ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋の掃除しにくいところをまとめて大掃除
出典 : SunCity/Shutterstock.com

部屋の掃除しにくいところをまとめて大掃除

部屋の中の普段あまり掃除をしない場所を、キレイにするのが大掃除です。必要な掃除道具をそろえて、いつもの掃除よりも時間をかけて丁寧にお掃除しましょう。

  • 渡邊公子

すべての部屋の大掃除を年末だけで?

すべての部屋の大掃除を年末だけで?

Andrey_Popov/ Shutterstock.com

大掃除って年末でしょ?と決めつけていませんか。
おせち料理を作ったり、実家に帰省したり、ただでさえ忙しい年末の大掃除は大変です。普段から時々、大掃除を行っていれば年末にはすすを払うだけでお正月を迎えることができます。衣替えや季節の変わり目に合わせて、年に何度か大掃除を実行しましょう。

スケジュールを立てる

スケジュールを立てる

Ployzei/ Shutterstock.com

暇になったら掃除をしよう・・・と思っているだけでは、いつまで経っても掃除はできません。洋服の衣替えに合わせて季節のかわり目に大掃除をするようにするのがおすすめです。ただ、夏は暑くて掃除どころではありませんから、冷暖房器具の手入れも兼ねて、春と秋の休みの日に何日かに分けてスケジュールを立ててみませんか。予定をあらかじめ書き込んでおけばやる気もでるはずです。

掃除を行う時はくれぐれも一気にすべてをキレイにしよう!と思わないことです。掃除はやろうと思えば、キリがありません。疲れないように小分けにしたほうが効率良く掃除ができます。

ここでは、天井と壁、窓と網戸、キッチンの換気扇、エアコンの掃除をピックアップしたので、順番に片づけていきましょう。

天井・壁の掃除

天井・壁の掃除

VGstockstudio/ Shutterstock.com

天井や壁は、まず、はたきやペーパーモップで上からホコリを払いましょう。リビングやキッチンの壁は油が飛んでベタベタしているかもしれません。中性洗剤またはアルカリ性洗剤を薄めたものをつけてクロスで拭き上げていきます。拭いた後は洗剤が残らないように、水拭きし、最後にから拭きして仕上げます。

ついでに照明も掃除をしておきたい箇所です。静電気がたまるのでホコリがつきやすく、照明周辺に黒くなっているところがあるかもしれません。いきなりクロスで拭くと、よけい汚れが広がってしまうこともあるので、まずはホコリを落としてから始めましょう。ホコリが取れたら、水拭き、または薄めたアルカリ性洗剤で拭き、その後、水拭き、から拭きで仕上げます。

照明カバーが外れるようなら外して、虫の死がいやほこりを取り除き、水拭きします。照明を掃除すると部屋が明るくなって驚きますよ。

窓・網戸の掃除

窓・網戸の掃除

didesign021/ Shutterstock.com

窓には外からの砂ボコリや排気ガスといった汚れがついていて、長い間放置しておくと汚れがこびりついてしまいます。掃除は、薄めた洗剤をつけてスクイジーで拭き取っていきます。スクイジーは100均で手に入るので1本あると便利です。

網戸も同じように汚れがついているのですが、何だか網戸の掃除ってたいへんそう・・・と思われるかもしれません。ですが一度キレイにしてしまえば、後がラクになりますから頑張りましょう。
まずハケまたは掃除機でホコリを取っていきます。外側からスポンジを使って水拭きし、その後、重曹水をスプレーしてスポンジで擦り、クロスではさんで水拭きします。桟も汚れているので、ホコリをかき出して水拭きします。網戸は一度しっかりとお掃除をすれば、時々、ハケや掃除機でホコリを払うだけでOK。

換気扇の掃除

換気扇の掃除

Dragana Gordic/ Shutterstock.com

換気扇の種類によっても違いますが、分解できるところまで分解を行い、アルカリ性洗剤を溶かした溶液につけ置きします。汚れを浮かしてから、スポンジや歯ブラシなどを使ってキレイにしていきます。ムリして分解してしまうと組み立てられなくなるので、ほどほどに行うようにします。外せない部分は、洗剤をスプレーした布で拭きあげていきましょう。

年に1度はつけ置き洗いをし、後はこまめにペーパーフィルターをつけ替えすれば、汚れも少なくて済みますね。

エアコンの掃除

エアコンの掃除

Andrey_Popov/ Shutterstock.com

エアコンはフィルターを取り外して、網目にそって掃除機をかけてホコリを取ります。中性洗剤をぬるま湯で薄めて、洗っていきます。細かい目の部分の汚れは歯ブラシを使って落としていきます。
エアコン内部は、自分で汚れを落とす洗剤も売っていますが、内部に水分が残ってしまうとカビの原因になるので、業者に任せるのがおすすめです。

掃除する順番とここまでというスケジュールをしっかりと決めて行えば、大掃除はスムーズに済みます。欲張らないことが成功につながるので、地道にがんばりましょう。