ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
車のシートを掃除して、快適なカーライフを
出典 :  Tom Wang/Shutterstock.com

車のシートを掃除して、快適なカーライフを

愛車に気分良く乗るためには、車のシート掃除は欠かせません。日常的にしておきたい気配りから、しつこい汚れの対応策まで車のシート掃除のこと、詳しく知りたい!

  • terasaki

車のシートが汚れる原因

車のシートが汚れる原因

Natthakit/Shutterstock.com

車に乗ってふと改めてシートを見ると、「いつの間に!!」という汚れをシートに見つけたことがありませんか? 小さなお子さんが食べ物をこぼすことだけがシートの汚れの原因ではありません。

●食べカス・ほこり

シートの汚れの原因は、食べカス、お菓子の小さな包み紙はもちろんですが、髪の毛や車内に漂うほこり、チリ、花粉など、防ぎようのない小さなゴミの数々もシートにたまります。

●飲み物

車内でお菓子は食べない、という人でも飲み物は飲むのではないでしょうか? 揺れる車内は大人でも飲み物をこぼしてしまうことがあります。こぼした液体を拭いて、かえって汚れを広げてしまうことも起こりがちです。

●汗

車のシートは、ずっと座りっぱなしで体が接触しているうえ、汗をかいていればシートに触れた部分は、汗ジミなどとして残ってしまいます。また、素手でも直接触れるので、手の汚れもついてしまいます。


こまめな掃除を行わないと汗や汚れがシートの奥まで染み込み、シミや黒ずみになるだけでなく、雑菌が繁殖しダニやカビの原因になります。

車のシート掃除、日常編

車のシート掃除、日常編

wk1003mike/Shutterstock.com

普段から車の換気には気をつけ、カンタンな掃除だけでもこまめにしておくと頑固な汚れにならず、菌の繁殖も防ぐことができます。

●掃除機

定期的に掃除機をかけ、車内に残る固形物を除去しておきましょう。車内でスナックなど食べた時はなるべく早めに掃除機をかけておきたいところです。

●水拭き

シート全体の水拭きとなると、気が重くなりますが、車内にアルコール入りのウエットティッシュを常備させ、汚れが気になる場所、座った場所だけでもサッと拭いて降りる習慣があれば、いつも清潔さを保つことができます。

車のシート掃除 しつこい汚れ編

車のシート掃除 しつこい汚れ編

FotoDuets/Shutterstock.com

長期間シートの掃除を行っていなかった場合は、徹底的にシート掃除をしましょう。

●ていねいに掃除機をかける

まずは掃除機です。背もたれと座面の間、シートベルトのはめ口などゴミが溜まりやすい場所は、歯ブラシや綿棒などで奥に入り込んでいる汚れを掻き出してから掃除機をかけてください。シミが気になる箇所には重曹をまき、ブラシでこすった後掃除機で吸引しておきましょう。

●洗剤を使って

台所用の食器洗い洗剤を水の中に入れた洗浄液を作り、その中で洗った雑巾を固く絞ってシートを拭きあげます。シミの部分は叩くようにしてシミを浮かばせます。全体をしっかり拭いたら水で洗った雑巾で仕上げ拭きです。

この時、洗剤を残してしまうと新たなシミを作ってしまうことになるので、ていねいに洗剤を落としてください。

●乾燥

仕上げにしっかり乾燥させることが大切です。生乾きは菌を繁殖させ、不快な臭いを残します。シートが乾燥するまで、扉を開けて風を通しましょう。日差しが強ければ紫外線の殺菌作用も望め、乾燥もしやすいので、天気のいい日を選んで掃除をするといいですね。

車のシート除菌・消臭対策

車のシート除菌・消臭対策

Phil McDonald/Shutterstock.com

●消臭

車内の臭いが気になる時は重曹です。重曹を粉末のままシートにまんべんなくまいて数時間後ゴミと一緒に掃除機で吸引します。重曹がシートの臭いを吸収してくれるので、かなりの消臭効果があります。掃除後に消臭スプレーをかけておけば、万全です。

●除菌

子どもが車内で嘔吐した時など、しっかり除菌しておきたい時はアルコール除菌が効果的です。掃除をした後に、エタノールを水と1:2の割合で薄めたものをスプレーしておけば除菌効果があります。いうまでもありませんが、アルコール分が一定量含まれる消毒用アルコールを使用した時は、引火しやすいのでタバコは厳禁です。

大切なマイカー。面倒でもシートをキレイにすると運転する自分も、同乗する家族も良い気分で車での時間を過ごすことができます。何気ない心づかいでキレイな車をキープしましょう!