ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
電気ケトル(電気ポット)の掃除はどうやるの?いつやればいい?
出典 : DD Images/Shutterstock.com

電気ケトル(電気ポット)の掃除はどうやるの?いつやればいい?

つい使いっ放しになりがちな電気ケトル(電気ポット)。改めてよく見てみると、なにやら白や茶色っぽい汚れのようなものが。口に入れるものだから、溜まった汚れはきちんと掃除して撃退しましょう!

  • tama

電気ケトル(電気ポット)の掃除が必要なタイミング

掃除したほうがいいの?

Losonsky/Shutterstock.com

白い斑点が付着している場合

お湯を沸かすだけの電気ポット。煮沸しているし、汚れるわけがないと思っていませんか? それならポットの中を覗いてみましょう。白っぽい斑点や茶色いシミが付着しているかもしれません。

この汚れは、水道水に含まれているカリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が結晶化して、こびりついたものです。このミネラルの含有量は、住んでいる地域によっても違うので、付着量は家庭によってさまざま。

すぐ汚れるという地域に住んでいる人は、ミネラルが多くおいしい水道水を飲んでいるということになります。お湯の出が悪くなったな、という場合はこのミネラル成分が内部に付着している可能性があります。

茶色いシミが付着している場合

また、茶色いシミのようなものが付着していたら、水道水に含まれている不純物が熱で茶色く変色し、こびりついたものです。この茶色の不純物も少しであれば心配いりませんが、赤や黒っぽく濃い色になってきたら、注意が必要です。中のコーティングやステンレスに傷がついて、サビが発生している可能性があります。傷がついてしまっている場合、修復は難しいので買い替えの時期と思い、あきらめましょう。

緑色の汚れが付着している場合

まれに緑色の汚れが付着している場合があります。これもサビですが、銅に付着する種類のサビで、人には無害のもの。ですが、見た目にも衛生的にも気持ちいいものではありません。しっかり落としましょう。

外側に手あかが付着している場合

さらに、外側には手垢もたくさん付着しています。また、キッチンに置いておくと、油汚れが飛び、その上にほこりが付着することも。持ち手がべたつくと気持ちが悪いので、外側もしっかり掃除しましょう。

電気ケトル(電気ポット)を掃除する方法。水垢の洗浄にはクエン酸を活用しよう

電気ポットの汚れにはコレ

Gayvoronskaya_Yana/Shutterstock.com

必要な道具

電気ポットをきれいにするのに、特殊な用具は必用ありません。ホームセンターや100均、ドラッグストアで用意できるものばかりです。

・スポンジ
・つまようじ
・布
・クエン酸または酢
・重曹

これだけで、電気ポットの中も外も掃除することが可能。口に入れる水を扱うので、洗剤には、体内に入っても無害なクエン酸や酢、重曹を使いましょう。

電気ポットを掃除する際に注意したいのは、金属製のタワシやスポンジを使用しないこと。サビを防止するためのコーティングがはがれてしまい、カビやサビの原因になるからです。傷のつかないやわらかいスポンジを使用しましょう。同様に布もやわらかいものを使用してください。

手順

お手入れ手順

用具の準備ができたら、掃除開始です。手順は次のとおり。

①電気ポット満タンに水を注ぎ、大さじ1のクエン酸を入れます。酢を使う場合は大さじ2を入れてください。
②沸騰させてそのまま2時間放置しましょう。
③パイプや注ぎ口も洗浄するために、お湯を捨てる時は湯口から出し切ります。
④内部に傷をつけないように、やわらかいスポンジで擦り洗いましょう。
⑤数回水を通して、クエン酸を洗い流します。
⑥乾燥させたら完了です。


これで内部はピカピカになります。

注意点

クエン酸や酢のにおいが内部に残る場合があるので、水を通す際、しっかり洗浄してください。もしにおいがついてしまったとしても、何度かお湯を沸かしているうちに薄れていくので心配する必要はありません。気にせずに使いましょう。

意外と忘れがちな電気ケトル(電気ポット)の外側

意外と忘れがちな電気ケトル(電気ポット)の外側

中がピカピカになったら、外側も忘れずに掃除しましょう。手垢などの皮脂汚れには、重曹を使って掃除します。皮脂汚れは酸性の性質ですから、重曹のアルカリ性できれいにすることができるのです。

傷がつく恐れがあるので直接重曹をつけず、水で溶かした重曹水を使用しましょう。布に重曹水を染み込ませて、電気ポットの持ち手や本体を磨きます。細かい継ぎ目の溝などは、つまようじを使って汚れを掻きだすように、掃除しましょう。

全体をくまなく磨きあげたら、水で濡らして固く絞った布で拭きあげます。最後に乾拭きをしたら完了。意外とカンタンにきれいになるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

きれいなお湯でいれるコーヒーやお茶は、とくに、おいしく感じるものです。2、3か月に1度はお手入れをして、ピカピカの電気ポットを維持しましょう。