ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
浴室の掃除のコツ! これを抑えればサッときれいに!
出典 : kazoka /Shutterstock.com

浴室の掃除のコツ! これを抑えればサッときれいに!

浴室は温度が高く、水分もたっぷりなので汚れをため込むとすぐにカビが生えてしまいます。普段気にしない天井やドアなども忘れずにお手入れすることが大事です。掃除のポイントを押さえて、ピカピカの浴室を目指しましょう。

  • 渡邊公子

浴室の天井と壁を掃除する

浴室の天井と壁を掃除する

Serhii Krot/ Shutterstock.com

掃除を始める前に、シャンプー、ボディシャンプーなどの小物類は掃除の邪魔になるのでバケツなどにまとめて外に出しておきます。

掃除は上から下におこなうのが基本ルールなので、まずは天井から始めましょう。天井をチェックしてみると、普段は気にしてなかったのに、よく見たらカビだらけ!ということも。じつは、天井はカビが発生しやすい場所でもあるのです。水滴の跡が輪のようになったものや、ブツブツした汚れがついていることもあります。汚れを見つけたらすぐに拭き取りを。脚立を用意してもいいですが、面倒ならモップの先に雑巾をつけて、天井、換気扇、照明などを拭いてもいいですね。。

次に洗いたい浴室の壁にはおもに、胸の高さより下に皮脂汚れや石けんカスが飛び散っています。この部分を重点的に洗うのがコツです。壁がタイルの場合はブラシでこすり、隅や浴槽との継ぎ目は歯ブラシを使うと便利です。カビを発見したらカビ取り剤をスプレーしておきましょう。

浴槽とドアの掃除をする

浴槽とドアの掃除をする

beeboys/ Shutterstock.com

浴槽にこびりついた汚れのほとんどが皮脂汚れです。ドアには水ハネや石けんカスの汚れもついています。洗剤をスプレーし、浴槽内も上から下へと洗っていきます。それでもザラザラ感が残っている時はクエン酸水で石けんカスを取り除いていきましょう。バスタブの材質によって傷つきやすさが違ってくるので、材質に合ったスポンジを使うようにするのもポイントです。

バスタブの内側の水位線、底の四隅、排水口の周囲、排水栓チェーンは汚れが溜まりやすい部分。とくに水位線は汚れの線がついてしまっていることも多いので、念入りに洗いましょう。スポンジで届かない部分は、歯ブラシを使ってこすります。

また、ドアは浴室に面した側の下半分が汚れているので、しっかり磨き上げたい場所です。一番下の部分やレールには汚れが固まっていることもあり、汚れが気になる時はクリームクレンザーをスポンジにつけ、こすり洗いをし、細かい場所は歯ブラシなどを使ってかき出します。黒い汚れのほとんどがカビなので、カビを見つけたら10倍に薄めた塩素系漂白剤を塗って、しばらく置いてから拭き取ります。

バス用品もついでにお掃除

浴槽とドアの掃除をする

Pumidol/ Shutterstock.com

洗面器やイスなどのバス用品にもヌメリや石けんカスがついているので汚れを落としていきます。シャンプーなどのボトルは、ポンプ部分から液ダレしたり、底がぬめりがち。浴室に戻す前にスポンジでサッと水洗いしておくと、清潔になります。

また、小物類にカビが生えていたら、ティッシュペーパーに漂白剤を染みこませたものをパックして、しばらく置き、後はよく水洗いすればOK。

浴槽のフタもカビが生えやすいので、しっかりと洗って乾かすようにします。丸めるタイプのものは歯ブラシなどで細かい溝の部分も洗いましょう。

浴室床の掃除をする

浴室床の掃除をする

kazoka/ Shutterstock.com

浴室の床は使う度に水で流しているからきれいだと思っていても、なぜか床は少しずつ黒ずんできます。原因は皮脂汚れ、石けんカス、そして水分です。床は洗剤をつけてブラシでしっかりこすり洗いをします。

落ちない黒ずみがあったら、ティッシュペーパーを置き、その上からクエン酸水をたっぷりスプレーして30分ほどおきます。その後、ペーパーを剥がし、ブラシでこすり洗いをしていきます。ただし、クエン酸はカビ取り剤と同時に使用すると危険なので、必ず併用しないようにしましょう。

浴室排水口の掃除も忘れずに

排水口はゴミと一緒に水が溜まる場所なので、もっともカビが生えやすい部分。排水口は外せるバーツは外して掃除をしていきます。髪の毛などのゴミを取り除いたらブラシやスポンジで洗っていきます。細かい部分は歯ブラシを使いましょう。また、汚れやヌルつきがひどい時はスプレータイプの漂白剤をスプレーし、しばらく置いてからこすり洗いをするか、そのまま漂白剤につけ置きします。

最後にスクイージーで床の水分を切るか、タオルで拭いて完了です。

浴室を清潔できれいに保つためには、十分な換気と水気をしっかり取り除くことが重要です。湿気や水分が残っていると、どうしてもカビの原因になってしまうので、風呂上がりに使用済みのバスタオルでサッと拭いておけばそれだけでもカビ防止になりますよ。