ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
【専門家監修】雨戸の掃除って必要?雨戸を外さずにキレイする掃除方法、日々のお手入れ
出典 : pixta_33000286_M

【専門家監修】雨戸の掃除って必要?雨戸を外さずにキレイする掃除方法、日々のお手入れ

雨戸を掃除したことない!という人も多いのではないでしょうか。ですが外から見える雨戸は、家の顔。キレイなほうがいいですよね。でもいちいち外して洗うのは面倒・・・。なんとか外さずに出来る掃除の仕方はないものでしょうか?

  • tama

雨戸の汚れは掃除すべき?

雨戸の汚れ

Wor Sang Jun/ Shutterstock.com

雨戸の掃除は業者に頼まないと出来ない気がしませんか?ですが、自力でも掃除は可能です。

雨戸の汚れ

雨戸の汚れ

そもそも雨戸って洗うの?と思った人もいるかもしれませんが、雨戸は雨風に晒されているので、砂やほこり、虫の死骸などの汚れが付着しています。

雨戸を閉めた手がざらざらして、黒くなったなんて経験はありませんか。

雨戸の内側も汚れている

雨戸の内側の汚れ

そして雨戸の内側にも、室内のほこりやゴミ、髪の毛等が付着しています。

それらが、サッシやレールに溜まっていませんか?放置しているとサビついたり、サッシにゴミが溜まり、開閉がスムーズにならなくなる事も・・・。1度きちんと掃除して、きれいにすることをおすすめします。

雨戸の掃除に必要な道具

必要な道具は?

Africa Studio/ Shutterstock.com

道具はわざわざ買いそろえる必要は、ほとんどありません。自宅にあるもので十分間に合います。もし改めて用意する場合でも、100均で揃うものばかりですので、探してみてください。

必要な道具

- 脚立・スポンジ
- ホース・バケツ
- 洗剤
- 雑巾

スポンジ

雨戸を外さずに掃除するのなら、手が届きさえすればいいので、脚立とスポンジがあればOKです。

ホース・バケツ

バケツ

ホースは水やり用のものがあると便利ですが、なければバケツに水を汲めばよいので購入する必要はありません。

洗剤

洗剤

洗剤は、リビング用のスプレータイプの洗剤があればそのまま使います。なければ中性洗剤をスプレーボトルに入れて用意してください。キッチン用の中性洗剤でも大丈夫です。どろっとした原液の場合、水で薄めてスプレー出来るようにしておきます。

この他に、水を入れたスプレーボトルも用意しましょう。

雑巾

雑巾はわざわざ買わなくてもいいので、捨てる古着のようなボロ布や使い古したタオルを用意しましょう。

同様に使い古した歯ブラシがあると便利です。このように普段使っているものや、不要になったものを使えば、後は捨てるだけで済みます。

雨戸の掃除手順

雨戸の掃除手順

Georgy Markov/ Shutterstock.com

道具が準備できたら、まずは、雨戸の内側を洗いましょう。

雨戸の内側の掃除

雨戸の内側の掃除

内側の汚れは、室内のほこりやゴミがほとんどです。

掃除機でゴミを吸い取り、雑巾で拭くだけで、充分キレイになります。

カビが付着している場合、中性洗剤を染み込ませた布で拭き取ります。他の部分に胞子が飛び散らないように、カビだけを拭き取るようにするのがポイント。

雨戸の外側の掃除

雨戸の外側の掃除

次に汚れのひどい、外側の掃除です。雑巾で拭き取るには、頑固で多すぎる汚れ・・・。

プロに頼むと、雨戸を外してホースの水をかけながら、汚れを浮かして掃除するそうです。この汚れを浮かせる方法を、雨戸を外さずに応用してみましょう。

①雨戸に洗剤を吹きかける

雨戸の掃除方法

中性洗剤を雨戸にまんべんなく吹きかけます。

雨戸全体に洗剤がスプレー出来たら、次は水を吹きかけます。部屋や窓枠に水が入らないように注意しながら、たっぷりと吹きかけます。

そのまま汚れを浮かせるために、10分程度放置してください。

②雑巾・スポンジで拭きとる

汚れが浮いてきたら水で濡らし、固く絞った雑巾で拭き取ります。頑固な汚れはスポンジでこすりましょう。

サッシやレールに溜まった細かいゴミや汚れは、歯ブラシでかき出します。

③乾拭き

最後に水で洗い流して、乾いた布で拭いて完了です。

サビ汚れはサンドペーパーで

もし、サビ汚れが付着して取れない場合は、目が細かいやすりで軽く擦りましょう。

出来るだけサビ部分のみを擦るようにするのがポイント。もし他の部分を擦り落としてしまったら、似たような色のアクリル塗料で塗るとよいでしょう。

雨戸掃除の注意点

Mark Key/ Shutterstock.com

水分はしっかり拭き取る

雨戸の掃除をする時に気をつけたほうがいいのは、掃除後のサッシやレールに溜まった水も拭き取ることです。

残ったままだと、ゴミが溜まりやすいばかりではなく、サビやカビの原因にも。しっかり水分を拭き取りましょう。

電動シャッタータイプは水に注意

電動シャッタータイプ

また、シャッタータイプの雨戸の場合、洗い流す際に注意が必要です。

電動シャッターでは、故障の原因になる可能性があるので、上部に付いているシャッターボックスには水をかけないようにしましょう。

雨戸の日々の手入れ

日々の手入れってどうするの?

FotoDuets/ Shutterstock.com

汚れがサビやカビのように、頑固にならないうちに拭き掃除をするのがおすすめ。

高いところでも手軽に拭けるモップや、柄の長いスポンジがあると便利です。

汚れやほこりを拭き取るだけでも、サビなどの頑固な汚れを防ぐ事が出来るので、試してみてください。

まとめ

雨戸は外から見えるので、キレイなほうが印象が良くなります。1度きちんと掃除してみてはいかがでしょう!