ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
ごちゃごちゃキッチンを断捨離。整理整頓でやる気をアゲる方法は!?
出典 : Krista Abel/Shutterstock.com

ごちゃごちゃキッチンを断捨離。整理整頓でやる気をアゲる方法は!?

忙しい毎日で、料理がおろそかに・・・。キッチンに収納してあるものがわからないと、料理のやる気も失せます。思い切って断捨離することで整理整頓し、活力を取り戻しましょう!

  • tama

片付けられないキッチンのわけ

片付けられないキッチンのわけ

Kim Christensen/Shutterstock.com

キッチンは細かい調理用品や、食器、調味料、食品がたくさんあり、ごちゃつきやすいので、何がどこにあるかわからなくなりがち。キッチンがごちゃごちゃする原因に次のようなことがあげられます。

・未開封の食品の中に、開封済みのものがある。
・スーパーの袋や、賞味期限の切れた調味料、空きビンがある。
・キッチン用品以外のものが置かれている。
・用途が同じ調理用具がいくつもある。
・統一感のない用品が多い。
・物を置きすぎていて、掃除が困難。

思い当たる項目があれば、要注意。このまま放置していると、どんどん魔窟になる可能性があります。片付けが苦手でも、掃除しやすい環境であれば、やる気がでてくるので、思い切って整理しましょう。

整理の前にまず断捨離

キッチンの整理の前に、不要なものを見直しましょう。使いかけのまま、賞味期限が切れている調味料や食品はありませんか。いつ開封したか不明の乾麺や、べたべたになった調味料の空きビンはありませんか。これらをまず処分しましょう。いつか使う、まだ食べられるかもしれないものは、もう使うことも食べることもありません。食品ですから、カビやダニが発生している可能性もあります。

また、用途が同じ調理用具をたくさん持っていませんか。可愛いから、あるのを忘れていたから、安かったからの理由で増えてしまい、使うのは決まったものばかりに。同じものをいくつも持っていても、使いきれません。今使っていないものは思い切って処分しましょう。

また、もったいないからと、コーティングがはげたフライパンやフチが欠けた食器をため込んでいませんか?持っていても使えないものは、スペースのほうがもったいないので処分しましょう。

上手な捨て方

上手な捨て方

Monkey Business Images/Shutterstock.com

モノを減らす時の目安は、3分の1を処分すると考えるとスムーズになります。食器は家族の人数分まで、同じようなピ-ラ-が3つあれば一番使わないやつを1つ処分する。あれもこれも捨てると思えば、もったいないと感じてしまうので、使わないもの、使いにくいものを処分しましょう。少ないと感じるくらいの量を残すことで、スッキリとした状態が保てます。

整理整頓のコツ

整理整頓のコツ

Margoe Edwards/Shutterstock.com

不要なものを処分したら、次はいよいよ整理整頓をしましょう。整理する時には、いくつかコツがあります。

①取り出しやすいか
しまう時のコツは、取り出しやすいか。いくつも重ねて収納していると、使う時にいちいちどかさなくてはなりません。開ける、出す、の2アクションで取り出せるのが理想です。そのためには、収納の底が見える状態での収納にしましょう。70~80%までに留めておきます。

②単体で置く
カセットコンロや土鍋のように、毎回使わないものは、箱から出して単体で置くようにしましょう。箱に入れっぱなしにしていると、何が入っているかわからなくなりますし、使う際いちいち箱から出さなくてはなりません。面倒だから使わないものにならないように、スペースがあっても単体で収納しましょう。

③使用目的・頻度で分類する
食器類は、つい色や形で揃えて置きたくなりますが、使用目的や頻度で分けるほうが使いやすくなります。毎日使うものは取り出しやすい場所に置くようにしましょう。来客用や、たまにしか使わない食器を分けることで、使うものを把握できるようになります。

④ごちゃつくものはボックス分け
お弁当用品や、製菓用品のように、小さなものがたくさんある場合は、100均などのボックスを使って整理しましょう。調味料の小瓶も同様です。使用する時は、ボックスごと出して片付けられるので、手間がかかりません。ボックスの色や形を統一させることで、見た目にもスッキリして見えます。

⑤キッチン用品以外のものは置かない
シンク回りのスペースには、極力ものを置かないようにしましょう。スペースがあると、とりあえず、で何でも置きたくなりますが、これがごちゃつきの原因に。キッチン以外のものは置かずに、キッチン用品も使用したら仕舞う場所を決めておくようにしてください。

キッチンが片付くと時間も増える

不要なものが置いていないキッチンは、掃除がしやすいのできれいな状態をキープしやすくなるでしょう。収納スペースに空きがあれば、キッチンのシンクにものを置かずに済みます。サビや水垢もつきにくくなるので、手間がかかりません。結果、掃除に取られていた時間や、調味料や用具が見当たらないと探していた無駄な時間がなくなります。片付かなくて、イライラすることもありません。

キッチンが片付くと、結果使える時間も増えます。そのぶん、他の掃除や、やろうと思っていることに時間を使えるようになります。キッチンを整理整頓して、スッキリした毎日を過ごしましょう!