ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
衣類を美しく持ち運ぶ、ガーメントバッグとは?
出典 : Apollofoto/Shutterstock.com

衣類を美しく持ち運ぶ、ガーメントバッグとは?

出張や冠婚葬祭など、スーツや礼服を持ち運ぶ際に活躍する、ガーメントバッグ。その多機能な使い方や上手な衣類の収納方法をご紹介。

  • 創文舎 hamo

ガーメントバッグは機能で選ぶ

ガーメントバッグは機能で選ぶ

Krasula/Shutterstock.com

ガーメントバッグとは、スーツや礼服などシワをつけたくない衣類を運ぶ時に使う、専用のカバンのことを指します。出張や冠婚葬祭などで、遠方に出向くことが多いビジネスマンには便利なアイテムです。

ガーメントバッグと一言でいっても、さまざまな種類があり、自分の仕事のサイクルや移動方法に合わせたガーメントバッグ選びが大切です。

たとえば、飛行機での出張が多いなら、キャリーバッグとドッキングできるもの。電車や徒歩移動が多い人には、リュックサック型。車での出張が多い場合は、車の中でも吊り下げておける、コンパクト&シンプルな独立型・・・など、使用する状況に合わせてガーメントバッグを選ぶと、移動が快適になり衣類もキレイに持ち運ぶことができます。

使いやすさを追求したシンプルタイプ

使いやすさを追求したシンプルタイプ

Dzha33/Shutterstock.com

ガーメントバッグといえば、スーツを購入した時に付属してくる、不織布などでできた半円形のケースを思い起こす人も多いかもしれませんが、あのケースは保管を目的としたものであり、移動を目的としているものではありません。

長距離を移動すれば、雨にあたることもありますし、汚れることもあります。何より、シワをつけず良好な状態で衣類を運ぶには、ある程度耐久性があり、水や汚れから衣類を守ることのできる材質である必要があります。

衣類の収納のみを目的とした独立型のガーメントバッグは、そのシンプルさから、一見保存用のケースのようにも見えますが、その材質や機能はまったく異なるものです。
外側は、雨風に強いナイロン製のものが多く、その他の材質でも、撥水加工や防汚加工を施したものが多くあります。

中には、ハンガーが1本から2本付属し、通常の容量ならスーツが1~2着収納できるような作りのものがスタンダードです。その他にも、底面のマチが広いものは、底に靴が収納できるようになっていたり、ポケットが充実しているものは、下着やネクタイ、ハンカチなど小物類を分けて使用しやすくなっています。

出張に最適! 多機能&コンパクトタイプ

出張に最適! 多機能&コンパクトタイプ

IgorXIII/Shutterstock.com

飛行機や電車移動の出張の場合は、あまり荷物の数を増やさずに、まとめられるものはまとめて、身軽な状態で移動したいものです。かさばるスーツの持ち運びも、ビジネスバッグと一体化のガーメントバッグなら荷物がまとめられてとっても便利。

ビジネスバッグのスペースとスーツを収納するスペースが、内部でしっかり分かれているので、中で他の物とゴチャゴチャになることもありません。
中には、ガーメントバッグが取り外せるものもあり、出張以外の時にはビジネスバッグとして利用できるカバンもあるようです。

もう一つ、荷物を上手くまとめる方法として、持ち運ぶ衣類をコンパクトに畳み、キャリーバッグやビジネスバッグに入れてしまうという方法があります。

そこでどうしても気になるのが、畳んだ時のシワですが、衣類をコンパクトにまとめることを目的としたガーメントバッグは、畳むためのホルダーと畳み方ガイドがセットになっており、わかりやすいイラストを見ながら、衣類をホルダーにセットしていくことで、誰でもカンタンにシワなく衣類を畳めるようにできています。後は、畳んだ衣類を専用のバッグに入れ、手持ちのバッグに詰めるだけ。スーツもジャケットも他の荷物と一緒にパッケージされ、快適に移動することができます。

衣類をきれいにキープする収納のコツ

衣類をきれいにキープする収納のコツ

UNIKYLUCKK/Shutterstock.com

衣類をキレイな状態で持ち運ぶガーメントバッグですが、雑に収納すると持ち運んでいる間にシワができたり型崩れする場合もあります。収納する際は、いくつかポイントを押さえ、外出先でもシワのないパリッとしたスーツを着こなしましょう。

●ハンガー付属のガーメントバッグは、ハンガーをクローゼットやドアノブなどに掛けた状態でスーツを収納する。

●ジャケットの袖は自然な位置に。人がお辞儀をする時のようなポジションに袖が来ていればOK。

●裾がまくれたまま収納すると、そのままシワになるので要注意。

●持ち運び中にかかる負荷を考慮し、スーツの折り返し部分がバッグの底面につくように収納する。

帰りが肝心、ガーメントバッグの消臭対策

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

布用消臭除菌スプレー「ファブリーズMEN」

出張の帰りに気になるのが、着終わった後の衣類の臭い。どうせ帰ったらすべて洗濯するとわかっていても、帰宅後、バッグを開けてイヤ~な臭いがするのは気持ちいいものではありません。

そこでおすすめなのが、詰める前の衣類を消臭してから収納する方法。出張先に、布用消臭除菌スプレーファブリーズを持っていき、着た後のジャケットに片面5、6回ずつスプレーし、一晩陰干ししてからガーメントバッグに収納しましょう。

内側が布製のガーメントバッグの場合、スーツを陰干ししている間、バッグの内側にも5、6回全体が軽く湿る程度スプレーし、一緒に乾かしておくと、さらに、臭いが軽減されます。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、スーツに染み込みやすい汗の臭いや体臭によく効く消臭成分「ポリマー消臭成分」を配合しています。臭い分子に化学的にアプローチし、臭いを分解・中和し、臭いの元からしっかり消臭することができます。

また、働き盛りの男性の気になる臭いに特化した「ファブリーズMEN」シリーズは、他のファブリーズシリーズよりもさらに強い消臭成分を配合しているので、出張先や普段の臭い対策にもおすすめです。

出張を快適にするガーメントバッグも臭くなってしまっては台無しです。バッグに消臭スプレーを忍ばせて、旅先でもシュシュッと消臭ケアを忘れずに!