ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
自宅で出来るってほんと!?制服の洗濯とアイロン法
出典 : KPG_Payless/Shutterstock.com

自宅で出来るってほんと!?制服の洗濯とアイロン法

子どもの制服、いつもキレイでピシッとさせてあげたいけど、毎回クリーニングは経済的につらい・・・。自宅で洗濯、アイロンまでする方法はある?

  • tama

制服の洗濯とアイロンをするなら表示を確認!

制服の洗濯とアイロンをするなら表示を確認!

Andrey_Popov/Shutterstock.com

自宅で洗濯する前に、まずは表示を確認しましょう。制服には洗濯出来るものと、出来ないものがあります。アイロンも同様ですから、まずは表示のタグを確認しましょう。水流の強さや、手洗い可能か、アイロンの温度なども表示されています。表示のタグは、邪魔だからと切り取らないように注意してください。

制服の洗濯方法

制服の洗濯方法

DUANGJAN JITMART/Shutterstock.com

制服が洗えることを確認したら、まず洗濯をする前にポケットのものをすべて出し、ほつれやシミをチェックします。ファスナーは閉じて、外せるボタンやカラーは外しましょう。洗う水の温度は30度以下で、中性洗剤を使います。一般的に使用されている合成洗剤はアルカリ性ですから、おしゃれ着用の洗剤やドライマーク用の洗剤を選びましょう。

洗濯機で洗う場合は、糸くずが付かないようにネットに入れて、他のものとは別にして単品で洗います。洗う強さは、標準より弱い「手洗い」や「ドライ」のコース。洗濯機の各メーカーによってコースが違うので、必ず確認してください。脱水は型崩れの原因になるので、使っても30秒~60秒程度。洗濯後はただちに取り出してシワを伸ばし、形を整え、ハンガーにかけて風通りの良い場所に陰干ししましょう。

手洗いの場合、こすったり強く揉んだりせずに、やさしく押し洗いしましょう。脱水もねじると布にダメージを与えてしまうので、押し洗いの要領で上から押すようにして脱水してください。

汚れたらすぐに処置!

汚れたらすぐに処置!

treesak/Shutterstock.com

飲み物や調味料をこぼしたり、転んでしまったり、制服が汚れてしまったら、落ちなくなる前に素早く処置しましょう。制服の汚れ部分の上にタオルやハンカチなどの布を当て、制服ごとひっくり返して、汚れの付いた制服の裏側が上になるようにします。その汚れに水や洗剤を付けて歯ブラシなどで叩きましょう。汚れが当てた布に移ったら、洗濯表示に従って洗濯します。

なお使用する洗剤は、汚れに合わせたものを選びましょう。醤油・ソース・コーヒーのような食べこぼしや血液は水で叩いた後に、中性洗剤でも叩きます。泥は乾く前に、中性洗剤で叩いてください。カビも中性洗剤ですが、こちらはもみ洗いで落とすのが効果的です。

牛乳やバター、クレヨン、化粧品のように油系の汚れが付いてしまったら、ベンジンで叩いた後に、中性洗剤でも叩きます。このように汚れに合わせて素早く適切に対応すると、シミになるのを防ぐことができます。

制服のアイロンかけ

制服のアイロンかけ

namtipStudio/Shutterstock.com

ハンガーにかけたまま使える、スチーマーがあれば便利ですが、無くても大丈夫。家庭用のアイロンのスチーム機能を使いましょう。確認した表示通りの温度に設定します。上手にかけるコツは、面積の小さい部分からかけることと、布地の目に沿ってかけること。そして、空いている手で軽く布を引っ張るようにしながらアイロンで押さえることで、かけやすくなります。

制服のアイロンには当て布が必要です。布は手ぬぐいやハンカチのような、繊維が付着しないものを使いましょう。パンツやスカートのような折り目があるものは、スチームを使います。テカテカにならないよう、かけ過ぎには注意しましょう。アイロンをかけにくいスカートのひだは、アイロン台にゴムをかけてひだを整えて固定するか、洗濯バサミでひだを固定してみてください。

制服をシワにしないために

制服をシワにしないために

Remizov/Shutterstock.com

洗濯やアイロンをしたら、出来るだけピシッとした状態を保ちたいですよね。着る本人の協力も必要になってきますが、まずは脱いだらハンガーにかけるクセをつけましょう。制服はハンガーにかけるだけでも、型崩れを防げます。パンツはクリップ付きのハンガーで裾を止めて、逆さにかけておくと重さでシワが伸びます。

また、ハンガーにかけた状態で、布の目に沿って一定方向にブラシをかけるとホコリやチリを取り除き、シワを伸ばす効果もあります。雨に当たった場合、そのままにしておくとシミになる可能性があるので、乾いたタオルで水気を吸い取って、陰干ししてください。

制服がピシッとしていると、印象もいいですよね。子どもはいつ制服を汚してくるかわかりません。すぐに対応することで、制服をキレイに保ち、クリーニング代も節約しましょう!