ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
気付けばホコリまみれの本棚。きれいに掃除してすっきり使うコツ
出典 : Media Whalestock/Shutterstock.com

気付けばホコリまみれの本棚。きれいに掃除してすっきり使うコツ

書斎の本棚にたくさんの本が並んでいるのは素敵ですが、掃除をしないとホコリまみれになってしまうこともしばしば。しっかり掃除をして、本棚をすっきり使うための掃除法や、ホコリ・カビの予防法について見ていきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

本棚のホコリは意外にコワい

本棚のホコリは意外にコワい

Boris Stroujko/ Shutterstock.com

本棚に並んだ本は、一度収納すると次に取り出すということがなかなかないため、ホコリが溜まりやすい環境にあるいえます。
気付いたらホコリやチリが溜まっている本棚の掃除。年に一度大掃除のときでいいや、と考える方も多いでしょうが、ちょっと待ってください。

衣類からの繊維や人間の皮脂、髪の毛、食べこぼし、ペットの毛やフケからできているホコリは、それ自体が不衛生なものですが、放置しておくと細菌やカビの温床になる可能性もあります。

生ものではないし水分もないので、ホコリが積もっていてもそんなに不潔と感じないのかもしれませんが、油断は禁物です。アレルギーや喘息などの病気や体調不良の原因になってしまうことも考えられます。

とにかく徹底的に掃除、そして除菌

溜まっているホコリを取り除く

溜まっているホコリを取り除く

Elnur/ Shutterstock.com

本棚は、徹底的に掃除をすること、そして除菌をすることが肝心。その手順について見ていきましょう。

本棚を掃除するために、まずは本棚を空にするところから始めましょう。

空になった本棚に掃除機やシートを使って、ホコリを取り除きます。天板だけでなく、上側や裏側もしっかりホコリを取り除きましょう。

本に付いているホコリを取り除く

本に付いているホコリを取り除く

Quality Stock Arts / Shutterstock.com

本棚のホコリを取り除いたら、次は本そのものについてホコリを取り除いていきましょう。
本自体は紙でできているので、強く拭いてしまうと本が傷んでしまいますので、やわらかい布やハンディモップなどを使って丁寧にホコリを取りましょう。軍手をはめて本をなでてもホコリが取り除けます。

本棚の拭き掃除にひと工夫を

本棚の拭き掃除にひと工夫を

Shevs/ Shutterstock.com

空になった本棚を水拭きしますが、その時に洗濯用の柔軟剤を使用してみましょう。
柔軟剤には静電気を防止する効果があり、それを利用することで本棚にホコリやチリが付くのを防ぐことができます。
柔軟剤を水と1:5程度に薄めた液体を作り、雑巾などを絞って拭き掃除をしていきます。

消毒用エタノールで除菌をする

消毒用エタノールで除菌をする

Elnur/ Shutterstock.com

次に消毒用エタノールを使って、カビの掃除を行います。

拭き掃除をしても汚れが残っている場合、それはカビである可能性が高いです。本棚は湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいので、しっかりと取り除きましょう。
ティッシュやキッチンペーパーを使って、カビを除去したい部分にエタノールでパックをしていきます。カビにエタノールが浸透したら雑巾などで拭き取ってください。

拭き掃除の後に本棚を十分に乾燥させることも重要。水気が残ったまま本を収納してしまうと、カビが再び発生してしまうので念入りに。

本の虫干しもカビ予防に効果的

本の虫干しもカビ予防に効果的

Galyna Motizova/Shutterstock.com

本棚だけではなく、本を「虫干し」することでカビや虫が付くのを防止することができます。

じつは、本には、カビだけではなく虫が住み着いてしまうことがあるのです。シミ、チャタテムシ、シバンムシなどの虫が本に住みつきやすく、紙を食べてしまうので厄介です。そこで効果的なのが「虫干し」です。

「虫干し」とは、その名のとおり、本を日に干すことで虫などを殺してしまうことです。空気が乾燥した晴天が2日以上続いたタイミングで、2~3時間程度本を干すのが効果的といわれています。
日光にさらしてしまうと、日焼けしてしまい本が変色することがあるので、風通しのいい日陰に干すことがポイントです。

カビや虫を寄せ付けない収納術

カビや虫を寄せ付けない収納術

urfin/Shutterstock.com

掃除をした後にカビや虫を寄せ付けないようにするためには、本を詰め込み過ぎないことが大切です。

本が密集することで湿気が溜まりやすくなり、カビや虫が発生しやすくなってしまうからです。本を収納する時はある程度の余裕を持って本棚に並べるのが効果的です。

湿気を溜めにくくするためには、本棚自体を木製からステンレスのラックに変えたり、本棚の裏側に空間を作って風が通るようにしたりするのもいいでしょう。

本棚の掃除はなかなか手を付けにくいですが、作業自体はとてもカンタンです。ホコリの温床になってしまわないように、こまめに掃除することをおすすめします。