ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
なかなか取れない風呂床の黒ずみ、どうしたらいいの?
出典 :  shigemi okano/Shutterstock.com

なかなか取れない風呂床の黒ずみ、どうしたらいいの?

風呂の床は、毎日少しずつ黒ずんでいきます。気がついた時には、しっかりこびりつき、風呂用洗剤でこすったくらいでは落ちなくなっています。しつこい黒ずみ汚れどうやって落としたらいいのでしょう?

  • terasaki

風呂床黒ずみの原因

風呂床黒ずみの原因

kazoka/Shutterstock.com

毎日風呂掃除をしていても、カンタンな掃除では日々の汚れを落としきるのは難しく、風呂床はなんとなく黒ずみ始めます。黒ずみ=カビと思いがちですが、風呂の黒ずみの原因はカビだけではなく、複合的な汚れが絡み合っていることがほとんどです。

●水垢

黒ずみの原因の多くに、水垢があります。水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムの成分が風呂床にこびりつき、白っぽい床ならば、黒ずんで見えるようになります。

●石けんカス

流しきれなかった垢や、シャンプーや石けんなどのすすぎカスが床に付着するとだんだん黒ずみに変わってきます。

●カビ

風呂場は高温多湿の上に、水分やカビの栄養となる汚れ残滓(さい)が豊富です。毎日自分なりに掃除をしていたつもりでも、すべての汚れを除去するのは難しく、カビが発生してしまうこともあります。

黒ずみの落とし方

黒ずみの落とし方

: Luis Echeverri Urrea/Shutterstock.com

風呂床の黒ずみは、普段使う風呂用洗剤ではなかなか落ちません。用途に合わせた洗剤を用意しましょう。

●クエン酸

水垢が原因の汚れには酸が効果的です。乾いた風呂床にキッチンペーパーを敷き詰め、上からクエン酸で作ったクエン酸水(コップ1杯の水に小さじ1杯程度のクエン酸を溶かしたもの)をまんべんなくスプレーします。乾かないようにサランラップで蓋をしたら、しばらく放置。数時間後、すべて外してブラシでこするだけで風呂用の洗剤では落ちなかった水垢汚れに効果的です。

●重曹

水垢汚れを落としたら、皮脂や垢など脂が原因の汚れを重曹で落としましょう。軽い汚れは、重曹を水で薄めた重曹水をスプレーして、ブラシでこすることで解決します。重曹をそのまま撒いて、ブラシやスポンジで磨くと研磨作用があり重曹水よりも落ちやすくなります。ただし、素材によっては重曹が傷つけてしまう恐れもあるので、風呂場の素材を確認してから行ってください。

それでも落ちない黒ずみは?

それでも落ちない黒ずみは?

水垢や皮脂汚れは、クエン酸と重曹でこすることで解決しますが、根を張ってしまったカビはもう少し、違うアプローチも必要です。

●クエン酸+重曹

汚れが目立つ箇所に粉末のままのクエン酸と重曹をふりかけ、少量の水をかけます。しゅわしゅわと発砲したらラップで蓋をして待つこと数時間。ブラシでこするとかなり汚れが落ちているはずです。

●カビ取り剤

それでも取れないカビにはカビ取り剤です。塩素系のカビ取り剤は効力が高いのですが、クエン酸とは併用できません。必ず酸素系のカビ取り剤を使用してください。カビ取り剤と重曹を混ぜペーストを作り、カビの部分に塗り、上からラップで密閉しておきます。しばらく時間をおいたのち、洗い流します。ゴムパッキンのカビには長時間ペーストをつけておくとゴムが痛む原因になるので、気をつけてください。

風呂床黒ずみ予防

風呂床黒ずみ予防

bbearlyam/Shutterstock.com

風呂床は一旦黒ずんでしまったら、落とすのが面倒になります。日々の掃除で予防しておきましょう。

●残り湯を抜く

浴槽のお湯はそのままにしないで、その日のうちに洗い流しておくのがベストです。防災や洗濯のために残しておく場合は、しっかり蓋をしておきましょう。

●シャワーで床を流す

風呂に最後に入った人は、入浴後熱いシャワーで床全体を流しておきましょう。風呂の水を利用すると皮脂が入っているので、効果がありません。その後、冷水で浴室の温度を下げ、最後にはしっかり水切りをしておくことで、水垢、カビともに防ぐことができます。

風呂床が黒ずんでいると、せっかくのバスタイムも心からくつろげません。日頃から予防して、気持ちの良いバスタイムを楽しみましょう!