ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
何を入れる? 便利な床下収納を使いこなす方法
出典 : pu_kibun/Shutterstock.com

何を入れる? 便利な床下収納を使いこなす方法

キッチンや洗面室にある床下収納。便利なようでいて、屈んで蓋を開けて、ものを取り出す作業はなかなか面倒です。もっと便利に使いこなせるよう、入れ方などを考えてみましょう。臭いが気にならないよう、防臭対策も必須です!

  • 創文舎 arisa_125

日本の床下収納は明治時代が始まり

日本の床下収納は明治時代が始まり

shigemi okano/ Shutterstock.com

日用品のストックや普段使わないものをしまっておくのに便利な床下収納。ただ、湿気が気になったり、どう使えばいいかわからなくて、あまり活用していないという人も多いのではないでしょうか。

外国の一軒家では、床下収納ではなく、地下全体を収納庫として利用するのが一般的なようですが、日本の住宅事情ではそれも叶いません。日本では、明治時代に台所の床の一部を自由に取り外せる「揚げ板」とし、床下を収納庫として使ったのが始まりです。

当時は漬物や梅酒など、つくるのに時間がかかる食材などの保管に使われていました。現在もキッチンや洗面所の床に設置されている床下収納は、缶詰や非常食、使用頻度の少ない調理器具、洗剤のストックなどの保管に利用されているようです。

普段使わないものをしまうのに便利な床下収納も、床に膝をついて屈まなければ出し入れができないため、使い勝手がいいとはいえません。床下収納の場所はキッチンや洗面所にこだわる必要はないので、一軒家を建てたり、リフォームをする際は、開けやすさ、取り出しやすさを考えて設置場所を決めるのがよいでしょう。

また、入れ方や入れる量によって、使いやすさも変わってきます。せっかくのスペースをムダにしなためにも、床下収納を有効活用して暮らしに役立てましょう。

床下収納は何をしまうか、どう使うかが問題

床下収納は、「使用頻度が低く、あまり重たくないもの」が基本です。建物や天候によって、温度や湿度が変わるため、影響を受けにくいものを収納するようにしましょう、除湿対策として、新聞紙や除湿シートを敷いておくなどの対策を講じおくことも必要です。

床下収納は何をしまうか、どう使うかが問題

Alex Kosev/ Shutterstock.com

キッチンの床下収納

もともと漬物や梅酒などが食べ頃、飲み頃になるまで保管することを目的につくられたキッチンの床下収納は、ぬか漬けや梅酒をはじめ、手づくりみそなどを入れておくのに適しています。そのほか、水や酒類、缶詰、瓶詰め、ペットボトルなどの飲料、災害用の非常食、使用頻度の低い調理器具や食器、花瓶や壺などもしまっておきましょう。
タマネギやイモ、ニンジンなど、腐りにくいものであれば、野菜などを保管しても大丈夫です。温度変化に弱いワインは新聞紙にくるんでおくこと。保管の仕方については、ぎゅうぎゅう詰めにすると、何が入っているかわからなくなるうえ、出し入れもしにくいため、隙間を残しておくことが大切です。取り出しやすくするため、取っ手つきのカゴを利用するのもおすすめ。

洗面所の床下収納

各種洗剤や石けん、歯磨き粉、シャンプーやリンスなどのストックのほか、広さに余裕があればボックスティッシュやトイレットペーパーなどを収納しておきましょう。キッチンの床下収納ほど湿気に神経質にならなくていいので、いろいろしまえて便利です。ただし、何が入っているか把握できるよう、キッチンと同じように、取っ手つきのカゴを利用したり、ラベルを貼るなどして管理すること。

Africa Studio

Africa Studio/ Shutterstock.com

居室の床下収納

和室やリビングなどにも床下収納を設けることができます。リビングなら扇風機や加湿器など季節の家電やクリスマスグッズ、来客用の座布団、スリッパなどのほか、洋裁、編み物など、趣味で使う布や毛糸などのストックをしまっておきましょう。

また、和室の場合は、畳があるので目立たないうえ、壁のスイッチで自動開閉するタイプが多いことから、出し入れが楽です。卒業アルバムや思い出の品、囲碁の盤や石、おもちゃなどのほか、金庫や保険証書といった貴重品の収納にもおすすめです。

近年、リビングの一角に小上がり風に畳のスペースを設ける家づくりが人気ですが、段になった部分に引き出しをつけ、床下収納ならぬ床横収納として利用するケースが増えています。来客用の寝具、季節の寝具、換えのシーツや枕カバー、タオル類など、大きなものもしまえるので便利です。

臭い漏れが気になったら・・・

床下収納の消臭対策

湿気対策をしていても、床下収納を開け閉めする際、カビの臭いが気になることがあります。面倒くさいと思っても、定期的に中のものを取り出し、除湿対策として敷いた新聞や除湿シートを交換するとともに、掃除をしてください。それが湿気&消臭対策の基本ですが、漏れた臭いを取り除くためには、部屋用消臭剤が効果的です。

ファブリーズの「部屋用置き型消臭」なら独自に開発された臭いキャッチゼリーが嫌な臭いを吸収、中和、消臭してくれるので、臭いが後戻りすることもありません。床下収納の近くに設置しておくだけで、防臭対策になります。

ファブリーズ 部屋用置き型消臭

ファブリーズ 部屋用置き型消臭

床下収納を利用して、食料や生活用品を収納したのに、安いからといってまたストックを増やしては意味がありません。ストックの数を決め、余分に買わないようにすることも上手な収納のヒケツです。