ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
効率的かつピカピカになるユニットバス掃除法
出典 : karamysh/Shutterstock.com

効率的かつピカピカになるユニットバス掃除法

アパートや単身者が多い賃貸マンションなどには、トイレと洗面所と浴槽がひとつになった「ユニットバス」が付いている場合が多いようです。ユニットバスの掃除は通常の浴室とは異なるため、効率的な掃除方法を知っておきしょう。

  • ライター1

ユニットバスの汚れは、石けんカスや皮脂汚れが中心

ユニットバスの汚れは、石けんカスや皮脂汚れが中心

Tcziebell/Shutterstock.com

洗い場のないユニットバスの場合、体洗いや洗髪を、すべて浴槽内で行うことになります。そのため浴槽の中には「石けんカス」や「皮脂」などが溜まりやすく、掃除を怠ると様ざまな汚れがこびりつくことになります。

ユニットバスに付きやすい石けんカスの正体は、石けんが水道水のカルシウム、マグネシウムといった「ミネラル分」と反応し、脂肪酸カルシウム、脂肪酸マグネシウムなどになったものです。「石けんカス」を放っておくと、カビや雑菌の温床になってしまいますので、除去する必要があります。

またユニットバスはトイレを併設しているので、普通の浴室よりも出入りが頻繁になり、抜け落ちる髪の毛やゴミ、ほこりの量も自然と多くなります。髪の毛をはじめとするゴミ類は排水溝へと流れ、ヌメリやツマリなどの原因となることがありますから注意が必要です。

ユニットバスは構造上、カビが発生しやすい?

ユニットバスは構造上、カビが発生しやすい?

Denys Kurbatov/Shutterstock.com

トイレ、浴槽、洗面所がオールインワンであるため、ユニットバスにはシャンプーやリンス、歯磨き道具、カミソリ(ひげそり)、各種石けん(洗顔石けん、ボディシャンプーなど)、様ざまな小物を置かなくてはなりません。

しょっちゅう動かしていればよいのですが、大型ボトルなどは置きっぱなしになりやすく、底の部分にカビが繁殖しやすくなるのです。さらにヘアピンなどの金属を置き忘れ、放置してしまうと錆びも生じます。

さらにユニットバスの場合、構造上、換気をしにくい傾向があります。換気扇は付いていても、窓のない作りだとユニットバス内に湿気が溜まりやすくなり、それがカビの繁殖を促進させてしまうのです。

これだけはそろえておきたい掃除用具

これだけはそろえておきたい掃除用具

Serhii Krot/Shutterstock.com

●スポンジ
硬いもの、ネット付きスポンジなどは表面を傷めることがあるので、やわらかめのものがおすすめ。

●ゴム手袋
洗剤を使う場合、手荒れ・肌荒れ防止になる。

●使い古しの歯ブラシ
浴槽の水栓金具など、しつこく落ちにくい汚れに効果的。毛先の広がっているものが使いやすい。

●割り箸
布などを巻きつければ、細かい部分の汚れ落としができる。

●浴室用中性洗剤・カビ取り剤
普段の掃除は中性洗剤。しつこいカビには、専門のカビ取り剤を使う。

クエン酸・重曹はユニットバス掃除の強い味方

クエン酸・重曹はユニットバス掃除の強い味方

Anastasiya Aleksandrenko/Shutterstock.com

さて、いよいよ掃除開始です。ユニットバスにかかわらず掃除は「上から下へ」が基本。天井、壁、シャワーカーテン、浴槽、床といった順に掃除をしていきます。

まずオススメしたいアイテムが、ユニットバスの浴槽汚れに効果的な「クエン酸」です。

弱酸性のクエン酸はアルカリ成分を中和させる性質を持っているため、水垢汚れの除去、除菌、消臭などに効果があり、石けんカス、トイレの黄ばみ(尿石など)・悪臭などに効果が期待できます。

ユニットバスのみならず、キッチンやトイレなどほかの水回りの掃除にとても役立ちます。
クエン酸で掃除をするときは、水に溶かしてスプレーボトルで使うと便利ですが、クエン酸を使った後は、必ず水洗いをするか、濡れた雑巾で拭きとってください。

さらにクエン酸と並び、万能洗剤として使われているのが「重曹」です。

こちらは弱アルカリ性で、中和、消臭、吸湿、研磨、軟水、発泡、膨張などの作用があり、酸性の成分を持つものを中和させて落としやすくします。

ユニットバスでは湯垢などの皮脂汚れに効果が期待できます。ほかには、台所の油汚れ、鍋などの焦げ、排水口のヌメリ、生ごみの消臭、茶渋にも効果を発揮します。

重曹もクエン酸と同じく、重曹水を作りスプレーボトルで使うのが一般的。またひどい汚れには、水を少なくした「重曹ペースト」も使用されています。

キレイを保つためバス使用後にしておきたいこと

キレイを保つためバス使用後にしておきたいこと

Kuchina/Shutterstock.com

効率的にお掃除をするためには、ユニットバスに汚れがつきにくいように予防することも大切です。風呂上がりの湯気は室内を高温多湿の状態にし、カビ発生の原因となります。ですから入浴後は冷水で壁などを洗い流しておきましょう。これだけでもカビの発生率が変わってきます。

また、小物やシャンプーのボトルの水気は拭いておく、入浴後だけ換気扇を回すのではなく、24時間回しておくのも室内の乾燥に効果的。窓のない場合は、扉を開けておくだけでも換気に役立ちます。

ユニットバスの掃除が終わったら、ついでにトイレや洗面台もシャワーを使って洗ってしまいましょう。すっきりきれいな空間で一日の疲れを癒したいですね。