ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
タイルの目地汚れが悩み! 重曹を使って上手にお掃除
出典 : united photo studio/Shutterstock.com

タイルの目地汚れが悩み! 重曹を使って上手にお掃除

タイルのある場所はおもに、玄関、キッチン、お風呂、トイレです。タイルの目地は汚れをそのままにしておくと、ますます取れにくく見た目だけでなく不衛生にも・・・。掃除がしにくい場所なので面倒ですが、各場所の汚れに合わせて掃除をしましょう。

  • 渡邊公子

玄関のタイルの目地汚れ

玄関のタイルの目地汚れ

pu_kibun/ Shutterstock.com

玄関は家の顔といいます。訪ねてきた人がまず見るところですから、汚れていると家の中も汚いと思われてしまうかも。とくに、たたきは目につきやすい場所なのでいつもキレイにしておきましょう。

●汚れの原因は?

玄関の主な汚れは靴について持ち込まれた泥や砂です。とくに雨の日は注意をしましょう。泥に含まれる鉄分が酸化してシミになることもあるので、泥がついたらできるだけ外で落としてから入るようにします。玄関前に泥落としのマットを設置するといいですね。

●掃除の方法は?

玄関は、外から持ち込まれた泥や砂のほか、室内のホコリなども隅に溜まりやすい場所です。
まず、ほうきでホコリや泥や砂を取り除きます。この時、重曹や茶がらをまいてからほうきで掃くと脱臭もでき、ホコリも舞い上がらずに取れるので、一石二鳥です。

次によく絞った雑巾で水拭きをします。
固くなって目地にこびりついてしまった汚れは、重曹を振って、濡らした歯ブラシでこすっていきます。
重曹がない場合は、中性洗剤やクレンザーを使いましょう。とくに傘立ての下や、玄関に置いてある鉢植えなどの下は汚れていることが多いので念入りに掃除をします。

ただし、たたきが大理石や御影石などを使っている場合は、重曹を使うとキズがついたり、色が変わったりしてしまうことがあります。
また、集合住宅の場合も注意が必要です。玄関部分に防水処理がされていないことがあるため、水をまくと水漏れしてしまうこともあるので確認をしてから掃除をしましょう。

今後の玄関の掃除をラクにするため、床タイル用ワックスを塗っておくと、キズや汚れがつきにくくなります。

トイレのタイルの目地汚れ

トイレのタイルの目地汚れ

AwaylGl/ Shutterstock.com

トイレは毎日頻繁に使う場所です。床の汚れを放置しておくとイヤな臭いの元になるので、こまめな掃除を心がけましょう。

●汚れの原因は?

トイレの床や壁は尿や手洗い水が飛び散りやすく、また、ホコリが隅に固まってしまうことも多いので、四隅や便器の後ろはとくに注意が必要です。

●掃除の方法は?

こまめな掃除が一番の予防なので定期的に拭き掃除を心がけましょう。トイレ用洗剤を雑巾にスプレーして床を拭き、水拭きして仕上げます。とくに汚れてしまった場合は、酸性系洗剤を使います。
ただし、強力なのでタイルや目地を傷めないように薄めてから使うなど注意します。また、酸性系洗剤を使用する場合はゴム手袋を忘れずに使い、窓やドアを開けておくなど十分な換気を心がけましょう。

浴室・洗面所のタイルの目地汚れ

浴室・洗面所のタイルの目地汚れ

Dmitri_st/ Shutterstock.com

浴室や洗面所の汚れは、後回しにすればするほど厄介度が上がります。気づいたら、すぐ掃除をしましょう。

●汚れの原因は?

浴室・洗面所は皮脂汚れ、水アカ、石けんかす、シャンプーなど、さまざまな汚れがつく場所です。皮脂汚れなどの酸性の汚れ、水アカなどのアルカリ性の汚れが混在し、さらに、換気が悪いとカビも発生します。

●掃除の方法は?

