ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
もう悩まない。ゴミとして下着を捨てる方法
出典 : Khvost/Shutterstock.com

もう悩まない。ゴミとして下着を捨てる方法

不要になった下着をそのままゴミに出すことに、抵抗がある人も多いのではないでしょうか。とくに女性の場合は人の目が気になりますね。では、不要になった下着を処分する時に気をつけることは何でしょう。処分する以外の方法はないのでしょうか?

  • terasaki

下着は何ゴミになるの?

下着は何ゴミになるの?

 GUNDAM_Ai/Shutterstock.com

一般的に透明であることが多いゴミ袋に下着を入れるのは、何かと気を使いますが、そもそもワイヤーが入っているブラジャーなど、何ゴミとして分別すればいいのでしょう。

●下着の分別

各自治体によって異なりますが、下着全般は「燃えるゴミ」ではなく、基本的には「資源ゴミ」になります。洗濯後ほかの古着同様「古布・古紙」回収日に出すのが正解です。破れているものや汚れているものは「燃えるごみ」です。

●燃えるゴミでも

「資源ゴミ」では人に見られてしまうので嫌だ、という方は「燃えるゴミ」として出すこともできます。気になる人は紙袋に入れて捨てれば見られる心配もありません。

下着を捨てる時の注意点

下着を捨てる時の注意点

 JIANG HONGYAN/Shutterstock.com

●見えないように

言うまでもありませんが、ゴミ袋の内側に入れるなど、外から見えないようにゴミに出すのがエチケットです。

●洗って

資源ゴミとして出す時は、必ず洗って乾かしてから捨てましょう。濡れたままだと他の資源ゴミ
にまでカビが発生してしまいます。

●分別を

「燃えるゴミ」として捨てる場合、ブラジャーにワイヤーが入っていれば、ワイヤーを抜いてからそれぞれ自治体の分別に合わせて捨てましょう。

ブラジャーはどうする?

ブラジャーはどうする?

 Volodymyr Tverdokhlib/Shutterstock.com

●捨てるタイミング

ブラジャーの捨て時はわかりにくいかもしれませんが、レース部分の伸縮性が悪くなった時や平に置いた時に歪みが感じられたら、処分しどきです。歪みが生じた下着を着用し続けると体型にも悪影響が出るので思い切って処分しましょう。

●ブラリサイクル

近年、多くの下着メーカーが、古くなったブラジャーを回収して、エネルギー燃料にリサイクルする活動を行っています。店舗でリサイクルバックを受け取り、封をしたまま回収、再利用されるのでプライバシーも守られます。メーカーによっては割引券と引き換えてくれるショップもあるようです。

不要な下着の再生法

不要な下着の再生法

 mapush/Shutterstock.com

ブラジャーをメーカーに回収してもらう以外にも、捨てる前の再生法を考えてみましょう。

●リサイクル

衣類のリサイクルを行い、発展途上の国などに寄付する団体では、衣類以外に下着も受け付けてくれるところも。趣味が合わず使用していない下着、なんとなく体系に合わず使用できなかった下着など、捨てるにはもったいないものが誰かの役に立てばうれしいですね。

●掃除道具に

破れたストッキングが掃除に使えることを知っている人も多いかもしれせん。ストッキングは静電気の力でおもしろいほどほこりやゴミを絡め取ってくれます。棒の先につけて隙間のほこり取りにしたり、網戸掃除、水道の蛇口磨きなどに使ったりさまざまな場所の掃除に活用できます。靴磨きにも活躍しますよ。

他にもブラジャーによっては、ついているパットが不織布を布で巻いているものもあるので、汚れを落としやすく電化製品を磨くのにも役立ちます。ショーツや肌着は、靴磨きや、窓のサッシなど1度使ったら捨てる場所の雑巾代わりにもなります。

●レースやリボン

ブラジャーやキャミソールなどは、美しいレースやリボンが付いていることが多いので、外せば素材として役に立ちます。下着は素材自体が心地よいものが多いので、髪の毛を結ぶシュシュなどカンタンにリメイクできるものに挑戦するのも楽しいですよ。

美しい作りやデザインのものが多く、捨てる時はもったいないような気もする下着。だけど、不用品をためたままにしておくのは合理的ではありません。数年使っていない下着がないか確認してみてはいかがでしょうか?