ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
きれいに安全に使うための、正しいトースター掃除
出典 : Narisara Kitinan/Shutterstock.com

きれいに安全に使うための、正しいトースター掃除

毎日使うことの多いトースター。中でもオーブントースターは、朝食で食パンを焼くことはもちろん、ピザの温めやお菓子作りにも大活躍。それだけに汚れも溜まりやすくなるので、きちんとした掃除が必要です。

  • ライター1

トースターは毎日使うものだからこそ清潔に

トースターは毎日使うものだからこそ清潔に

ilove/Shutterstock.com

オーブントースターは身近なキッチン家電です。食パンをトーストにするのはもちろんのこと、ピザを焼いたり温めたり、またお菓子を作ることもできるため、ほぼ毎日使われているといっても過言ではありません。

それなのに、同じく毎日使っている「ガスコンロ・レンジ」「魚焼きグリル」「電子レンジ」に比較すると、定期的にきちんと掃除をしている人は少ないようです。吹きこぼれや油汚れが付きやすいコンロなら汚れも目立つのですが、使用しない時は扉を閉めるオーブントースターだと、汚れていても気付きにくいこともあるのでしょう。

とはいえ毎日使うものですから、清潔に保つことは必須。そのためにも、普段の掃除を心がけるようにしてください。

意外と知らないトースター掃除の仕方

意外と知らないトースター掃除の仕方

Vladimir Sukhachev/Shutterstock.com

トースターの要は受け皿です。ここが汚れていると、コゲや臭いが食材に移ってしまうこともあります。ですから、まずはしっかり汚れを落とすことが大事です。受け皿を取り出して、使わなくなったクレジットカードやポイントカードで汚れた部分を削るように落としていきます。

目立つ汚れを除去した後は、セスキ炭酸ソーダ水、または重曹水につけて丸洗いし、十分に水気を取って乾かします。扉も同様にクレジットカードなどで汚れを削り落とし、拭き取ります。庫内に溜まったパンくずといった食材の残りはブラシなどで払い落とし、卓上掃除機などで吸い取っておきましょう。

網も同様に掃除を行いますが、取り外せないものはそのままの状態で作業します。

トースター掃除で揃えたい道具

トースター掃除で揃えたい道具

Mehaniq/Shutterstock.com

オーブントースターの掃除に役立つのは、布またはスポンジ、キッチンペーパー(ティッシュでも可)、ヘラ(使わなくなったクレジットカードでも可)、ブラシ(使用済み歯ブラシも可)、重曹などです。重曹はお湯に溶いて、スプレー容器に入れておくと便利です。

頑固な汚れにはブラシを用いて洗いますが、落ちないからといってゴシゴシこすり、オーブントースターの内部を傷つけないようにしましょう。場所によっては、布やスポンジを使用してください。

もうひとつ用意したいのが「アルミホイル」。掃除した受け皿が十分に乾いたら、そこにアルミホイルを敷きます。アルミホイルは熱が加わっても大丈夫な素材ですが、ヒーターに触れないよう注意してください。アルミホイルを敷いておけば、パンくずなどが落ちても、そのまま捨てることができ、掃除の手間も省けます。食材カスが溜まったら、こまめに交換するようにしましょう。

汚れ落としには重曹がおすすめ

汚れ落としには重曹がおすすめ

ffolas/Shutterstock.com

オーブントースターを掃除する場合、ほかの調理器具同様、「重曹」を使うと便利です。規定の濃度に薄めて、スプレーまたはスポンジにつけて洗っていきます。重曹のほかに「セスキ炭酸ソーダ」も適していますが、肌の弱い人が触れると肌荒れの原因となることがありますから注意が必要。敏感肌の人はゴム手袋をすることをおすすめします。

ただし、オーブントースターにアルミの部品が使われていた場合、重曹やセスキ炭酸ソーダで掃除をすると、黒くなってしまうことがあります。ですから、これらの洗剤を使う前に、オーブントースターに使われている素材を確認しておきましょう。

ヒーター部分の掃除には注意が必要!

ヒーター部分の掃除には注意が必要!

rustycanuck/Shutterstock.com

オーブントースターを始め、電子レンジといった熱を発する電化製品を掃除する際は、思わぬ怪我をしないように、必ず電源を切り、コードをコンセントから抜いてから行うようにしましょう。また、ヒーター部に直接水をかけるなど、破損を招くようなことをしないようにしてください。

オーブントースターは扉の開け閉めに注意が必要です。料理を出し入れする時に、食材や料理のカスが落ちやすく、うっかりテーブルの上を汚してしまうことがあります。これを防ぐためには、トースターよりやや大きめのテーブルマットなどを敷くのがおすすめ。汚れたらマットを外し、食材のカスを払い落としたり、丸ごと洗えば掃除もカンタン。トースターの周囲をきれいに保つことができます。

毎日使っているのに、意外に掃除を怠っているトースター。きれいに掃除すると、いつものパンがよりいっそうおいしく感じられますね。