ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
節約にもつながる冷蔵庫整理。見た目にも美しい収納方法を考察する
出典 : Pro3DArtt/Shutterstock.com

節約にもつながる冷蔵庫整理。見た目にも美しい収納方法を考察する

「気づいたら食材が傷んでいた」「ストックしておいた食品の賞味期限が切れていた」など、冷蔵庫にまつわる失敗はいろいろあります。でも、大丈夫! 収納してあるものを整理整頓すれば、ムダのない暮らしが手に入ります。

  • 創文舎 arisa_125

わが家の冷蔵庫の中身は? 整理整頓は、実情を把握してから

わが家の冷蔵庫の中身は? 整理整頓は、実情を把握してから

Africa Studio/ Shutterstock.com

買い物は休みの日にまとめ買いという人も多いと思いますが、大量に買った食材をただやみくもに冷蔵庫にしまっては、どこに何があるかわからなくなってしまいます。

せっかく買った特売品も、見つけた時には賞味期限切れなんてこともめずらしくありません。節約のつもりで買ったのに、ムダになってしまっては本末転倒です。

そのうえ、冷蔵庫にモノをつめ込み過ぎると、冷気の循環が悪くなって冷えにくくなるため、電気代が余計にかかってしまうのも困りもの。入れたものが見つからなくて、警告音が鳴るまで冷蔵庫の扉が開きっぱなしという事態も、電力の浪費につながる1つの要因です。

そうならないためにも、ここはひとつ、冷蔵庫の整理整頓に取り組んでみてはいかがですか? 開封済みのチューブわさびが3つも4つも出てきたり、からからに干からびた佃煮が見つかったりと、冷蔵庫の実情を知るいい機会にもなりそうです。

冷蔵庫を整理すれば、料理の能率もアップ!

冷蔵庫がすっきりすれば、気持ちがいいだけでなく、使いたいものがすぐに取り出せて、料理の能率も上がります。そうなると、時間にも余裕が生まれ、いつもと違った料理にチャレンジしたくなるかもしれません。

冷蔵庫を整理すれば、料理の能率もアップ!

BravissimoS/ Shutterstock.com

整理&収納計画を立てる

家庭用冷蔵庫は、上が冷蔵室、真ん中が冷凍室、下が野菜室というのが一般的なパターンです。中でももっともスペースの広い冷蔵室は、何をどこに置くかしっかり決めてからしまいましょう。たとえば、よく使うものや賞味期限の短いものは、目の高さの位置にある中段か下段、賞味期限の長いものは上段に置くようにすると、使いやすさも格段にアップします。なお、冷蔵庫は収納量の7割くらいを目安にしまうと、奥の方まで目が届くうえ、電気代の節約にもなります。

それぞれの置き場を決めたら、一度冷蔵庫に入っているものをすべて取り出し、賞味期限をチェックするとともに、ビン類、チューブ類、ウィンナーソーセージやハムなどの加工商品ほか、食材もすべてグループ分けしておくと、冷蔵庫に戻す時に楽です。あらかじめ、100円ショップなどでプラスチックケース、スライド式のトレー、ファイルケースなどをそろえておき、しまうものに合わせて利用しましょう。

整理整頓のポイント

①冷蔵庫の中にあるものを把握しておけるよう、つくり置きや残った料理、調味料などを入れる容器、細かいものを入れておくケースなどは、すべて透明のものを選びましょう。
②つくり置きや残った料理はつくった日付、マヨネーズやポン酢、焼き肉のたれなどは開封した日付を書いておきましょう。そうすることで、食べ物の管理ができるほか、各調味料の使用頻度などがわかります。
③調味料などの使用頻度をもとに、ほとんど使っていないものは小さなサイズのものに変更する、ストックは買い過ぎないなど、買い方を見直すことも冷蔵庫をすっきり使うヒケツです。
④ケース、ビニール袋、紙袋などを使い、上手に仕切って収納することで、「ごちゃごちゃ感」を防ぎます。

冷蔵庫整理を実践する

冷蔵室の整理

開け閉めする回数が多い冷蔵室は、それだけ出し入れも頻繁ということです。奥のものもスムーズに取り出せるよう、入れすぎは禁物です。賞味期限の短いものは、種類にかかわらず、ドアを開けてすぐ目につくところに置いておきましょう。ポケット部分も油断すると、無秩序な状態になってしまいがちなので、チューブなど目立たないものは数個まとめてしまえる便利グッズなどを使うと、どこにしまったか探す手間が省けます。
●上段・・・・・・味噌、パスタソース、ビール、缶ジュース、ペットボトル、賞味期限の長い加工食品など
●中・下段・・・・・・ハム、ソーセージ、バター、チーズ、ヨーグルト、納豆、肉、魚、焼きそば、ラーメン、つくり置きや残った料理など
●ポケット・・・・・・卵、牛乳、調味料、たれ、ペットボトルなど

冷凍室・野菜室の整理

冷凍室・野菜室ともに、上から見て使いたいものを探すことになるので、重ねてしまうのはNG。どちらも立ててしまうと、何が入っているかすぐわかり、スペースの節約にもなります。冷凍室は、ジッパー付きのビニール袋や薄型のプラスチック製密閉容器にラベルをつけて並べれば、入っているものが一目瞭然。一方、形も大きさもバラバラの野菜をしまう野菜室は、それぞれ種類別に紙袋に入れて並べるとすっきりと収納できます。また、プラスチックケースに入れてしまうと、仕切り代わりにもなって便利です。

冷凍室・野菜室の整理

Stock image/ Shutterstock.com

野菜の収納する際に使う紙袋は、デパートなどでもらったものを再利用してもいいですが、100円ショップなどで手に入る茶色のクラフト袋で統一すると、見た目もすっきりしておしゃれです。