汚れが気になる部分に重曹を振りかけ、スポンジでこすって流します。重曹がなければ、浴室用中性洗剤や液体クレンザーを使います。
気になる目地の汚れは、歯ブラシを使ってていねいにこするとキレイに落とせます。また、酸性系洗剤は、強力なのでタイルや目地を傷めてしまうことがあります。初めて使う場合は目立たない場所で試してみましょう。

黒く変色しているのはカビです。
カビが生えていたら酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で擦り洗いします。浴室や洗面所ではさまざまな洗剤が使われます。酸素系漂白剤を使う時は、念のため換気にも注意することが大切です。酸素系漂白剤は弱アルカリ性なので洗い終わったら、クエン酸で中和させて水でキレイに流します。

キッチンのタイルの目地汚れ

キッチンのタイルの目地汚れ

izzet ugutmen/ Shutterstock.com

毎日使うキッチンではさまざまな汚れが発生します。

●汚れの原因は?

炒めものをすれば、油や調味料などが周囲に飛び散り、洗い物をすれば洗剤の泡が飛び散ります。放置しておくと、ベタベタになり、そこにホコリがついてしまうと手強い汚れになってしまいます。

●掃除の方法は?

調理後すぐなら飛び散った汚れは、掃除用クロスで水拭きすれば落とせます。汚れがひどい時は、中性洗剤を含ませて拭き取ります。
目地の汚れは放っておくとカビや、さらなる汚れがこびりついて落とすのがたいへんになります。歯ブラシに弱アルカリ性洗剤をつけて落としていきましょう。

コンロ近くのタイルの汚れは油でベタベタしています。拭いてもなかなか取れない時は、台所用強力洗剤をスプレーし、上からラップをして30分ほど放置します。汚れがゆるんだところを拭けば、するりと落ちていきます。
最後は水拭きで仕上げます。また、重曹もキッチンタイルの目地汚れには効果的です。

外壁のタイルの目地汚れ

家の中と違って過酷な環境に置かれる外壁のタイルは、排気ガスや煤煙などで汚れやすい部分。放っておくと雨筋の形に汚れが固まってしまいます。

●汚れの原因は?

外壁は常に雨や風にさらされているので、土や埃の汚れがつきやすく、時には鳥の糞なども付着します。年に1回程度は掃除をすると良いでしょう。

●掃除の方法は?

外装壁タイルは、その性質上、汚れや天候への耐久性が優れています。そのため、基本的にはあまり手をかける必要がなく、雨が降ることで汚れが自然に落ちるようにもなっています。
しかし、年数が経てば、一定の汚れは目立ってきます。ほとんどの外壁タイルの汚れは、アルカリ洗剤で対処できます。それで汚れが落ちない場合は、酸性系洗剤を使いましょう。
ただし、タイルが傷つく恐れもあるため注意が必要です。手が届かない場所も多い外壁では、高圧洗浄機が役に立ちます。また、目地が劣化すると炭酸カルシウムが発生し、タイルが白く汚れるようになります。これについては、2~3%の濃度の塩酸溶液で洗うと解決できます。

目地の汚れの大敵はカビ

●カビは元から絶とう

浴室やキッチンなどでは、目地の汚れの多くはカビが原因となります。
そのため、水や洗剤を使って掃除をすることも多くなりますが、ここで注意しなければならない点があります。それは、カビのかたまりは放置しておく分には、それほど胞子が飛び散ることはないものの、水滴が当たると、とたんに胞子をばらまいてしまうのです。
さらにカビは石けんなどの洗剤物質を栄養源にするため、良かれと思って水やお湯をかけて流し落とそうとしたり、無闇に洗剤を振りまいたりするのは、むしろカビを繁殖させてしまう結果になりかねません。カビを取り除くのは、洗い落とすという発想ではなく、カビを破壊するという発想が必要です。

●カビ発生の防止策

発生してしまったカビは根絶したいものですが、そもそも発生しにくい環境を作ることも大事です。
カビは、水分と温度、そして栄養の3つが揃うと繁殖します。そのため、日頃から掃除をして汚れを落とす(栄養を断つ)、お湯ではなく水を使う(温度を断つ)、水滴を拭いて乾いた状態にしておく(水分を断つ)という、3つの予防策が効果的です。お風呂場やトイレなどは換気扇を回しておくと良いでしょう。

さらに、壁のタイルについては、ろうそくなどを使ってロウを塗っておくと、目地に対する水分の染み込みを抑えることができます。

汚れには場所によって種類があります。汚れに応じた洗剤を使い分けることでタイルや目地をキレイにすることができるようになります。ただ、どのような汚れでも放っておくとなかなか元通りにはなりません。できるだけ早めに汚れを取るようにしましょう。