ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ごちゃごちゃしがちな押入れを整理するコツ
出典 :  KPG_Payless/Shutterstock.com

ごちゃごちゃしがちな押入れを整理するコツ

「必要なものが取り出しにくい」「押入れの中のどこにあるかわからない」、詰め込むだけの収納をしていると、奥ゆきが広い押入れはすぐに使いづらくなってしまいます。きちんと整理して使いやすい押入れを目指しましょう。

  • terasaki

押入れのゾーニングを行う

押入れのゾーニングを行う

Sanit Ratsameephot/Shutterstock.com

押入れのスペースを無駄なく利用するためには、最初にゾーニング(空間を用途に分けて配置すること)プランを立てると収納しやすくなります。

●どこに何を入れる?

押入れは、天袋、上段、下段に分かれています。出し入れに手間がかかる天袋には使用頻度が低いもの、上段にはよく使うもの、下段には重いものを入れるのが基本です。布団以外を収納する時は、奥ゆきが深いので手前に置くのか奥に置くのかも考え、入れる場所を検討しましょう。

収納場所を検討する時に頭の中で考えるだけでなく、紙に書き出してしっかりプランを立てるのもおすすめです。

●サイズを確認する

洋服や小物を収納するため、引き出しやケースを買う場合は、サイズをしっかり測って買う必要があります。その時、注意するポイントは、スチールメジャーを敷居に沿わせてまっすぐに計ることです。

押入れを計る際は、ふすまを片側によせ、手前の柱にメジャーの先端を当て、閉まっているふすまの内側までを測りましょう。左右大きさが違うこともありますし、開き戸の場合蝶番の出っ張りが大きいこともあります。購入した家具が使用できなくなることがないよう、気をつけて測りましょう

押入れ内の不用品の整理

押入れ内の不用品の整理

varandah/Shutterstock.com

押入れの中には不用品がびっしり、ということはありませんか? 限られた収納スペースなのに、不用品に場所を占められていては、もったいないですね。使いやすい押入れを目指すためには、まず押入れの中の不用品を処分しましょう。

●中身を全部出す

1度押入れの中身をすべて出して不用品がないか確認してみましょう。サイズアウトした洋服や壊れた家電品など、思い切って捨ててしまいましょう。

●迷ったら

子どもが描いた絵など、思い出の品は処分に困りますが、写真に収めて現物は処分するなどの方法もあります。新品だけど使い道がないなどの、捨てるのにためらうものはリサイクルショップに持ち込みましょう。

効率的な収納法

効率的な収納法

Maridav/Shutterstock.com

押入れに収納するものが決まったら、いよいよ整理開始です。

●まずは掃除

押入れは思った以上にほこりがたまります。湿気と合わさればカビの原因になるので、季節ごとに押入れの掃除を行いましょう。

●用途別グループ分け

計画したゾーニング通りに収納していきます。布団なら、シーツ、カバー類など、似たもの同士でグループにまとめ同じエリアに収納していきましょう。

●収納道具を駆使

仕切りが少ない押入れは、収納道具で仕切りを作り、どの場所のものもすぐに取り出せるようにしましょう。

小物類、洋服類を収納する時は、収納道具の出番です。押入れサイズの収納ボックスも市販されていますが、奥は固定式のカラーボックスを置き、手前にハンガーラックを置けば大容量で収納できます。また、押入れの壁にメッシュラックを取り付ければ、小物や帽子も整理しやすく、デッドスペースなく利用できます。

押入れの湿気・カビ対策

押入れの湿気・カビ対策

Kittipong Wiboonsin/Shutterstock.com

ものが多く、閉めたままにされがちな押入れは湿気をため込みやすい場所です。どんな対策があるのでしょうか。

●すのこ、除湿グッズを使う

押入れの底や側面にすのこを設置するかキャスターつきの収納を置き、空気の通り道を作ると湿気対策になります。丸めた新聞紙を置いておくのもカンタンにできる湿気対策のひとつです。除湿シートや除湿剤を利用する時は、押入れの奥に設置し、交換時期を過ぎないようにしましょう。

●収納場所に注意

湿気は下に行くほど高くなります。敷布団など汗を吸い込みやすいものはなるべく上段に置くと良いでしょう。

●換気する

押入れは閉めたままにしていることが多いので、外出の際にふすまを全部開けるなど、意識的に換気しましょう。収納ボックスを入れている場合は、引き出しも開けておきます。空気がこもっていると感じた時は、扇風機で風を送るなど空気を循環させることも必要です。

押入れがキレイになると気分がいいだけでなく、探し物が減り時間の節約にもなります。押入れを整理して、気持ちよく生活しましょう!