ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
初めてのひとり暮らし。部屋の掃除頻度ってどのくらい?
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

初めてのひとり暮らし。部屋の掃除頻度ってどのくらい?

部屋はいつもキレイなのが理想的ですが、なかなかそうもいかないのが現実です。そこで気になるのは掃除の頻度。面倒に感じてしまう掃除をどのくらいやればキレイがキープできるのでしょうか。

  • 渡邊公子

ひとりでも部屋掃除は必要

ひとりでも部屋掃除は必要

Voyagerix/ Shutterstock.com

一人暮らしだから、少しぐらい汚くたって・・・、と自分に言い聞かせても、ゴチャゴチャと散らかった部屋は居心地が悪いもの。心地よく暮らすためには、一人暮らしでも部屋は清潔に保ちたいものです。

掃除の頻度の目安は1週間に1回ですが、汚れを溜め込んでしまえばそれだけ掃除もたいへんになります。1週間に1度の掃除を短時間にすませるためにも、トイレやテーブルの上、コンロ周辺など汚れやすい場所は毎日サッと掃除をしておくと、後が楽ちんです。

●掃除しやすい環境づくり

掃除道具はすぐに使えるようにセットしておきます。100均の小さなカゴに掃除道具を入れて部屋の隅に置いておきましょう。
サッと掃除を1日1回習慣にすれば、基本は1週間に1度の掃除でキレイがキープできます。毎日するちょっとした掃除はとてもカンタンなことだけです。せっかくの休みを掃除だけで終わらせないためにも、毎日のちょこっと掃除を心がけましょう。

それでは空間ごとに掃除の頻度とどんな掃除が必要なのかを見ていきましょう。

トイレ掃除の頻度はどれくらい?

トイレ掃除の頻度はどれくらい?

Serhii Krot/ Shutterstock.com

1日1回、便器をブラシでサッと擦り、トイレ用掃除シートで便座を拭きます。

トイレ全体の掃除は1週間に1回、便座の裏の汚れを落として、床をクロスで拭くだけで済みます。

【必要な掃除道具】
・洗剤
・クロス(水拭き用、から拭き用)
・トイレブラシ
・掃除シート

浴室・洗面所掃除の頻度はどれくらい?

浴室・洗面所掃除の頻度はどれくらい?

Dmytro Zinkevych/ Shutterstock.com

1日1回、洗面所のタオルを替えましょう。髪の毛が散らばりやすいので、身支度後か寝る前にドライシートで洗面台と床をサッと拭き取ります。

浴室をシャワーや入浴で使った後は、体を拭いたタオルで、浴室全体の水分をサッと拭き取るか、吸水クロスまたはスクイジーを使って拭いてから換気扇を回します。

毎日使う洗面所と浴室は、放っておくとカビが生えてしまう場所です。1週間に1度洗面所のコップと洗面ボウルも洗いましょう。浴室は1週間に1度、シャンプーボトルや椅子、洗面器といったヌメリがつきやすいものをスポンジで洗っておきます。細かい部分は歯ブラシを。最後に床を洗い、髪の毛や石けんカスで詰まりやすい排水口のゴミも取っておきます。カビを見つけたらカビ取り用洗剤ですぐに取り去っておきます。

【必要な掃除道具】
・洗剤
・カビ取り用洗剤
・スポンジ
・歯ブラシ
・吸水クロスまたはスクイジー

玄関掃除の頻度はどれくらい?

玄関掃除の頻度はどれくらい?

smile photo/ Shutterstock.com

1日1回、靴をそろえましょう。翌日履かない靴は1日休ませて、湿気が飛んだら下駄箱へ。

汚れていないようで意外と汚れているのが玄関です。靴についた土やホコリ、風が強い日に舞い込んだ枯れた葉などが玄関の隅に追いやられていることが多いので、1週間に1度たたきを掃除します。ほうきではくか掃除機をかけていきます。汚れが目立つところはクロスで水拭き後、から拭きしましょう。

【必要な掃除道具】
・ほうきまたは掃除機
・クロス(水拭き用、から拭き用)

キッチン掃除の頻度はどれくらい?

キッチン掃除の頻度はどれくらい?

Africa Studio/ Shutterstock.com

1日1回、手拭きタオルの交換と排水口のゴミを取ります。コンロまわりも使用後必ず拭くようにします。

排水口や生ゴミ受けを放っておくと臭ってくるので、使ったら、その都度、ゴミは取っておきます。1週間に1度、まな板とふきんの漂白、五徳類を外して洗います。野菜のカスや調味料がこぼれていることが多い床も忘れずにクロスで拭き上げます。

【必要な掃除道具】
・洗剤
・スポンジ
・クロス(水拭き用、から拭き用)

リビング・ベッドルーム掃除の頻度はどれくらい?

リビング・ベッドルーム掃除の頻度はどれくらい?

Evok20/ Shutterstock.com

1日1回、天気がよければ朝起きたら窓を開けて換気をします。リビングテーブルは毎日出かける前と寝る前に片づけておきます。

換気をするだけでホコリの溜まり方も違ってきます。1週間に1度、シーツや枕カバーを交換し、フローリングならシートモップをかけ、じゅうたんなら粘着ローラーでホコリや髪の毛を取り除き、掃除機をかけます。テレビや本棚、ベッドヘッドや枕元の棚など、ホコリが付きやすい場所もドライシートかハンディモップでキレイにしましょう。


【必要な掃除道具】
・シートモップまたは粘着ローラー
・クロス(水拭き用、から拭き用)
・ハンディモップ

帰ってきた時に部屋が散らかっていると仕事の疲れも倍増します。すっきり片付いていると、ホッとするものです。毎日を心地よく過ごすためにも、1週間でルーティンを組んで掃除を習慣づけるといいですね。