ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
今さら聞けない畳掃除のやり方
出典 : HelloRF Zcool/Shutterstock.com

今さら聞けない畳掃除のやり方

「フローリング床」が人気とはいうものの、空気清浄化作用や湿度調節作用を持つ畳の良さを知る人は少なくありません。また、赤ちゃんや幼い子どもがいる家庭では、添い寝しやすい、ケガをしにくいなどといった理由から畳が好まれる傾向も。天然素材で日本の気候に適応し、優れた機能を有する畳を長く使うため、正しい掃除法を学びましょう。

  • ライター1

畳についての基礎知識

畳ついての基礎知識

Macharoenwong Angkana/Shutterstock.com

「畳」は世界に類のない、日本固有の床材だといわれており、その歴史は古代にまで遡ります。畳の原型は莚・茣蓙・菰などの薄い敷物だったようで、「古事記」にも畳という言葉が記されています。畳が現在の形状に近くなったのは平安時代。当時は円座や置き畳が多く使われ、使用する人の身分によって、畳の大きさや縁の柄や色が決められていました。

鎌倉時代~室町時代になると、畳を部屋に敷きつめる「書院造」が登場し、建物の床材として使われ始めます。茶の湯の流行も手伝って、安土桃山時代には「数奇屋風書院造」が現われ、畳の普及が進みました。江戸時代に入ると畳は一般的な建材となり、江戸城や地方城主の城における改修工事を司る役目として「畳奉行」が置かれています。

庶民が畳を使うようになるのは江戸時代中期以降で、畳師・畳屋と呼ばれる職人が現われたのも、この頃です。当時の畳はとても高価な床材で、火事になれば持ち出し、質草にもなったという話も伝わっています。

近年、日本人の生活が欧米化するに従って、一戸建て、マンションなどの集合住宅にかかわらず、畳のある建物は少なくなっています。しかし、畳は高温多湿な日本の気候とともに普及していった床材ですから、メリットも少なくありません。

寝ころぶことができる

畳敷きの部屋なら、そのまま寝ころぶことが可能。クッション性も高く、子どもを安心して遊ばせられます。また高齢者が転倒しても、ケガのリスクを軽減してくれます。

天然の湿度調整で夏季も冬場も過ごしやすい

畳の素材であるイ草は断熱性・保温性に優れた天然素材。吸湿能力もあり、乾燥すると水分を放出するといわれ、快適な湿度を保つことが可能です。またイ草の香りには鎮静効果も期待できます。

防音性が高い

畳には吸音性があり、たとえば集合住宅では階下などへの影響が少ないといわれています。子どもが多少はしゃいでも、周囲に迷惑がかかりません。

基本的な畳掃除とは?

基本的な畳掃除とは?

sotopiko/Shutterstock.com

畳で快適に暮らすためには、やはり普段のお手入れや掃除が大事です。フローリングより手はかかりますが、次のようなポイントを押さえておくと楽です。

掃き掃除や掃除機が基本

畳掃除には「ほうき」が最適。使用したお茶の葉を固く絞ったものを畳の上まいてからほうきで掃いた後、乾いた雑巾で畳の目に沿って乾拭きすると効果的。掃除機はできれば1日1回。乾拭き同様、畳の目に沿ってかけるようにします。

家具などの重いものを置いてできたへこみ

へこんだ場所に適度な霧吹きした後、お湯に浸してきつく絞った布を当て、その上からアイロンをかけるとある程度回復します。

飲み物や醤油などこぼした時

こぼした液体の上に粉末の洗剤、または塩や小麦粉、ベビーパウダーなどをかけ、液体を吸い取らせてから掃除機をかけます。その後、固く絞った布で拭きとります。

たばこなどの焼け焦げ

小さいキズは紙やすりでこすった後、オキシドールを含ませた布で焦げ跡部分を軽くたたくと目立ちにくくなります。穴になった時は焦げた部分のイ草を抜き、両側を一本ずつ寄せて、すき間を詰めて目立たなくします。

畳掃除でやってはいけないこと

畳掃除でやってはいけないこと

isakh92/Shutterstock.com

畳には水分が天敵。素材のイ草には吸湿性があるため、水拭きをすると水分を吸ってしまい、変色・けば立ち・腐食などを招きます。またイ草が持つ油分を必要以上に除去してしまい、光沢がなくなり、変色してしまうこともあります。掃除では、定期的に消毒用エタノールで拭きカビ予防をしましょう。

畳掃除をしたら天日干しもおすすめ

畳掃除をしたら天日干しもおすすめ

SUPHINYA60/Shutterstock.com

掃除後の畳を快適に保つには、天日干しも効果的です。干す時間の目安は4~5時間。畳床を太陽に向け、よく叩いてほこりを出すようにします。畳を干す場所がなければ、床から畳を離して風を通すだけでも効果があります。ただ、直射日光を当て過ぎると畳を傷めてしまうので、カーテンや障子などで遮断しましょう。

また、断熱性・保温性、吸湿力といったイ草の利点を妨げるので、絨毯やカーペットなどはなるべく敷かないようにしてください。掃除も行き届かず、カビ、ダニなどの発生する原因にもなります。逆に素足で畳を歩くようにすると艶が出て、カビが出きにくくなるそうです。