ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知っているようで知らない「容器包装リサイクル法」のキホン
出典 : Nutthaseth Van/Shutterstock.com

知っているようで知らない「容器包装リサイクル法」のキホン

高度成長期をきっかけに、「大量生産・大量消費・大量廃棄」という経済システムによって生み出される廃棄物は、今や処理施設が追いつかず、ひっ迫しています。これを改善・解消するために制定されたのが「容器包装リサイクル法」です。

  • ライター1

容器包装リサイクル法とは

容器包装リサイクル法とは

Midiwaves/Shutterstock.com

日本国内には、廃棄物・リサイクル対策として、家電リサイクル法、食品リサイクル法をはじめ、様ざまな法律が定められています。その中でも身近にあり、積極的に取り組んでいかねばならないのが「容器包装リサイクル法」でしょう。

「容器包装リサイクル法」とは、家庭から排出されるごみの重量の約2~3割、容積で約6割を占める容器包装廃棄物について、リサイクルの促進等により、廃棄物の減量化を図るとともに、資源の有効利用を図るため、平成7年(1995年)6月に制定、平成9年(1997年)に一部施行、平成12年(2000年)に完全施行となった法律です。

法律の所管は、環境省、経済産業省、財務省、厚生労働省及び農林水産省の5省共管となっています。

対象になっているもの

対象になっているもの

gowithstock/Shutterstock.com

容器包装リサイクル法の対象となるのは、一般家庭からごみとして排出される、商品の容器や包装に使われたびん、缶、お菓子の袋、ペットボトル、レジ袋などの廃棄物で、これらをリサイクルするのが本法律の目的です。

法律制定の背景には、 廃棄物の排出量の増大に対し、最終処分場が足りないという事情があります。高度成長期以後、「大量生産・大量消費・大量廃棄」という経済システムによって生み出された廃棄物は増大の一途をたどりました。その結果、廃棄物を埋め立てる最終処分場が不足する事態が生じているのです。

このような事情から、廃棄物の発生を抑えると同時に、廃棄物をリサイクルすることによって廃棄物の減量を図ることが重要事項となり、 中でも一般廃棄物のうち容量で約60.1%、重量で約20.1%を占める容器包装廃棄物の処理が緊急の課題となっているわけです。

分別の仕方

分別の仕方

vikorn/Shutterstock.com

「容器包装リサイクル法」の基本的な仕組みは「消費者が分別排出」→「市町村が分別収集」→「事業者がリサイクル」となっています。

もう少し詳しくいうと、従来は市町村だけが全面的に責任を担っていた容器包装廃棄物の処理を、消費者が分別して排出し、市町村はこれを分別収集、事業者(容器の製造事業者・容器包装を用いて中身の商品を販売する事業者)は収集物を再商品化(リサイクル)するという役割分担を決め、3者一体となって、容器包装廃棄物の削減に取り組むことを義務化したわけです。

消費者には、各市町村が定める分別のルールに従い、ごみを排出することが求められています。それによって、リサイクルしやすく、資源として再利用可能な質の良い廃棄物が得られるのです。

さらに市町村の分別収集基準に従って、徹底した容器包装廃棄物の分別を行うだけでなく、マイバッグを持参してレジ袋をもらわない、商品購入時は簡易包装を選択する、リターナブル容器を積極的に利用するなどして、 ごみを出さないように努めることも大切だといえます。

違反すると罰則がある?

違反すると罰則がある?

showcake/Shutterstock.com

容器包装リサイクル法の役割を行わなかった場合、消費者に対する「法律による罰則」はありません。しかし、できる限りゴミ(廃棄物)を出さない生活を心がけ、リサイクル活動に協力する姿勢が必要でしょう。

たとえば、「余分な包装紙や袋は断る」「詰め替え用製品を使う」「市町村によって決められた分別ルールを守る」「リサイクル商品を買う」ことが廃棄物縮小に繋がります。

ただし、特定事業者(再商品化の義務を負う)が、この義務を履行しない場合は、国による「指導、助言」「勧告」「公表」「命令」を経て罰金を伴う「罰則」が適用されます。

子どもの工作などに再利用できることも

子どもの工作などに再利用できることも

Pixel B/Shutterstock.com

容器包装廃棄物はゴミとして排出する以外に、子どもの工作やハンドメイドの材料として利用することも可能です。またペットボトルを使って、花や野菜の水栽培をしている人もいます。

アイデアや工夫を施せば、 容器包装廃棄物は自宅でもリサイクルできます。HPやSNSを参考に、挑戦してみてるのもいいですね。