ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
花粉症も回避できる? 玄関掃除はきっちりと
出典 : Dini Gemelli/Shutterstock.com

花粉症も回避できる? 玄関掃除はきっちりと

玄関は「家の顔」だけに、いつもきれいに保っていたいものです。玄関掃除を行う際は、同時に臭いを発しやすい「靴箱」もチェックしておくといいでしょう。また、玄関掃除をすることで、ドアの開け閉め、外出先から持ち込まれることも多い「花粉」を防ぐこともできます。

  • ライター1

三和土(たたき)部分の掃除方法

三和土(たたき)部分の掃除方法

pu_kibun/Shutterstock.com

玄関で靴を脱ぐ場所を「三和土(たたき)」といいますが、これはコンクリートなどで固めた土間を指します。ここは、通勤通学、買い物などで外出し、運んできた砂、泥、ちり、室内外のほこりなどが溜まりやすい場所だといえます。とくに、雨の日に外出した場合は靴が汚れやすいため、大量の泥が持ち込まれやすくなります。

普段の掃除方法は、ほうきとちりとり、必要に応じて掃除機でおこないます。換気のためにドアを開け、風通しをよくしておきましょう。その後はほうきで砂ぼこりや泥、ちりなどを集め、ちりとりで取ります。量が多いようなら、掃除機を使って吸い取ります。ほうきで掃除をする場合、濡らした新聞紙をちぎったもの、茶ガラをまいてから掃くと、ほこりが立ちにくくなりますよ。

汚れがひどい場合は、前述の用具に加え、ブラシやタワシ、雑巾、バケツ、ゴム手袋、住宅用洗剤を用意。通常の掃除同様、ドアを開けて換気をします。ほうきで砂やほこりを取り除き、掃除機で吸い取るまでは同じですが、ほこりを取り終えたら、次に水をかけながら、ブラシやタワシで汚れをこすり取ります。

それでも汚れが取れない時は、住宅用洗剤をつけて汚れを取ります。その後は水をかけ、汚れや洗剤分をきれいに洗い流し、よく乾燥させてください。ただし、継ぎ目や傷から水分が浸みこみやすい「クッションフロア」のような建材は、掃除で水を流せません。ブラシ、タワシでこすりながら水に浸して緩く絞った雑巾で、汚れを拭き取ります。汚れがひどければ洗剤を使い、掃除後はよく乾かします。

靴箱も玄関の一部

靴箱も玄関の一部

Mayuree Moonhirun/Shutterstock.com

靴箱に泥のついたままの靴を入れておくと、泥が乾いてほこりや砂になり、玄関に落ちることがあります。せっかく三和土(たたき)をきれいにしても、これでは本末転倒。靴箱の中もチェックするようにしましょう。

まず靴箱は湿気がこもりやすいので、カビを防止するためにも、最低週に1回は風通しをしてください。内部にある泥は手ぼうきなどを使って払い、汚れがひどければ靴を取り出して水拭きを行います。木材の靴箱は水分を嫌いますから、雑巾を固く絞って拭き、すぐに乾いた布で水気を取るようにしましょう。

なお、靴箱をきれいに保つには、家に入る前に泥や砂を落とす、スニーカーなどは汚れたら洗浄するなど、靴自体をきれいにしておくことも大切です。

注意したい「靴箱の臭い」

注意したい「靴箱の臭い」

dejan_k/Shutterstock.com

靴箱は汚れだけでなく、臭いも溜まりやすい場所です。その原因は、汗の染み込んだ靴が発生させる湿気。これがいやな臭いとなり靴箱に充満し、さらに玄関全体に広がってしまうからです。悪臭を防ぐには、靴箱を閉めたままにせず、定期的な換気をするのがおすすめ。コーヒーの豆殻や炭などを置いておく、靴の下に新聞を敷くのも効果的だといわれています。

消臭剤を使う人も多いですが、その場合でも靴箱の換気を忘れないようにしてください。

玄関掃除で花粉を家に入れない

玄関掃除で花粉を家に入れない

PAPAYA SALAD/Shutterstock.com

玄関掃除をする時は、玄関ドアの外側の汚れも落としておくのがおすすめです。手ぼうきなどを使ってドアのほこりを取り除き、水で薄めた重曹を浸した雑巾で全体を拭きましょう。その後は水拭きし、さらに乾拭きをするとドアもピカピカになります。

なお、玄関をこまめに掃除することは、花粉の侵入防止にもつながります。というのも、家の中の花粉は、窓や換気口はもちろん、「玄関ドアから入る」ケースが少なくありません。外出から帰ってきた家族の服には花粉が付いていることが多く、玄関でコートを脱いだ時などに、空気中に広がるといわれています。

家に入る前に上着を脱いで、払うことはもちろん、とくに花粉の時期は玄関掃除をまめに行い部屋に花粉が侵入する前に取り除けるとよいですね。