ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ベランダの苔(コケ)の場所別掃除方法。手ばやく掃除をするには熱湯を
出典 : Oleg Sai /Shutterstock.com

ベランダの苔(コケ)の場所別掃除方法。手ばやく掃除をするには熱湯を

ベランダの苔(コケ)の掃除ってどうすればいいの?簡単にできる場所別の掃除方法と便利な道具、その予防方法について詳しく見ていきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

ベランダに生えた苔(コケ)には、まず熱湯をかけてみよう

まずは、熱湯をかけてみる

1つめの方法は「熱湯をかけてみる」というやり方です。用意するものは熱湯とブラシのみです。

「えっ、これだけ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、コケは熱に弱いという特徴を持っているため、これだけでも十分に効果があります。

コケに上から熱湯をかけるだけ。それだけでコケの生命力がどんどん弱っていき、最後には枯れてしまうのでカンタンに取り除くことができます。

熱湯をかけたら冷めるまで待ち、ブラシを使ってこすりましょう。ただし、コケはしっかりと根を張っている場合が多いので、取り除けてもまた繁殖してしまうことがあります。この作業を3回ほど繰り返せば、コケの根まで除去することができます。

注意したいのは、ベランダの床の素材を事前に確認しておくことです。コンクリートだけなら問題はありませんが、床面に防水シートが張られている場合は、痛めてしまう可能性があります。

目立たないところで試してから掃除をするようにしましょう。もちろん、熱湯を使うので火傷にも要注意です。

お湯が使えない場合は、カビ取り用の洗剤を使いましょう

カビ取り洗剤を使用してみる

ER_09/ Shutterstock.com

熱が心配だったり、熱湯がかけられないところを掃除する場合は、カビ取り用の洗剤を使うのも有効です。
カビ取り洗剤(=塩素系漂白剤)は、コンクリートと同じアルカリ性を示す成分ですので、痛みを最小限にすることができるのがポイント。熱湯をかけた時と同様の効果があり、使いやすいと思います。

コケにカビ取り洗剤を吹きかけ数分放置した後、水をかけてすすぎブラシでこすってコケを取り除きます。最後に水ですすいだら完了です。

広範囲にわたって発生している場合は高圧洗浄機

しつこいコケには、高圧洗浄機や専用洗剤の使用も

JFs Pic S. Thielemann/ Shutterstock.com

コケが広範囲にわたって発生している場合や、頻繁に繁殖してしまう場合には、掃除専用の便利グッズを使用するという手もあります。とくに「高圧洗浄機」と「専用洗剤」がおすすめです。

高圧洗浄機は、その名のとおり高圧のジェット噴射の力で、コケを根こそぎ取り除くことができます。コケ以外にも外壁や車などさまざまなものの掃除に使うことができるので、家に1台あってもいいかもしれません。

また、コケを掃除するための専用洗剤が市販されています。熱湯やカビ取り洗剤と違う点は、「コケにスプレーするだけ」という商品が多いこと。スプレーをして次の日にはコケを除去するものや、再び繁殖しないような効果を発揮するものもあります。

より手軽に掃除したい場合は使ってみるといいかもしれませんね。

ベランダにコケが発生するのは見た目にも美しくないので、きれいにしておきたいですよね。家にあるものでもカンタンに掃除できますから、ぜひ実践してみてください。

そもそもどうして苔(コケ)は生えるの? 予防方法を知っておこう

どうしてコンクリートなのにコケが生えるの?

singh_lens/ Shutterstock.com

そもそも、コンクリートのような硬くて丈夫なものに、どうしてコケが生えるのでしょうか。

コケは通常胞子として空中を浮遊しており、それがどこかに付着して繁殖を始めます。コケが繁殖する条件は「水」と「ある程度の日当たり」です。

コンクリートは乾いているように見えても、完全に乾燥しているということはほとんどありません。また、どうしても日当たりや風通しが良くない場所というのがあります。
そこへコケの胞子が付着することで、コンクリートに含まれるわずかな水分を頼りに繁殖が始まるため、コケが生えてしまうのです。
また、外壁材として使われるモルタルやリシンなども水や汚れが残りやすいため、コケが繁殖しやすいといわれています。

それでは、コケが生えてしまった場合の掃除方法について見ていきましょう。意外とカンタンにコケを撃退することができますよ。