ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【プリーツスカートのアイロン】スチームを利用して簡単に!
出典 : AnirutKhattirat /Shutterstock.com

【プリーツスカートのアイロン】スチームを利用して簡単に!

普段のおしゃれ着はもちろん子どもや会社の制服などでもおなじみのプリーツスカート。女性らしいシルエットで可愛いのですが、面倒なのがアイロンがけ。どうすればうまくアイロンをかけられるのか、お手入れの方法について紹介していきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

プリーツスカートの種類はおもに、3つ

プリーツスカートの種類はおもに、3つ

DenisProduction.com/ Shutterstock.com

プリーツスカートとは、布地や生地にひだや折り目が付いたスカートのことをいいます。プリーツをつける理由は、装飾のためや、運動量を持たせるために用いられます。

プリーツにはさまざまな種類がありますが、代表的な3つの種類について見てみましょう。

アコーディオンプリーツ

アコーディオンプリーツ

Everyonephoto Studio/ Shutterstock.com

蛇腹型のプリーツで、楽器のアコーディオンのようなかたちをしているものをアコーディオンプリーツと呼びます。

プリーツの幅が広いとアンブレラプリーツ、狭いものはクリスタルプリーツと呼ぶなど、さらに種類は分類されます。

ボックスプリーツ

ボックスプリーツ

DenisProduction.com/ Shutterstock.com

広げると箱状になっているプリーツをボックスプリーツと呼びます。別名を箱ひだ又は両ひだ、とも呼ばれています。

布地の表側のひだ山が左右に外側におられており、裏側は折り目が突合せになっています。

ワンウェイプリーツ

ワンウェイプリーツ

Magdalena Wielobob/ Shutterstock.com

ひだの折り目が一方方向にのみ折られているプリーツのことをワンウェイプリーツと呼びます。別名には車ひだ、追いかけひだ、サイドプリーツなどの呼び方があります。

制服に多いボックスプリーツにピシッとアイロンがけするコツ

制服に多いボックスプリーツにピシッとアイロンがけするコツ

Lolostock/ Shutterstock.com

プリーツスカートのアイロンがけのコツは、シワを伸ばす時は「ハンガーに吊るす」、折り目を付けたい時は「ひだをクリップで留める」ことです。

シワを伸ばす時には、スカートをハンガーに吊るした状態でアイロンのスチームを当てるだけ。あとは、そのまま干して乾かせば、スカート自体の重みで綺麗にシワが取れます。裾を引っ張りながらスチームを当てると、さらに綺麗にシワを伸ばすことができますよ。

折り目をつける時は、ひだをクリップで留めてからあて布をしてアイロンをかけましょう。スカートの素材によってアイロンの設定温度が違いますので、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。

シワを取るだけなら、スチームで充分

シワを取るだけなら、スチームで充分

Africa Studio/ Shutterstock.com

プリーツスカートのシワを取りたい時は、アイロンのスチームを使うだけで十分です。

スカートのシワを取るのだから、しっかり伸ばしてアイロンがけをしたいと考える方も多いでしょう。しかし、みやみに熱を加えすぎるとプリーツが崩れたり、生地がテカってしまったりするなど、取り返しのつかないことにもなり得ます。

蒸気を加えると線維が膨らむ、という性質を利用すればスチームだけでも充分シワをとることができますよ。

プリーツを復元させるなら専用スプレーも

プリーツを復元させるなら専用スプレーも

PK.Phuket studio/ Shutterstock.com

ひだの折り目をしっかり付けたい時は、プリーツを復活させる専用スプレーを使ってみるのもいいでしょう。

プリーツの折り目をアイロンでしっかり付けたつもりでも、崩れてしまうことがあります。クリーニングに出すと綺麗な折り目がついて戻ってきますが、そのたびに費用もかさんでしまいます。

そこで便利なのが折り目加工剤。スプレータイプのものが一般的で、折り目をつけたい部分に吹き付けてアイロンをかければ、見事にプリーツが復活します。

コツはしっかりとプレスすること。自宅でカンタンにプリーツ加工ができるので試してみてはいかがでしょうか。

ひだがたくさんあるプリーツスカートのアイロンかけに躊躇する人も多いでしょうが、それほど難しいものではありません。コツと手順さえ押さえて可愛らしいシルエットを保ちましょう。