ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
手作り感がたまらない、自分でできる織物小物

手作り感がたまらない、自分でできる織物小物

「織物」というと、伝統工芸や昔話を思い起こすかもしれませんが、じつは、意外とカンタンに手作りできるもの。織物をマスターして、暮らしに取り入れてみませんか?

  • 創文舎 hamo

クラフトとしての織物

クラフトとしての織物

伝統工芸と呼ばれる、名のある織物は数多くありますが、織物の基本はみんな同じで、経(たて)糸に緯(よこ)糸を通し、交差させながら織っていくものです。

基本は織機を使って織るものですが、趣味で織物をする場合は、手だけで織ることもできますし、簡易的な織機を作ってクラフトすることもできます。

子ども用に発売されている織機などもあり、女の子には、昔から遊びの一つとしても人気があります。また、海外では「weaving」と呼ばれ、手作りのタペストリーなどを作る大人が楽しむクラフトとして人気があるそうです。

織物と編み物の違いとは?

織物と編み物の違いとは?

手芸で同じ糸を使った代表的なものに、編み物がありますが、織物とはどう違うのでしょう?

編み物

英語表記は「knit(ニット)」。1本の糸を使い、ループを作って絡ませるようにして生地を作っていきます。編み棒を使い手編みする方法と機械を使って編んでいく方法があり、手編みではセーターやマフラーなど毛糸で作る衣類が中心。伸縮性があり、保温力もあります。

織物

英語表記は「textile(テキスタイル)」。たて糸とよこ糸の2本を交差させて作る布地。固く目を詰めて織られているため、伸縮性には欠けますが、生地は丈夫。手芸では、簡易的な織機を使うことが多く、コースターやタペストリーなど、丈夫さを生かした雑貨が中心。

同じ糸を使って作る手芸でも、作り方や出来上がるものには随分と違いがあります。今まで、編み物にチャレンジして挫折を味わったことがある人も、織物ならできるかもしれません。

フェルトで作る織物コースター

フェルトで作る織物コースター

織物の原理を理解するには、カンタンに作ることのできるコースターづくりがおすすめです。100円ショップで手に入るフェルトが数枚あれば作ることができるので、まずはチャレンジしてみましょう!

用意するもの

●フェルト(ベースになるフェルトA・B2枚と織るためのフェルトC1枚)
●針と糸

1 フェルトを10~15cm四方の正方形に2枚切り分けます(ベースのフェルトA・Bとします)。
2 フェルトAの、上下左右に1cm位ずつ余白を残し、上から順に1cmごとに切り込みを入れます。
3 織り込むためのフェルトCを、1cm幅に必要な本数分カットし、隣同士が互い違いのなるように、フェルトAに通していきます。
4 すべて通し終わったら、フェルトBを裏に合わせ、四方の縁をまつり縫いして仕上げましょう。

こうして出来上がったコースターのように、互い違いにたての糸とよこの糸を織っていくのが、織物の基本です。これなら小さな子どももカンタンにできるので、親子でチャレンジしてみるのもいいですね。

ダンボールの織機で作る麻紐コースター

ダンボールの織機で作る麻紐コースター

dms.spb/Shutterstock.com

フェルトコースターで、織物の基本が理解できたら、少しだけステップアップして織機を使った麻紐のコースターづくりにチャレンジしてみましょう。
織機といっても、厚紙やダンボールでできるカンタンなもの。麻紐と厚紙さえあればすぐにできます。

用意するもの

●麻紐
●ダンボールまたは厚紙
●ヘアピン

1 ダンボールを15cm四方にカットし、左右に5mm刻みで1cmの深さの切り込みを入れます。
2 下から順に、右から左の切り込みに交互に麻紐を引っ掛けるようにして上まで麻紐を通します。
3 上まで麻紐が通ったら、4mほど残し、麻紐をカットします。
4 カットした先端にヘアピンを通し、織機に掛けた麻紐の間をフェルトと同じ要領で互い違いになるようにくぐらせていきます。
5 一列終わるごとに、目が詰まるように手で下側にギュッと下ろし、隙間をなくしていきます。
6 先端まできたら、織機から本体を外し、織れなくなるまで麻紐を通していきます。
7 残りが10cm程度になったら、ヘアピンから麻紐を外し、端の目に通して結んで留めます。織りはじめ側も同様に端の目に通し結んで留めます。
8 余分な麻紐をカットし、手で形を整えたら完成です。

簡易的ですが織機を使うことで、目の詰まった織物らしいコースターを作ることができます。少々いびつな形になるかもしれませんが、ナチュラル感溢れる手作りコースターは、世界に二つとない一点もの。使い込むうちに愛着が湧いてきます。

手作り織物のお手入れ方法

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

ファブリーズ布用除菌・消臭スプレー

手作りした小物や雑貨は、せっかくですから、生活の中で使っていきたいもの。でも、気になるのが、そのお手入れ方法です。型崩れや色落ちが心配なものは、水洗いや洗濯するのもちょっと不安があります。

そんな時は、消臭と一緒に除菌もできるファブリーズの布用消臭除菌スプレーがおすすめです。使用する前に目立たないところにスプレーし、色落ち等がないか確認してから、全体が軽く湿る程度にスプレーし陰干ししておきましょう。

ファブリーズの布用消臭除菌スプレーは、幅広い臭いに効果を発揮するトウモロコシ由来の消臭成分を配合しており、繊維についた臭い分子を分解・中和することで気になる臭いをスッキリ解消します。また、布に付着した雑菌を99.9%除去できるという実験結果も実証されており、洗濯しづらい布製品をリフレッシュさせるには最適の方法です。

仕組みさえわかれば、織ることが楽しくなる手作り織物。いろいろなものにチャレンジしてオリジナル雑貨づくりを楽しみましょう。