ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
金魚の水が生臭い! 何とかしたい水槽臭
出典 : darkocv/Shutterstock.com

金魚の水が生臭い! 何とかしたい水槽臭

近づくと何気に気になる、金魚の水槽から漂う臭い。何となく金魚が元気なさそうに見えたら、水槽の中は黄色信号! 早めの対策で、水槽の中の環境を整え、金魚の元気を取り戻しましょう。

  • 創文舎 hamo

水槽が臭くなる原因

水槽が臭くなる原因

KPG_Payless/Shutterstock.com

部屋のインテリアとして美しく、また心を癒す存在でもあるアクアリウム。アクアリウムというと熱帯魚を想像する人が多いかもしれませんが、金魚を飼う水槽も立派なアクアリウムの一つです。

とくに、金魚は環境の変化に強く比較的丈夫なので、アクアリウム入門としてはピッタリの観賞魚。しかし、丈夫だからといって、手入れをさぼっていると生臭い臭いがしてくることも・・・。

金魚の水槽は多少なりとも臭いはするものですが、どのような臭いがするかによって、水槽の中の状態はまったく異なります。
水面に鼻を近づけほのかな土の臭いがしたら、それは良い状態の証拠。水槽の中に好気性のバクテリアが棲みつき、水槽の中を生物ろ過できている状態です。

同じように水槽の臭いを嗅ぎ、生臭い臭いがしたら要注意。生物ろ過が上手くいっていない可能性大です。臭いの原因となっているのは、水槽の中で増えたアンモニア。アンモニアは、金魚の糞尿や食べ残したエサなどが腐敗してできる毒素の強い物質です。生物ろ過が上手くいっていると、バクテリアがアンモニアを分解し毒素の少ない物質に変換するため臭いはあまりしませんが、水槽の中に好気性のバクテリアが少ないと、アンモニアはそのまま増え続け、生臭い臭いを発するのです。

臭い水槽は金魚の寿命を縮める?!

臭い水槽は金魚の寿命を縮める?!

natthawut ngoensanthia/Shutterstock.com

生臭い水槽は、ただ臭いだけではなく、金魚にも大きな負担をかけています。アンモニアの毒素は金魚にとっても毒。少しでもアンモニアが検出される水槽で金魚を飼い続けると病気の原因となり、金魚は長く生きることができません。

水槽の生臭い臭いは、有機物の腐敗が主な原因です。有機物が増える理由がどこにあるかチェックしてみましょう。

●エサの与えすぎ
●水槽の大きさに対し、金魚を多く飼いすぎている
(60cmの水槽で成魚3~5匹位までが目安)
●砂利やろ過機の清掃不足
●砂利を敷いていない
●ろ過機の性能不足
●ドロリとした藻類が水槽に付着している

合わせて水槽の掃除をする場合はこちらの記事もどうぞ
金魚の水槽を掃除する。正しい手順と汚れ予防策とは?

置くだけで臭いが消える消臭剤

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

ファブリーズお部屋用置き型(消臭・芳香剤)

生臭い臭いも土の臭いも、いずれも気になるという場合は、水槽の近くにファブリーズのお部屋用置き型消臭剤を設置するのがおすすめ。

ファブリーズの置き型消臭剤は、空気中に漂う臭い成分をキャッチし、化学的に中和して臭いを元から消し去る、独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」を搭載。本体の中に詰まったゼリーで気になる臭いを根本から解消します。

また、自然界に存在する「森林フィトン」と同じ成分を含有しており、湿気が溜まりやすい水槽周りに設置しておくことで、原因物質に効果的に働きかけカビ予防にも効果を発揮します。

スリムで置き場所を選ばないデザインなので、水槽の側にさりげなく置くことも可能です。ペットや生き物に負担を掛けない、無香タイプがおすすめです。

生物ろ過を強化して臭いを防ぐ

生物ろ過を強化して臭いを防ぐ

Sonja Miseric/Shutterstock.com

水槽の中での臭い対策をすすめるなら、ろ過不足を補うのが根本的な解決方法です。
生物ろ過を強化させるということは、好気性のバクテリアを増やすということ。まずは、バクテリアを増やすための土壌づくりが大切です。

砂利を敷く

砂利を敷いていない場合は、まずは、砂利を敷くことがもっとも効率のよいバクテリアの増やし方です。バクテリアは、定着する場所がないと増えていきません、砂利を敷くことで、バクテリアが定着できる面積を増やします。

フィルターを増強する

砂利と同じように、バクテリアはフィルターに使われているスポンジなどにも定着します。小さなフィルターを増やしてあまり効果が感じられないようなら、上部式や底面式、外部式などのしっかりしたフィルターに交換するのもよいでしょう。

活性炭を入れる

即効性を重視するなら、活性炭がおすすめです。脱臭効果のある活性炭をろ過機に入れて使用すると、臭いが炭に吸着されイヤな臭いがすぐに消えます。ただし、効果は1~2週間ほどで、臭いの根本的な解決にはなっていないので注意が必要です。

紫外線殺菌灯を設置する

初期費用と設置の手間は多少かかりますが、水槽内の細菌や有機物、藻類を光の照射で殺菌することにより、臭いを元から抑える方法。水の透明度も上がり、病気の予防にもなります。効果は1年程度。

こまめな水替えも効果的

こまめな水替えも効果的

Wouter Tolenaars/Shutterstock.com

生物ろ過により、有害なアンモニアは毒性の少ない物質「硝酸」に変換されます。しかし、毒性が低いというだけで、無害というわけではありません。生物ろ過が上手くいっているからといって、あまり水替えをしないでおくと、徐々に硝酸が蓄積し、やがては毒素の強い水槽になってしまいます。

アンモニアと比べると、強い臭いではありませんが、硝酸も蓄積するとイヤな臭いを発します。また、金魚にもダメージを与えるため、水槽の水替えも定期的に行うようにしましょう。

金魚の水槽の臭いには、バクテリアの働きが深く関係しています。臭いのする水槽を放置しおくと金魚の健康にも害が及ぶので、生臭さを感じたらできるだけ早めに対処するようにしましょう。

他にもペットを見直すなら

ペットについてはこちらの記事もおすすめ

癒しの効果満点のアクアリウム、でも何となく部屋全体が生臭い…

ミドリガメが臭い! 正しい飼育方法と日常のケア

見ているだけで癒される熱帯魚。問題はその臭い!