ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
手垢汚れってなかなか取れない! どうやって取ったらいいの?
出典 :  miya227/Shutterstock.com

手垢汚れってなかなか取れない! どうやって取ったらいいの?

光の加減で見えた、テレビや家具などについた手垢汚れにびっくりしたことはありませんか? ベタベタと跡になっている手垢汚れは、そのままにしていると取れづらい汚れになります。手垢がつきやすい場所と手垢汚れ落としに最適な洗剤、方法は何でしょう?

  • terasaki

手垢はなぜ取れにくいの?

手垢はなぜ取れにくいの?

Studio concept/ Shutterstock.com

「手垢」とは、手で触ったために付いた汚れということはわかっても、手垢の正体が何で、なぜたくさんついてしまうのか、考えたことありますか?

●手垢の正体

手垢の正体

Playa del Carmen/ Shutterstock.com

「手に汗握る」という言葉があるように、手のひらには数多くの汗腺があります。そこから分泌された汗が家具などに付着して、触れた場所に手垢を残します。本来手のひらの汗は、ほぼ水分ですが、無意識に髪の毛や体を触った手のひらには、皮脂などが付着し、汗と油脂分、ほこりなどが合わさり手垢になります。つまり、水分が蒸発した後の手垢は、油分ということになります。

●時間の経過

時間の経過

Andrey_Kuzmin/ Shutterstock.com

油分の汚れは、他の汚れを吸着する性質を持っています。時間の経過とともに、目には見えないほこり、チリなども付着し、取れにくい汚れへと変化します。

手垢掃除に必要な掃除グッズは?

手垢掃除に必要な掃除グッズは?

Sunny Fores/ Shutterstock.com

着いたばかりの手垢ならば、やわらかい布でふき取ることで解決しますが、時間が経過した頑固な手垢には、油分に強いアルカリ性の洗剤が効果的です。

●セスキ炭酸ソーダまたは重曹

セスキ炭酸ソーダまたは重曹

Aleksey Kurguzov/ Shutterstock.com

油分の汚れは酸性なので、アルカリ性のナチュラル洗剤セスキ炭酸ソーダや重曹が効果的です。500mlの水にセスキ炭酸ソーダならば小さじ1、重曹ならば大さじ1を溶かし入れ、スプレーボトルに入れておきます。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、すぐに使用できますが、重曹は溶けるのに一晩かかります。無塗装の木材など使用できない場所もあるので、素材には注意してください。

●中性洗剤

中性洗剤

New Africa/ Shutterstock.com

台所用の中性洗剤は水で薄めて使用します。家具や家電など、ちょっとした場所の手垢を落とします。効き目がやわらかいので、重曹を使用できない材質のものにも利用できます。

●メラミンスポンジ

メラミンスポンジ

Mike_O/ Shutterstock.com

洗剤だけで落ちない壁紙などの汚れは、洗剤をつけた後メラミンスポンジで磨いてみてください。

●マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロス

kunchit jantana/ Shutterstock.com

液晶画面や電化製品など洗剤を使えない場所の手垢落としは、マイクロファイバークロスやメガネ拭きなどのやわらかい布で落としましょう。

手垢がつきやすい場所は?

手垢がつきやすい場所は?

Kristi Blokhin/ Shutterstock.com

●壁紙

壁紙

Yuri-U/ Shutterstock.com

壁紙についた手垢は次第に薄く変色してしまうこともあります。セスキ炭酸ソーダ水、もしくは重曹水を壁にスプレーしたのち丁寧にふき取り、仕上げに乾拭きすれば着色汚れにも効果があります。

●液晶画面

液晶画面

rangizzz/ Shutterstock.com

スマートフォンやタブレットなどは、当然手垢がつきやすい場所です。ティッシュやハンカチで拭いても汚れを伸ばしているだけになるので、画面専用のクロスもしくは、マイクロファイバークロスなどで拭きましょう。

●電気のスイッチ、ドアノブ

電気のスイッチ、ドアノブ

Yes058/ Shutterstock.com

電気のスイッチ及びその周辺は、黒ずんでしまうこともあります。その際は、重曹水などをスプレーしてから拭きましょう。ステンレスのドアノブはマイクロファイバーで水拭き、ふすまの手垢は白い消しゴムで消すことで解決できます。

●車のレバー、ハンドル周り

車のレバー、ハンドル周り

Scherbinator/ Shutterstock.com

車の中も手垢がつきやすい場所です、熱いお湯で固く絞ったタオルで拭きましょう。ベタベタが取れなければ、中性洗剤を薄めて拭いて、最後に乾拭きしてください。

自覚がない手垢には

●こまめに拭き掃除

こまめに拭き掃除

ESB Professional/ Shutterstock.com

手垢をつけても自覚がないことが多く、本来、カンタンにキレイになる手垢もうっかり見過ごしてしまいます。手で触りがちな場所だけでも、意識してこまめに拭いておきましょう。

●気が付かず頑固になった汚れには

気が付かず頑固になった汚れには

New Africa/ Shutterstock.com

汚れがひどい箇所はキッチンペーパーの上からセスキ炭酸ソーダか重曹をスプレーして、しばらく時間をおいて汚れを浮かせると効果的に取れることができます。洗剤パックで取れない時は、パックの直後にメラミンスポンジで磨くと、諦めていた汚れが落ちることもあります。

たかが手垢汚れですが、ほったらかしが原因で取れない汚れへと変化します。気が付いた時にサッと拭く習慣をつけておきたいですね。