ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
頑固な汚れが目立ってきた!と思ったら、まめに台所掃除を
出典 : lvrmnd/Shutterstock.com

頑固な汚れが目立ってきた!と思ったら、まめに台所掃除を

毎日利用する台所は、調理で生じる汚れやゴミの臭いが溜まりやすくなりがち。そのうえコンロや五徳、シンクや蛇口、グリルなどたくさんの器具や機能があるため、いっぺんに掃除をするのはたいへんです。そんな時に役立つ掃除のコツを紹介しましょう。

  • ライター1

台所の汚れ、放置が長くなると汚れはさらに落ちにくく

台所の汚れ、放置が長くなると汚れはさらに落ちにくく

v.gi/Shutterstock.com

油や水をふんだんに使う台所は、家の中でもっとも汚れが溜まりやすい場所だといえます。野菜、肉などの食材を、洗う、焼く、煮る、炒めるといった方法で調理する中で、油のハネ、煙、ぬめりが生じ、それが調理器具や周辺に飛散し、汚れの原因となります。

調理後すぐに掃除をすれば、汚れも溜まりにくいのですが、「今日は面倒だから明日にしよう」と後回しにしていくと、たとえば油汚れにはチリやほこりが付着。それがどんどん堆積し、通常の掃除では対処できない、しつこく頑固な汚れになってしまうのです。

台所掃除に最適な時期をチェック

台所掃除に最適な時期をチェック

Mayuree Moonhirun/Shutterstock.com

台所の汚れは、おおよそ「コンロ周り」と「シンク周り」に集中します。とくに、雑菌が繁殖しやすいシンク周辺はこまめな掃除が必要、コンロ周りは週に1回ほどが目安です。

生ごみが集まり、食材の汚れが気になるシンクの周りは、毎日が好ましいですが、少なくとも2日に1回はチェックしておきたいところです。できれば調理後に排水口や三角コーナーにゴミが溜まっていないかを確認し、早めに処分。その後、シンクを軽くメラミンスポンジでこすり洗いするだけで、臭いや水垢などが出にくくなります。逆に放っておくと臭いや汚れが取れにくくなるので注意しましょう。

ガスコンロなどは1週間に1回、最低でも2週間に1回は掃除しておきたい場所。料理になくてはならない「五徳」や「魚焼きグリル」は、調理をするたびに油や焦げ、食材のかすなどが付着します。

それを放置して使っていると、ほこりや細かなゴミと油がいっしょになり、こびりついてしまいます。そのような状態になってから掃除をしても、なかなか汚れを落とすことはできません。ですから面倒だと思わず、定期的にお手入れしておきましょう。

台所掃除に欠かせない便利グッズ

台所掃除に欠かせない便利グッズ

Gestiafoto/Shutterstock.com

ホームセンターや100円ショップで台所掃除の道具を買う時は、どうしてもアイデア製品が気になるもの。しかし、まずは定番製品をおさえておくことが先決です。

メラミンスポンジ

台所のどんな場所、どんな器具にも使える万能選手。軽度の汚れなら、洗剤を付けず軽くこするだけで除去できる。

使用済み歯ブラシ

メラミンスポンジでは対処できない、でこぼこした箇所、器具の隅、しつこい汚れ、狭い箇所を掃除するために使う。

キッチンペーパー

水気を除去、また浮き上がった汚れを拭き取る。汚れた器具を外す、置くための敷物にも便利。

拭き取り用布

クロス、ぞうきん、タオルなど。汚れや水の拭き取りに便利。

汚れを取るための洗剤やクリーナーですが、市販のものより、「重曹」「クエン酸」「セスキ炭酸ソーダ」の方が、環境や人体にやさしい成分となっています。

重曹

弱アルカリ性で、酸性成分の除去に適している。五徳などのコンロ周辺器具、魚焼きグリルほか、台所に発生する油汚れに対して効果が期待できる。

クエン酸

酸性。アルカリ性成分に適応。シンク周辺に加え、お風呂や洗面所の水垢落としにも適している。

セスキ炭酸ソーダ

重曹より強いアルカリ性成分で、油汚れには非常に高い効果がある。そのためコンロ周り、魚焼きグリルなどの掃除にぴったり。直接触れると肌荒れすることもあるので、ゴム手袋をして使うのがおすすめ。

上記を用意しておけば、台所にある器具の汚れは、おおよそ除去することができます。

白物家電の掃除も忘れずに

白物家電の掃除も忘れずに

JFCfotografic/Shutterstock.com

また、台所掃除で見落としがちなのは家電の汚れです。ガスコンロやシンクのそばに置いてある冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器などには、飛び散った油や水が付着することが少なくありません。それに気付かずに使い続けていると、家電にも汚れがこびりつき、不衛生です。

ですから、ガスコンロやシンクの掃除をする時は、そばに置いてある各種家電の汚れも一緒に除去しておくといいでしょう。とくに、白い色の家電は汚れやすいので、こまめに拭き掃除すると効果的です。

忙しい時は、台所掃除のプロにまかせる

忙しい時は、台所掃除のプロにまかせる

Andrey_Popov/Shutterstock.com

毎日、水や油を頻繁に使う台所は、一回の調理だけでもかなり汚れがでてしまいます。それをほったらかしにしておけば、チリやほこりと合わさって、取れにくくなってしまいます。気がついて掃除をしたものの、まったく歯が立たない時は、プロのクリーニング業者がおすすめ。ガスコンロの焦げ付き、シンクや蛇口の水垢やウロコなど、落としにくい頑固な汚れもきれいに除去してくれます。

プロのクリーニングの大きな特徴は、ガスコンロや魚焼きグリルに付着した頑固な油汚れや焦げ付き、シンクの水垢やぬめりに対し、専用の洗剤や道具を使って掃除する点。市販の洗剤では落ちにくい汚れも、プロならしっかり落とすことができるのです。自分ではどうしようもなくなってしまった時、忙しくて掃除ができない時は、プロのクリーニングに頼んでみるのもよいでしょう。


主婦や主夫にとってお城ともいうべき台所。いつもきれいに整頓し、清潔に保っておいしい料理を作りたいですね。