ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ベタベタするキッチンの壁をきれいに掃除
出典 : polkadot_photo/Shutterstock.com

ベタベタするキッチンの壁をきれいに掃除

いつの間にか飛び散った油でベタベタになってしまうキッチンの壁。忙しいから後で・・・と後回しにしていると、どんどん汚れがたまってたいへんなことになってしまいます。この際、覚悟を決めてきれいにしちゃいましょう!

  • 渡邊公子

キッチンの壁の汚れとは?

キッチンの壁の汚れとは?

Nitr/ Shutterstock.com

ちょっと使っただけでもキッチンはけっこう汚れます。コンロには吹きこぼれ、油、調味料などが飛散し、目につきやすいものですが、意外と目立たないのが壁です。ふと気づいた時には、もうベタベタ状態になっていることが多いのではないでしょうか。

炒め物や揚げ物には油がつきものです。調理中に使った油は、見えない小さな粒となって四方に飛び散るので、当然壁にもベッタリとついてしまいます。汚れてすぐなら、サッと拭けばカンタンに取れるのですが、時間が経つにつれ、ホコリがついたり、その上からさらに油が飛んできたりすると、もうカンタンには取れません。

キッチン壁の種類

キッチン壁の種類

united photo studio/ Shutterstock.com

●キッチンパネル壁

パネル状になった化粧板は、料理汚れがつきにくく、汚れても落ちやすい加工が施され、システムキッチンの天板やキャビネットの扉などと調和するように開発されています。メーカーによってさまざまな加工が施されていますが、いずれも目地が少なく、表面がツルツルしていて汚れがついてもスポンジなどで落としやすいのが特徴です。

●タイル壁

水や火、熱に耐久性があり、酸やアルカリにも強いのが特長です。キッチンパネルが普及したため、使用する家庭は減りましたが、見た目がおしゃれなので、インテリアにこだわる人にはぴったりです。タイル自体は汚れにくい素材ですが、目地の部分に使用されているモルタルは汚れやすい素材。最近では色がついた目地剤にして汚れを目立ちにくくさせたり、防カビ剤入りの目地剤もあり、手入れも以前よりはカンタンになっています。

●ステンレス壁

シンプルでスタイリッシュな雰囲気になります。ステンレスは熱やサビに強く、お掃除のしやすい素材です。洗剤を選ばずにお手入れがしやすいのが特徴ですが、キズがつきやすいのが難点です。飲食店の厨房に多く見られます。

キッチンパネル壁の掃除のしかた

キッチンパネル壁の掃除のしかた

FotoDuets/ Shutterstock.com

用意するもの
・弱アルカリ性洗剤または中性洗剤
・クロス
・プラスチックのヘラ
・キッチンペーパー

水拭きだけでは落ちない汚れには、洗剤を拭きかけて汚れを浮かせてからクロスで拭き取ります。汚れがこびりついて取れないようなら、キッチンペーパーを汚れた部分にあて、そこに洗剤を吹き付け湿布したまま数分放置してから、クロスで拭き取ります。さらに頑固な汚れには100均のプラスチックのヘラ、または不要になったクレジットカードなどのプラスチックカードで削り取ります。キズがつきやすいので細心の注意を払って。最後は水拭き後、から拭きすればきれいに仕上がります。

タイル壁の掃除のしかた

タイル壁の掃除のしかた

FotoDuets/ Shutterstock.com

用意するもの
・弱アルカリ性洗剤または中性洗剤
・クロス
・キッチンペーパー
・歯ブラシ
・スポンジ

キズがつきにくく掃除がしやすいタイル壁。軽い汚れは水拭きで。それでも取れない時は、中性洗剤を数滴垂らした水やお湯で拭きます。こびりついた手ごわい汚れは、洗剤とキッチンペーパーで湿布して浮かせてゆるめてからこすっていきます。最後に、全体に洗剤を吹き付け、スポンジなどでこすり、水拭きすればすっきり。

気になるのが目地汚れ。軽い汚れのうちなら水拭きで済みますが、放っておくとカビがついて落とすのがたいへんに。ここで活躍するのが歯ブラシです。歯ブラシに洗剤をつけ、目地の汚れを歯磨きをする要領でゴシゴシ落としていきます。それでも取れない時は、漂白剤をキッチンペーパーにつけて、こより状にして湿布します。きれいになったら漂白剤を水拭きしてしっかりと拭き取ります。

ステンレス壁の掃除のしかた

ステンレス壁の掃除のしかた

JuliusKielaitis/ Shutterstock.com

用意するもの
・弱アルカリ性洗剤または中性洗剤
・クロス

基本は水拭きです。それでも落ちない時はスポンジに洗剤をつけてこすり落としていきます。
こびりついてしまった汚れは、重曹に水を加えてペースト状にし、塗りつけてこするときれいに落ちます。後は水拭き後、から拭きをします。

普段のお手入れ

普段のお手入れ

Stella Photography/ Shutterstock.com

調理後すぐに拭いておけばいいのはわかっていますが、なかなかできないものです。そんな時便利なのがウェットティッシュです。キッチンにひとつ置いておき、気づいたらサッと拭けるようにしておきます。
もちろん、スプレーに入っている消毒用エタノールでもかまいません。キッチン汚れにつきものの油汚れ、水性の調味料汚れのどちらにも有効です。ただし、火のそばで使うと引火する恐れがあるので注意を。

また、油が飛ばないようにするなら「オイルスクリーン」を使うとずいぶんと軽減できます。うちわのような平たい形をしていてフライパンなどを使う時にフタをするように上に乗せるだけ。これで油飛びがかなり防げます。

キッチンの壁汚れは、放置してしまうと落ちにくくなります。便利な道具を活用して、上手に汚れを落としていきましょう。