ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
掃除を楽にしてくれる、お風呂スポンジの選び方
出典 : SunCity/Shutterstock.com

掃除を楽にしてくれる、お風呂スポンジの選び方

毎日しなくてはならないお風呂掃除。道具の選び方ひとつで掃除が楽になります。道具を使った後にはメンテナンスも忘れずに行いましょう!

  • tama

お風呂のスポンジの選び方

お風呂のスポンジの選び方

Olha Kozachenko/Shutterstock.com

毎日掃除しなくてはならないお風呂。1日の疲れを癒やす入浴タイムのためにも手は抜けません。でも、浴室の掃除って、意外と洗う場所が多いなあと思ったことはありませんか?浴槽、床、壁、排水口、鏡、天井・・・。隅々までキレイにしたいから、掃除アイテムの基本であるスポンジは重要です。

掃除で肝心なのは洗剤でしょう、と思う人も多いでしょう。ところが、立ったまま使えたり、力を入れやすかったりと、スポンジひとつで、掃除の効率はぐんと変わります。効率が良く、毎日の負担を少しでも軽減してくれるようなスポンジを選びましょう。

お風呂のスポンジを選ぶ時には、次のことに気をつけます。

まず、毎日の掃除で酷使してもすぐにぺしゃんこでボロボロにならない、耐久性に優れたものであること。洗浄力を考えるのであれば、泡立ちのいいものであること。泡の力が弱いと、皮脂や水垢を落としきれずに終わってしまいます。また、力を入れやすいものであることも大切です。負担無く力を入れるには、握りやすさなどが重要。自分の手の大きさや、浴槽の深さ等に合わせて選ぶようにすることがポイントです。

風呂スポンジの種類

風呂スポンジの種類

Zolnierek/Shutterstock.com

お風呂のスポンジにはさまざまな形状がありますが、手に持って、ごしごし擦るタイプが一般的なスポンジでしょう。このタイプは、浴槽や床、風呂桶、椅子などを、平均的に洗うことが出来ます。価格もリーズナブルで、色も形もさまざま。シンプルなものから、星や動物の形をしていて可愛いものなど、選ぶのも楽しくなります。ですが、細かい部分の対応には向きません。

お風呂専用の特殊な研磨加工や、水はけが良くなるような形状、泡の立ちやすい工夫が施されているスポンジは、他より少し値は張りますが、効果は抜群。使い続けても、すぐにヘタることも無いので、日々の掃除を楽にしてくれます。

柄の長いスポンジは、かがまなくていいという点では便利なアイテムです。高い所にも届くので、天井や壁を掃除するのにも役立ちます。ヘッド部分が回転するように作られていて、手首の操作で隅々を磨けるタイプがあるのでおすすめです。しかし、力を入れにくいので、こびりついた頑固な汚れを落とすには、不向きです。ヘッドのスポンジが着脱可能で、頑固汚れにはスポンジ単体で使うことが出来るものを選ぶといいですね。

メラミン素材やマイクロファイバーが使われいる布のように薄手のスポンジは、、細かい部分を掃除するのに有効です。蛇口やシャワー部分など、普通のスポンジでは磨きにくい部分を掃除出来るので便利。また、薄いので掃除後に浴室に置いておいても渇きがよく、他のタイプに比べて衛生的です。しかし、広範囲を磨くには適していません。

スポンジの交換の目安は?

スポンジの交換の目安は?

Stas Enso/Shutterstock.com

消耗品であるスポンジはある程度で交換が必要になります。ボロボロになれば交換するのは当然ですが、使っているうちにスポンジの研磨する力は落ちてきます。目に見えてボロボロになる前に交換しましょう。あまり高価なものを買って、交換に躊躇うくらいなら、安めのもので研磨力が落ちたらすぐに交換するほうが、掃除のアイテムとしては優秀です。

また、掃除後にスポンジを乾かす人はあまりいないのではないでしょうか。水分を含み続けるスポンジには、雑菌が繁殖しやすくなります。頻繁に交換することで、清潔を保ちましょう。1か月程度での交換を目安に、100均ショップなどで安く購入し、頻繁に交換すると経済的にもよいですね。

お風呂スポンジ以外のアイテム

お風呂スポンジ以外のアイテム

chalermphon_tiam/Shutterstock.com

お風呂掃除専用のスポンジ以外でも、優秀なアイテムがあります。たとえば、洗車用のスポンジ。車のボディをピカピカにする為のアイテムですから、傷が付きにくいのが利点です。また、身体を洗うナイロンのボディタオルもやさしく磨き上げるアイテムとして有効です。タオルの状態ですから、短く切って使用すると便利でしょう。

少しでも楽にキレイにお風呂掃除できるスポンジを探して、お風呂場の清潔を保ちましょう!