ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
赤ちゃんがいるおうちの、フローリング安心お掃除術
出典 : Brian McEntire/Shutterstock.com

赤ちゃんがいるおうちの、フローリング安心お掃除術

赤ちゃんは何でも口に入れて、どこでも舐めてしまいます。そうやっていろんなことを学んでいるのです。だからこそ、リビングはいつもキレイにしておきたいのですが、どうやってお掃除をすればいいのでしょうか。

  • 渡邊公子

フローリングの掃除のしかた

フローリングの掃除のしかた

mathom/ Shutterstock.com

赤ちゃんは、成長とともに徐々に起きている時間が長くなり、一日の大半をリビングやダイニングで過ごすようになります。何でも口に入れたり、舐めたりして、さまざまなことを学んでいるわけですが、やはり衛生面が気になります。赤ちゃんから一番近い距離にある床も、舐めてもいいようにキレイにしておく必要があります。

しかし、フローリングをキレイに掃除していたとしても、継ぎ目にはホコリやダニが潜んでいます。
気管支ぜん息を引き起こす目に見えないチリ、カビ、フケなどを寄せつけない環境づくりをすることが大切です。

フローリングを掃除する場合、いきなり掃除機をかけてしまうと小さなゴミが舞い上がってしまうので、まずはペーパーモップをかけてホコリや髪の毛などを絡め取ります。その後、掃除機をかけて隅々まできれいにしていきましょう。継ぎ目はハケや歯ブラシなどを使って、ゴミをかき出してから、掃除機で吸い取るようにします。

フローリングのワックスがけ

フローリングのワックスがけ

Africa Studio/ Shutterstock.com

フローリングをキレイに長持ちさせるためには、定期的にワックスがけが必要ですが、掃除をしてワックスをかけて、乾かして・・・となるとそれ相応に時間がかかります。キレイにはしたいけれど、赤ちゃんがいるのにそもそもワックスをかけてもだいじょうぶなの?と心配する人も多いと思います。

じつは、ワックスにも種類がたくさんあって、すべての成分が天然由来という安心安全な床ワックスもあります。
店舗でいろいろ見比べて安心できるものを選ぶといいですね。

また、ワックスは面倒と思うなら、昔から伝わる身近なものでキレイにする方法もあります。

米ぬかでフローリングの掃除

米ぬかでフローリングの掃除

CPM PHOTO/ Shutterstock.com

「米ぬか」といっても、ピンとくる人は少ないかもしれません。昔と違って、白いお米がどこでも買えるので、ぬかがどんなものかわからない人も増えてきました。米ぬかは米を精製する時にできる米殻の事をいいます。

この米ぬかで床や柱を磨くという方法は、昔から民家などで行われてきた伝統的な掃除方法です。米ぬかを袋に入れて、水につけ、硬く絞ったもので磨くというやり方です。

米ぬかがない時は、お米のとぎ汁でも代用することができます。とぎ汁でクロスを固く絞ってから床を拭き、そのあとから拭きします。こうすることでベタつきも取れてさっぱりするし、木の自然なツヤも出るようになります。

みかんの皮でフローリングの掃除

みかんの皮でフローリングの掃除

Far700/ Shutterstock.com

みかんの皮を使った掃除法もあります。みかんをはじめとする柑橘類の皮には、リモネンという成分が含まれています。「オレンジオイル配合」とかかれている洗剤に入っているのはこのリモネンです。油性の汚れに強く、食べ終わった後、みかんの皮でキッチンの油汚れのお掃除もできます。

●みかんの皮の洗剤の作り方

1みかんの皮3、4個分を用意します。
2鍋に水300~400mlを入れて弱火で20分ほど煮ます。
3冷まして出来上がり。

この液体に重曹を加えたり、消毒用エタノールを加えればちょっとしたお掃除に使えます。しかし、フローリングは濃すぎるとワックスがはげてしまう可能性があるので、水で2倍に薄めてスプレーボトルに入れ、クロスにつけてから床を拭きます。ただし、白木に使うと変色する恐れがあるので注意を。拭く度にみかんの甘酸っぱい香りがするのでお掃除も楽しくなりますよ。

ミント水でフローリングの掃除

ミント水でフローリングの掃除

Antonova Ganna/ Shutterstock.com

フローリングの普段の掃除は、毎日から拭きをして、週に2回程度は水拭きします。水拭きのときにミント水を使用するのも、赤ちゃんがいるおうちにおすすめです。ミントには抗菌作用や消臭効果があります。ただ単に水拭きするよりもさっぱりしますし、シュッとスプレーするたびにさわやかなミントの臭いがして、掃除もはかどります。

●ミント水の作り方

1フレッシュミント約200gを300mlの水で煮出します。
2冷めたらこして、エタノールで2倍に薄めれば完成。エタノールと合わせて使うことで、抗菌効果も高まります。

赤ちゃんと楽しく過ごすためにも、フローリングはいつもキレイにしておきたいもの。上手にお掃除をして清潔に保ちましょう。