ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
突然襲う悲劇「トイレがつまった!」。困ったつまりの対処法は?
出典 : Dmitri Ma/Shutterstock.com

突然襲う悲劇「トイレがつまった!」。困ったつまりの対処法は?

トイレがつまる原因は1つではありません。トイレットペーパーの使いすぎはもちろん、子どもがいる家庭では意外なものを流してしまうことも・・・。突然のつまりに慌てないためにも、原因と対処方法を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

トイレのつまりは、原因を知ることが大切

トイレのつまりは、原因を知ることが大切

Rob Byron/ Shutterstock.com

「ついさっきまで普通に使えたトイレが、突然つまった!」。そうした事態に遭遇したら、頭は真っ白、どうしていいかわからず、パニックに陥ってしまっても仕方ありません。

水を流せば何とかなるのではないかと思い、安易にレバーを回して、便器のふちぎりぎりまで水が上がってきて、冷や汗をかいたという経験を持つ人も少なくないはず。しばらく待って水位が下がるようであれば、トイレの配管に隙間があるということですが、何の変化もなければ完全につまったと思って間違いないでしょう。

そんな時、慌てて業者を呼ぶのではなく、自分で対処する方法を考えましょう。コツさえつかめばカンタンにつまりを解消できるうえ、覚えておけば配管全般のつまりにも応用できます。

まずは、なぜつまったのか、何がつまったのか、原因を知ることが肝心です。ただし、排水管の奥に固形物などがつまった場合は、業者に任せるしかありません。そのあたりの見きわめと併せて、トイレがつまった時の対処法を紹介します。

なぜトイレはつまりやすいのか?

何かを落としたり、流したりしていないのにある日突然つまるトイレ。じつは、トイレがつまる原因は配管の形も大きく関係しています。安易に何でも流すのはやめた方がよさそうです。

なぜトイレはつまりやすいのか?

docent/ Shutterstock.com

トイレのつまりはS字トラップが原因!?

トイレをはじめ、キッチンのシンクや風呂、洗面室に設置された配管はS字トラップに代表される湾曲した排水管が設置されています。これは湾曲した部分に水を溜めることで、下水から上がってくる臭いや虫などが入ってくるのを防ぐためのものですが、まっすぐに伸びていない分、つまりやすいのが難点です。

トイレの場合も何かを流した際、この部分で止まったり、溜まってしまったりすることでつまることが多いようです。トイレの水を流した際、ザーッと音を立てながら勢いよく流れていくのが通常ですが、ゴボゴボと異音がするなど、いつもと違った状態が続くようであれば、それはトイレつまりの前兆と考えましょう。

また、タンク内にペットボトルを入れて節水対策をしている場合も要注意。流した時の水が少ないため、水圧が低くなり、S字トラップの箇所に流したものがつまりやすくなります。

トイレつまりの対処法

水やお湯を流す

トイレットペーパーや排泄物など、水に溶けやすいものがつまっている時は、バケツの水を一気に流せば水圧で直ってしまうことがあります。それでもダメなら、50~60℃のお湯を流してみましょう。

お湯を使う理由は、もしつまっているものが紙類であれば、水よりも効果的にふやかすことができるため、すぐに直らなくても、時間が経つことで徐々につまりが解消する可能性があるからです。お湯を流してから1時間程経っても水位が下がらない場合は、固形物がつまっている可能性があるので、業者に任せましょう。

ラバーカップを使う

トイレつまりの解消法として、もっともスタンダードなのがラバーカップを使う方法です。ラバーカップには洋式、和式とあるので、しっかり確かめてから購入しましょう。

ラバーカップは、カップの中の空気を押し出し、勢いよく引き上げることで水が吸い寄せられ、つまっていたものが動くという仕組みです。1度で直らない時は、何度か繰り返すと、水が引いてつまりが解消されます。つまったものが固形物の場合は逆流してくるので、便器内から取り除きましょう。作業をする時は、汚物が飛び散らないよう、あらかじめまわりに新聞紙などを敷いておくと便利です。

ラバーカップを使う

Kartouchken/ Shutterstock.com

真空式パイプクリーナーを使う

ラバーカップで効果がない時は、真空式パイプクリーナーを使ってみましょう。ラバーカップと同じようにカップを便器の穴に押しつけ、ハンドルを引いて使います。強い吸引力で水を吸い上げるため、あきらめていたつまりも解消できるはず。1000~2000円程度と価格も手頃なので、備えておくと重宝します。

すっきり流してくれるはずのトイレがつまると、だれでも動揺しますね。仕組みや対処方法を頭に入れておけば、あわてずに対応できます。