ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
その布団叩く前に必見!ほこりやダニを退治してくれる布団掃除機の選び方
出典 : jumoobo/Shutterstock.com

その布団叩く前に必見!ほこりやダニを退治してくれる布団掃除機の選び方

気になる布団のダニ、ほこり・・・。取り除きたいからと、布団を叩くのはNGって知っていましたか? では正しい布団の掃除とはどんな方法でしょう。正しい掃除法と布団掃除に最適な掃除機のタイプを教えます!

  • tama

布団を叩くのは逆効果!?

布団を叩くのは逆効果!?

Akkalak Aiempradit/Shutterstock.com

布団はベランダでパンパン叩くのが、昭和の時代から日本の風物詩・・・。実家の母親を思い出しますよね。ですが、布団を叩くのは現在ではNG。叩けばほこりも払えてきれいになる気がしますが、衝撃にびっくりしたダニが、布団の奥に逃げ込んでしまうのです。さらにこの衝撃で、ダニの死骸やフンが粉砕。細かくなって布団の表面に現れ、寝ている間に吸い込んでしまうことも。結果として、布団パンパンはアレルギーの原因になってしまう可能性があります。

布団は叩くよりも、撫でてほこりやダニの死骸を払い落す方が効果的。昔は家電やアイテムも揃っていなかったので、布団叩きを使っていました。しかし現代では、ほこりやダニに効果的で優秀な家電や便利グッズが登場しているので、それらを駆使して撃退しましょう。

布団掃除機の種類

布団に掃除機をかける場合、普段床やカーペットをかけているものと同じでは抵抗があるかと思います。そのような時は、ノズルを交換するだけでも気分が違いますよね。ホームセンターなどで、布団用のノズルを販売しているので、それを利用するとよいでしょう。それでも気になる人は、布団専用掃除機もおすすめです。

布団専用の掃除機には、叩き型と従来のモーターブラシ型があります。叩き型は布団の表面を軽く叩きながら、ほこりやダニを吸い取るタイプ。布団に吸いつきにくいので、片手でも動かしやすいので、おすすめ。UV除菌機能が付いているタイプもあり、ほこりやダニを吸い取りながら、滅菌効果が期待出来るのも魅力です。

従来のモーターブラシ型は、叩く機能はありませんが、モーターブラシは叩くのと同様の効果が得られるとされています。従来の掃除機のように紙パックやサイクロンを採用していて、集塵力の高さが魅力です。

叩き機能があるものと、モーターブラシは、どちらが良いとは一概に言えません。各メーカーによって、吸引力や付いている機能が違うので、比べてみるといいでしょう。

布団用掃除機を選ぶコツ

布団用掃除機を選ぶコツ

Axel Bueckert/Shutterstock.com

布団用の掃除機を選ぶ時は、用途や手間を考えて選ぶことが大切です。

●専用か兼用か

専用は布団のみに使うので、寝室に置いたままが使い勝手がよく便利です。ですが、布団のみの使用なので他の場所を掃除する場合、別の掃除機を使う手間がかかります。兼用はオールマイティに使えて経済的ですが、ノズルを交換する手間があります。

●充電方法

次にコードのあるタイプと、充電式のコードレスのタイプ、どちらにするか考えましょう。コードレスは作業しやすいので楽ですが、充電する時間が短いと、掃除中にパワー切れになる可能性があります。布団の枚数が多くて布団以外も掃除するのであれば、フル充電後に稼働出来る時間を確認するか、コードがある掃除機の方が無難かもしれません。

●集塵方法

集塵方法は、紙パックやサイクロン、フィルターと分かれます。紙パックは捨てるだけですから、手間がかかりませんが、交換用紙パックを購入する必要があります。また、ゴミが溜まると吸引力が落ちるので注意しましょう。

サイクロンは、ゴミを吸い込んで溜まって行っても、吸引力が落ちませんが、捨てる際に吸引したゴミが飛び散りやすいので注意が必要です。

フィルターは、ゴミが溜まると吸引力が下がりますが、ワンタッチで掃除機のカプセルを外し、ゴミを払い落すだけなので、手入れがしやすい単純な構造をしています。払い落すのが苦にならなければ、おすすめです。

掃除機をかける前に

掃除機をかける前に

graphbottles/Shutterstock.com

まず、布団の繊維に絡みつく髪の毛やゴミは、コロコロのような粘着シートを使いましょう。布団にいるダニは、人の皮脂やフケ、髪の毛、ほこりが大好物。毎日起きた後に、コロコロを一通りかけるだけでも、清潔さは違ってきます。また、ほこりは湿気を吸収しやすいので、掃除機をかける前に出来るだけ除去しておきましょう。

掃除機をかけるときの注意事項

掃除機をかけるときの注意事項

xieyuliang/Shutterstock.com

ダニの死骸やフンなどの細かい汚れは、掃除機で吸い取ります。しかし生きているダニは、吸い取られないように繊維に吸盤や爪を引っ掛けて、踏ん張るのでなかなか吸い取ることが出来ません。少しでもダニを吸い取るためにも、同じ場所に長めに掃除機を当てましょう。

また、ダニは繁殖力が強く、約65日間の寿命で50個ほどの卵を産むので、週に1回は最低でも掃除機をかけることをおすすめします。また、ゴミの中には、ダニが大好きなフケや髪の毛、ほこりが沢山詰まっているので、掃除機の中でも繁殖をしてしまいます。吸い取ったゴミはまめに捨てましょう。


どれがいいかは掃除機自体の吸引力によって変わりますし、いくら吸引力があっても使いにくければ飾ったままになる場合も。自分が使いやすいものを選んで、布団のダニ、ほこりを撃退。快適な睡眠を手に入れましょう!