ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
意外と知らない押入れの掃除方法。カビの取り方や予防方法も紹介!

意外と知らない押入れの掃除方法。カビの取り方や予防方法も紹介!

押入れは時間が無いとなかなか掃除しようという気持ちになりません。放置し続けると、整理できずに散らかるだけでなく、カビやほこり、悪臭の巣窟に・・・。すぐに出来る、掃除方法はあるのでしょうか?

  • tama

押入れの掃除用具

押入れの掃除用具

忙しくて、つい見ないふりしていた押入れ・・・。気が付くと何だか嫌な臭いがするようになってきたなんていうことも・・・。もしかしたらそれ、カビかもしれません!面倒な押入れ掃除ですが、しまっている大事なものがカビや湿気で傷んでしまう前に対策を立てましょう。

押入れを掃除する時に、必要な道具はアルコールスプレー、雑巾やボロ布、掃除機です。これだけ?と拍子抜けしてしまうのでは?アルコールスプレーは市販されているものでも、自宅に消毒用エタノールがあればそれでもオーケーです。

カビがひどい場合、キッチンの漂白剤を使うのも効果的。お風呂用のカビ洗剤は強過ぎるので、押入れには不向きです。押入れは塗装されている木材を使っていることが多いので、強い漂白剤は木地を傷めてしまう可能性があるので注意しましょう。

押入れに発生したカビの撃退法と掃除の手順

押入れに発生したカビの撃退法と掃除の手順

JKDECODE/Shutterstock.com

まず、押入れのものを全部出しましょう。大きなものを出すと、奥に溜まったほこりや髪の毛、ゴミなどが目に入ります。これらを掃除機で吸い取り、床だけではなく、天井や壁にもしっかり掃除機をかけましょう。

次に、アルコールを布に含ませて、カビの部分を拭き取ります。胞子が舞ってしまわないように、そっと拭き取りきます。摘み取るようなイメージでそっと除去したら、そのまま布ごと捨ててください。次に雑巾に再びアルコールを染み込ませて、押入れ全体を拭きます。全体をアルコールで拭くことで、カビの予防になります。

漂白剤を使う場合は、手袋や眼鏡、マスクなどを着用してください。漂白剤を使うほど頑固なカビの場合、ベーパーに染み込ませて、カビの部分に貼り付けて、少し放置します。使用している間は、部屋の換気も忘れずにしましょう。

押入れをしっかり拭いたら、扉を全開にして換気します。水分が残っていると、再びカビの原因になります。しっかり乾燥させるために、数時間は換気しましょう。扇風機で風を送るのも有効です。乾燥させたら、荷物を戻す前に、カビが付着していないかをチェックしてください。もし付着していたら、ケース類は拭き取り、布類は洗濯をしてから戻しましょう。

掃除前に出した物を押入れにしまう前にひと工夫!

掃除前に出した物を押入れにしまう前にひと工夫!

荷物を戻す前に、再びカビを発生させないようにひと工夫をしましょう。

押入れには、ものをぎゅうぎゅうに詰め込まないようにします。詰め過ぎると、隙間が無くなり空気の循環が出来ず、湿気が逃げないので、カビやすくなってしまいます。これを機会に、使っていないものを処分しましょう。ものは7割までにしておくと、取り出しやすくなり、押入れを活用できます。

またしまう前に、押入れの底や側面にすのこを敷くのもおすすめです。壁との隙間が出来るので、通気性が良くなります。また、一緒に除湿剤や除湿シート、防カビ剤を置いておくのも、カビ予防になります。

お掃除した押入れをキレイに保つために

お掃除した押入れをキレイに保つために

押入れのカビを予防するには、とにかく湿気を除去すること。出来るだけ換気をして、湿気を溜めないようにしましょう。また、布団を収納するのであれば、使用してない布団でも湿気を含んでいるので、たまに太陽に当てて干してください。

押入れの掃除は、年に数回程度でオーケーなので、衣替えの時に一緒にすると、何度も出し入れする手間がかかりません。そのついでに、不要なものを見直せば、片付けることも出来るので一石二鳥。

シーズンが終わった洋服をしまう時には、きちんと洗濯や乾燥がされているか、食べこぼしやシミなどの汚れがそのままになっていないかを確認しましょう。汚れたまましまい込むと、カビの原因になり、一緒にしまった別の衣類を傷めてしまう可能性があります。

カビやすい押入れは1度徹底掃除を。そうすれば、不用品も片付きますし、カビの臭いともお別れ出来ますよ!