ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋のほこりをとことん排除する方法
出典 :  chombosan/Shutterstock.com

部屋のほこりをとことん排除する方法

掃除しても、掃除しても毎日部屋に湧き出るほこり。ほこりを掃除するのももちろん大切だけど、ほこりの元から排除する方法も考えてみましょう。ほこりのダイエット始めてみませんか!?

  • terasaki

部屋にほこりが出る原因は?

部屋にほこりが出る原因は?

Vtmila/Shutterstock.com

毎日掃除をしても次々に出てくるほこり。そもそも何が原因で発生するのでしょうか?

●布製品

ほこりの原因はほとんど部屋の中にあります。その一つが布製品からのほこりです。布団、衣類、タオル、カーテン、カーペット、ソファなど部屋の中にある布製品を動かすたびに繊維のくずが舞っています。

●紙製品

布製品と同じく大きな原因になるのが、紙製品です。書籍、新聞、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど紙製品の繊維も大きな問題です。

●その他

髪の毛、フケ、垢、人が動くことによって出るものの他、外から入ってくる砂埃、花粉もほこりになりますが、内部から発生するものに比べれば、わずかです。

●部屋の換気

昨今の機密性の高い住宅では、どこからともなく風が入ってくることもありません。意識的に換気しないと部屋で発生したほこりは外に出ることもなく増える一方です。

部屋のほこりの効果的な掃除法

部屋のほこりの効果的な掃除法

plantic/Shutterstock.com

見た目に不潔なだけでなく、ほこりの中には、ダニやカビの胞子が信じられないほど大量に潜んでいます。アレルギーや病気の原因にもなってしまうので、早めに手を打ちましょう。

●掃除のベストタイミングは?

ほこりは人が動き回ると舞い上がります。朝起きてすぐ、もしくは帰宅直後ならばほこりは床に積もっています。効率的にほこり掃除をするために、そのタイミングがおすすめです。

●お掃除始めはモップから

掃除といえば、掃除機がけから始める人も多いかもしれませんが、掃除機を回すと、排気の勢いでほこりが舞い上がってしまいます。最初はドライタイプのモップがけで部屋中のほこりを静かに集めましょう。床掃除の前に棚や壁など高いところに付着したほこりを先に取っておくことも大切です。
モップがけする際は、「上から下に」が基本ですよ。

●フィルター、網戸も忘れずに

掃除をする時、忘れがちですがエアコンや空気清浄機など電化製品のフィルター、網戸もチェックしてください。せっかく床のほこりを取っても、フィルターや網戸にほこりがびっしりだとすぐ元に戻ってしまいます。

ほこりは元から排除

ほこりは元から排除

Africa Studio/Shutterstock.com

ほこりを出さないために、掃除以上に必要なことは、ほこりの発生源を断つことです。

●洗う

フローリングの床にはカーペットをなるべく敷かない、敷くならば洗えるものにする。カーテンや布団も洗えるものにして、こまめに洗うことが大切です。

●捨てる

着ないけれど捨てられない服がある、古くなったけれどそのままにしている書籍がたくさんある、雑誌や古新聞を保管している。これでは、ほこりの発生源を好んで家に抱えていることになります。思い切って処分するだけで、ほこりの発生量がぐんと減少するはずです。

●飾らない

棚の上に小物をたくさん飾って楽しむのはとてもステキですが、ほこりをためる原因になります。小物を飾る時はガラスケースに入れるなど、掃除しやすいほこり対策があるといいですね。

ほこり排除のためにできること

ほこり排除のためにできること

Ivan4es/Shutterstock.com

ほこりの発生源を処分するのがもっとも効果的ですが、他にもできることがあります。

●換気する

季節に関わらず、毎日しっかり換気をしましょう。換気をする時は2箇所窓を開け、空気の通り道を作ってあげましょう。日中家にいられない人は、換気扇を回すだけでも効果は望めます。

●除電する

ほこりは静電気に引き寄せられ、壁などにたまりますが、静電気が消えると、また漂いはじめます。そのため静電気を起こさせないようにしましょう。

柔軟剤には、静電気防止の成分が含まれています。柔軟剤入りの水で洗った雑巾を乾かして、壁や床、棚などをなでるように拭けば、ほこりが付着するのを防ぐことができます。

健康のためにもほこりのない生活は理想です。無駄なものを整理して、同時にほこり問題もクリアにしましょう!