ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
知らないと逆効果? 正しい洗車の仕方とは
出典 : Motortion Films/Shutterstock.com

知らないと逆効果? 正しい洗車の仕方とは

洗車の仕方というと、「ホースで水をかけて、それでおしまい」という人も多いのではないでしょうか。しかし、それでは汚れは落ちませんし、かえって車のボディにダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

  • ライター1

ただ洗車をすればいいと思っていませんか

ただ洗車をすればいいと思っていませんか

ElviX/Shutterstock.com

「今日は仕事(学校)が休みだから」「天気がいいから」など、洗車をする日にちや時間、理由は、オーナーによってまちまちだと思います。しかし、「とにかく車の汚れを落とせばいい」とばかりに、洗車をしてはいませんか。

じつは、洗車には「適した日」「適さない日」があるのです。

たとえば、「晴天、日差しの強い日」に車を洗ったらどうなるでしょう。天気も良いので、気持ちよく洗車ができると、張り切ってボディを磨いて、その上にワックスやコーティング剤を塗ると、じつは、ピカピカになるどころかムラになってしまうのです。

また、風の強い日に洗車をすると、せっかくきれいになった車体にゴミやほこりが付くこともあります。


ですから洗車には、風がなく、涼しい曇りの日が一番適しているのです。とはいえ、日本には四季があります。暑い夏の場合は午前中や夕方がおすすめ。他の季節は晴れていても、風がなければそれほど問題はありません。

洗車の仕方、基本の流れ

洗車の仕方、基本の流れ

Motortion Films/Shutterstock.com

愛好家は別ですが、車は「通勤の足」、「子どもを送り迎えするための乗り物」というタイプは、それほど洗車に力を入れない傾向があるようです。「カーシャンプーでちょっと洗って、その後、ホースで水をかけるだけ」で満足ならそれでも良いのですが、愛車を長持ちさせたいのであれば、正しい洗車の仕方を覚えておきましょう。

車を洗う時は、まず高いところから始めていきます。天井から順番に、窓やガラス、ボンネット、トランク、サイド、バンパーと上から下へ、カーシャンプーをつけたスポンジで洗っていき、最後にタイヤとホイールを洗浄します。前述したように、足回りの汚れがひどい時は最初に洗っておくと、ボディに汚れが飛び散ることもありません。

洗車の基本は、カーシャンプーを使った洗浄です。たっぷり泡立てたシャンプー液をスポンジに含ませて、適度な力で洗っていきます。水垢など、汚れのひどいところは少し強めにこすっても大丈夫ですが、その他の部分を強くするとボディにキズが付く可能性があるので気をつけましょう。

シャンプーで浮き上がらせた汚れは、たっぷりの水で洗い流します。ナンバープレート、隙間といった細かい部分は、使い古しの歯ブラシにシャンプーの原液を少量付けて軽くブラッシングしてください。

シャンプーを濯いだら、タオルやクロスで水をふき取ります。吸水性の高い洗車用のクロスを使えば、ふき取りも短時間で終わります。また汚れの状態によって、鉄粉、水垢取りを行いましょう。洗車の仕上げには、ワックス、ボディコーティングを施します。

洗車に必要な道具を揃える

洗車に必要な道具を揃える

nayladen/Shutterstock.com

基本の洗車に必要な道具は、カーシャンプー、洗車スポンジ(通常のタイプと、天井などの手の届かないところに使う柄の付いたスポンジ)、水滴をふき取るためのタオルや洗車用のクロス、シャンプーを泡立てるバケツ、水で濯ぐ時のホース(庭に水道がある場合)などです。最低限、これだけは揃えておきましょう。

吸水性の高い洗車用クロスを準備しておくと、素早く水をふき取ることができ、洗車の時間を短縮できます。

これに加えて、隙間や細かいところを洗う古い歯ブラシ、汚れに応じて、鉄粉、水垢取り専用のクリーナー、ワックス、ボディコーティング剤も用意しておくと便利です。

ガソリンスタンドの洗車機ってどう?

ガソリンスタンドの洗車機ってどう?

Vera Petrunina/Shutterstock.com

最近はガソリンスタンドのみならず、洗車場(コイン洗車場を含む)、洗車専門店など、洗車機を利用できる施設が増えています。「手動で洗車するのは面倒」「洗車する時間がない」といった場合は、洗車機を使って車を洗うといいでしょう。

洗車機を使う時の注意点は、まずドアや窓、トランクなどが閉まっているか確認しておくことです。サイドミラーやアンテナも収納するようにしましょう。それぞれ洗車機によって使い方は異なるので、説明をよく読んで利用するようにしてください。

ブラシが必ずしも自分の車種に合っているとは限らないため、洗車機の洗い上がりは、自分で洗浄するのに比べて不十分なところがあります。なので、洗い残した部分は後から洗うようにしましょう。

「洗車機だとキズが付きそう」という声も聞きますが、最近の洗車機は改良が進んでいるため、それほど心配することはありません。キズが気になるのであれば、水圧式(ノンブラシ)洗車機を使うといいでしょう。

汚れの付きにくいボディを保持するには

汚れの付きにくいボディを保持するには

Jackfoto/Shutterstock.com

普段の洗車を楽にするためには、ワックスやコーティングをしておくことです。これらはさまざまな汚れからボディを守り、また汚れを付きにくくしてくれます。そのため、塗らない車と比較すると汚れが少なく、洗車の時間も短縮できます。

ワックスは愛車のカラーに対応したものを選びます。これをまんべんなく車に塗り、白っぽくなってきたらふき取ります(目安は夏場:5~10分、冬場:15~20分)。なお、種類によってはふき取りのいらないものもあります。

「洗車の時間がとれない」「洗車が面倒」な人にはコーティング剤がおすすめ。ボディに塗っておくだけで、半年程度は雨や汚れを防いでくれるため、普段の洗車は水洗いだけで十分。ワックス同様、さまざまなタイプがあるので、自分の車、用途にあった製品を選んでください。

マイカーライフには、行動範囲が広がる楽しさとともに、手間をかけて愛車をメンテナンスする楽しさがあります。相棒と呼べる愛車に出会うことは、ドライバー冥利に尽きまよすね。正しい洗車法を身に着け、ぜひ愛車を大切にしてください。