ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
デスクまわりがカオス!? デキる人は掃除も整理術もスゴイ
出典 : Halfpoint/Shutterstock.com

デスクまわりがカオス!? デキる人は掃除も整理術もスゴイ

仕事場のデスクは、ついつい色々なものが散らかってしまいがちですよね。デスクまわりをきれいに掃除し整頓することで、作業効率もアップします。会社で「デキる人」になるためにデスクの掃除と整頓について見ていきましょう。

  • 創文舎 hiderio888

まずはデスクをきれいに掃除

まずはデスクをきれいに掃除

Monika Wisniewska/Shutterstock.com

まず、不要なものを捨て、デスクをきれいに掃除することから始めましょう。デスクはほこりや手垢、筆記具の跡など、意外に汚れやすい環境です。デスクが窓際であれば、粉塵や花粉などにもさらされ、パソコンの陰など普段あまり触らない場所がザラついていることもあります。

デスクの汚れはホコリと油汚れがほとんどです。ハンディモップなどでホコリを取り除き、雑巾やウェットティッシュなどで拭けば、ある程度簡単にキレイになります。

こまめに、そして手間をかけずに掃除できるように、引き出しや手の届く範囲に掃除グッズを置いておきましょう。ウェットティッシュやホコリを取るためのブラシが近くにあるだけで、グッと掃除を始めやすくなります。

また、掃除をしやすい机にしておくことも大切です。コード類をまとめておいたり、机に散らかっているペンなどの文房具を引き出しにしまうだけで、掃除の手間を減らすことができます。一日の終わりには必ずデスクを拭く習慣を付けると、自ずと筆記用具や書類は所定の位置に片づけられることになります。

あとは、汚れたものや不要になったものをすぐに捨てられるよう、デスクの下にゴミ箱を設置しましょう。

手間をかけないこと、掃除をしやすいデスクにすること。この2つを心がけるだけでも、きれいなデスクを保ちやすくなるので試してみてください。

デスクを整理するメリット

デスクを整理するメリット

BONNINSTUDIO/Shutterstock.com

デスクの掃除が終われば、次は整理です。デスクを整理するとさまざまなメリットがあります。デスクで忙しく仕事をしている人にとっては、効率や心の状態に関わる大切なことばかりなので、ぜひ実践してみてください。

時間を節約することができる

必要なものが必要な時にスムーズに準備できれば、探す時間を節約することができます。
デスクの上が散らかっていると、書類や文房具など必要なものを探すのに無駄な時間がかかってしまいます。
人生の中で、どのくらいの時間を探し物費やしているだろう、と考えるとちょっと嫌になってしまいますね。
デスクを整理していれば、時間も節約でき、ストレスにもなりません。

集中力が上がる

デスクを整理しておくことで、集中力がアップします。

終わった案件の書類、用済みのメモ書き、貼ったままにしている付箋、もう会わないと思える人の名刺、使い道のないノベルティグッズ、ドリンクに付いてきたおまけ、いつかの宴会で撮った写真。
こんなものがデスクに散らばっていませんか? デスクが散らかっていると、どうしても集中力は途切れやすくなってしまいますし、何よりやる気がそがれます。 整理上手な人は捨て上手でもあります。不要なものはすぐに捨てる習慣をつけましょう。

余計なものが目に入らないデスクなら、取り掛かっている作業に集中できますね。

置き場所を決めて、机を物置き場にしない

置き場所を決めて、机を物置き場にしない

Twin Design/Shutterstock.com

机は「物置き場」ではなく、「作業するためのスペース」です。あくまで主役は作業、机上の物は作業に必要だからそこにあるのです。机には必要最小限のものだけを置きます。毎日使用するもの以外は、絶対に机上に置かないというルールを作り守りましょう。

また、仕事に必要な物には、「置き場所を決める」ということが大切です。すべての物に決まった場所を与えるのがコツです。例えば、コーヒーカップは、コースターを用意して、そこ以外には置かないようにします。ハサミやペンも使用後すぐに専用のトレイやペン立てに戻しましょう。

同規格のファイルやボックスでスッキリ収納

同規格のファイルやボックスでスッキリ収納

Marie C Fields/Shutterstock.com

書類など整理する時は、同じ規格のファイルやボックスを使えば、スッキリと収納することができます。サイズがバラバラ、規格がバラバラだと、見た目が美しくないばかりか、大きな書類袋の陰に小さなファイルが隠れていたり、ラベルが見づらかったり、仕事の効率が悪くなります。

同じ規格のものを使うと整理もしやすくなりますね。ひと目で探せるようにラベルを張って分類さえしておけば、見た目も気持ちよく、まとめて収納することができます。
ファイルやボックスは同一メーカーの定番品で揃えることをおすすめします。定番であれば、後々買い足してもちぐはぐになりません。

デスクラックや百均ショップの便利グッズを活用

デスクラックや百均ショップの便利グッズを活用

Photographee.eu/Shutterstock.com

デスクラックや百均ショップのグッズを使って、デスクをカスタマイズするのも有効な整理術といえます。

デスクトップタイプのパソコンの場合、モニターをラックの上に置くようにすれば、キーボードやマウスをその下に収納することができます。事務用品メーカーやホームセンターで販売されていますが、百均ショップのグッズで簡易台を作ることもできます。

デスクの引き出しの中の間仕切りも百均ショップのグッズが大活躍。しかし、注意が必要なのが、あまり細かく区切らないことです。規格外のものが入らなくて、やがてゴチャゴチャになんていうことのないように、適度にゆとりを持たせ、今後増えるもののことも考えて3割程度はスペースを空けておきましょう。

収納グッズは便利ですが、一通り片づけて必要なものだけ買うようにします。あれもこれもと買い過ぎて、結局不要になるということが意外に多いものです。本当に必要なものだけ、サイズを測って買うようにします。

デスクの掃除や整理をするだけで、気持ちよく集中して作業に取り掛かることができます。デスクをできるだけきれいな状態に保つには、一日の仕事終わりに一度すべてのものをクリアにして、決して出しっぱなしにしないことです。