう。


●水垢、湯垢
ついてすぐの汚れなら、水洗いで落とせる。こびりついた汚れは浴室用の中性洗剤を使って落とす。
また、皮脂汚れなど酸性の汚れに強い「重曹(弱アルカリ性成分)」は、浴槽はもちろん、浴室全体に利用でき、排水溝のぬめりなどにも効果あり。
浴槽の蛇口などには、水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れに対する効果が高い「クエン酸(酸性成分)」が有用。

●金属石鹸
ついてすぐなら浴室用中性洗剤で十分だが、蓄積した汚れは浴室用クリームクレンザーを使用。
こすりすぎに注意。またクエン酸で磨くのも有効。

●銅石鹸
こびりついた場合は、浴室用クリームクレンザーで表面を傷つけないよう落とす。
また、クエン酸やアンモニア水での掃除も有効。

●カビ
基本的には浴室用中性洗剤で落とせるが、落ちにくい場合はカビ取り剤を用いる。

●錆び
表面を傷つけないように注意しながら、浴室用クリームクレンザーで擦り落とす。

浴槽掃除におすすめのお助けグッズ

浴槽掃除におすすめのお助けグッズ

VH-studio/Shutterstock.com

浴槽掃除をする場合、「普段のお掃除に必要なもの」に加え、「汚れに即したグッズ」も用意しておくと便利です。

●スポンジ
柔らかなポリウレタン製のものがおすすめ。硬いもの、ネット付きスポンジなどは表面を傷めることがあるので注意が必要です。なお浴槽を洗浄するには、大きめのものが便利。洗車用のスポンジは、条件を満たしており浴槽にも活用できます。

●ゴム手袋
洗剤を使用する時に用いると、肌荒れ防止になります。折り返して使うことで、水や洗剤の侵入を防ぎます。

●使い古しの歯ブラシ
浴槽の水栓金具など、しつこい汚れ、汚れの落ちにくい細かな部分に効果的。毛先の広がっているものがおすすめ。

●割り箸
布などを巻きつけて、細かい部分の汚れ落としに使用。

●浴室用中性洗剤
界面活性剤と呼ばれる洗浄成分などの働きで、汚れを効果的に除去(浴室用は、石けんカスなどに強い成分を配合)。

●カビとり剤
アルカリ性のカビを落とす洗剤。めっき部品や金属部品を錆びさせてしまうことがあるので注意。

浴槽に汚れをためないようにするには

浴槽に汚れをためないようにするには

Artazum/Shutterstock.com

浴槽を清潔に保つためには普段の掃除をこまめにして、常に風呂場全体を必ず換気、乾燥させることが大切です。入浴後は換気扇を回すことはもちろん、窓やドアを開けて、浴室内を早めに乾かしておきましょう。

また、浴槽をカビの温床となる高温多湿の状態にしないためにも、風呂から上がったら冷水で浴室や浴槽を洗い流しておきましょう。これだけでもカビの発生率が変わります。


浴槽、浴室がきれいだと、バスタイムがいっそうくつろげる時間になります。好きな音楽をかけたり、お気に入りの入浴剤を使って、清潔なお風呂で一日の疲れを癒しましょう。