ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
想い出深いランドセル、ゴミとして捨てるのは忍びない・・・
出典 : ANURAK PONGPATIMET /Shutterstock.com

想い出深いランドセル、ゴミとして捨てるのは忍びない・・・

子どもが小学校を卒業したら使わなくなるランドセル。6年間の成長の想い出が詰まっているから、ゴミとして処分するのは、なんだか忍びない。そこで、ランドセルのさまざまな処分の方法について調べてみました。

  • 創文舎 hiderio888

使用しなくなったランドセルは燃えるゴミ?

使用しなくなったランドセルは燃えるゴミ?

photka /Shutterstock.com

想い出が詰まったものとはいえ、これから先は使わないし、置いておくにも幅を取ってしまうのがランドセル。やっぱりゴミとして捨てよう、と考える人もいるでしょう。

ところで、もしゴミとして処分したい場合、ランドセルは何ゴミ扱いになるのでしょうか。

じつは、ランドセルの処分方法は、各自治体によって異なります。たとえば、大阪市ではランドセルは普通ゴミ(=燃えるゴミ)として扱われますし、同じ大阪府の寝屋川市では不燃ゴミとして扱われています。

適当に自分の判断で捨ててしまうと、収集してもらえないこともあるので、ゴミとして処分するには住んでいる自治体に確認してからにしましょう。

ミニランドセルやキーホルダーにリメイク

ミニランドセルやキーホルダーにリメイク

five trees /Shutterstock.com

想い出としてランドセルを残しておきたい。でも、そのまま置いて置くスペースはないという場合には、ミニランドセルやキーホルダーにリメイクするという方法があります。

ランドセルをリメイクしてくれる工房に依頼すれば、2万円弱程度でミニランドセルに作り替えてくれます。また、キーホルダーや財布などにリメイクしてくれる工房もあります。
多少費用は掛かってしまいますが、想い出を「モノ」として残すことができます。

レザークラフトの心得があるなら、自分で作ってみると、さらに思い入れの深い記念品になりそうですね。

オークションやフリマで、バトンタッチ

オークションやフリマで、バトンタッチ

ESB Professional /Shutterstock.com

どうせ処分するなら、使いたいと思っている人に譲ってあげたいし、それに少しでもお金になるなら・・・。そう考えているなら、オークションやフリーマーケットに出品するという方法もあります。

中古ランドセルの需要は思いのほか高く、オークションやフリマアプリ内で頻繁に売買されています。子どものランドセルが壊れてしまったけど、あと数年のために新しいものを買うのはちょっと・・・、と考えているお母さんも多いのかもしれません。

もちろん、売りに出す場合はランドセルの状態により価格は変化しますが、500円~3000円程度で取り引きされているようです。欲しい人の手に渡って、少しでもお金になるのならいいですね。

出品する際には商品の登録や写真を撮影するなど、ある程度の手間が掛かりますが、それが苦でないならばおすすめしたい方法のひとつです。

途上国の子どもたちに

途上国の子どもたちに

Stephane Bidouze /Shutterstock.com

ランドセルを必要としている人に譲りたいなら、海外の子どもたちに寄付をするという方法もあります。

海外支援の一環として、使わなくなったランドセルを集めて途上国に送っている団体がいくつかあります。そこにランドセルを預けることで海外の子どもたちにランドセルを寄付することができます。

日本製のランドセルは頑丈で見た目も美しいので、多くの国に贈られ、子どもたちが喜んで使ってくれているそうです。

団体によって寄付の手順が異なったり、支援品として贈ることができるランドセルの状態の基準に差があったりしますので、比較して自分に合った団体を選ぶことが大切です。

また、海外へ輸送するための費用が掛かる場合が多く、2000円程度の経費が掛かることも覚えておきましょう。文房具やオモチャなどをランドセルと一緒に贈ることができる団体もあります。子どもと一緒に贈り先を選びながら、世界のことを学ぶ機会にするのもいいですね。

ランドセルの処分の方法はさまざま。ゴミとして捨てるだけではなく、新しいものに変えたり、新しい人の元へ送ったりもできます。自分に一番合った方法を選んで気持ちよく処分しましょう。