ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
生乾きにはアイロンで対策を!生乾きの洗濯物の悩みを解決!
出典 : Elnur/Shutterstock.com

生乾きにはアイロンで対策を!生乾きの洗濯物の悩みを解決!

天気は気まぐれだから、いつも外に洗濯物を干せると限りません。雨が続くと、部屋干しで生乾きのまま臭う原因に・・・。アイロンを使って対策する方法、教えます!

  • tama

生乾きが臭う理由

生乾きが臭う理由

beeboys/Shutterstock.com

せっかく洗った洗濯物なのに、イヤな臭いがする・・・。生乾きの洗濯物が臭いのはどうしてでしょう。湿った状態が長くなると、臭いがでてきます。これは、布についている皮脂やたんぱく質の汚れをエサに、雑菌が繁殖する時に放つ臭いです。
一度この状態になってしまうと、ただ洗っただけではなかなか臭いはなくなりません。乾いている時は臭わなくても、汗をかいたり雨で濡れたりすると、臭いが復活してしまいます。

菌といっても、人体の口や気道などの粘膜に常在している菌なので、人体に悪影響を及ぼすわけではありません。しかし、臭いは気になりますよね。この生乾きの臭いを取り除くには、殺菌をするしかありません。この菌は熱に弱い性質なので、加熱をすることで撃退することが可能です。

アイロンで対策

アイロンで対策

Africa Studio/Shutterstock.com

家庭でできる一番カンタンな方法は、アイロンを当てることです。家庭用のアイロンでも十分効果があるので、試してみましょう。アイロンをかける際には、布地全体にくまなく熱を当てましょう。加熱が不十分だと、臭いが復活してしまうおそれがあるので、ゆっくり動かして布の反対側までしっかり熱が浸透するように当てます。
直接当てられない衣類の場合、当て布をしましょう。
また、衣類の性質によっては、熱を加えてはいけない場合もあります。必ずタグの表示を確認してください。

アイロン以外の対策

アイロン以外の対策

dashtik/Shutterstock.com

熱を加えられるのは、アイロンだけではありません。アイロンよりは手間や時間がかかりますが、次のような方法もあります。

①熱湯消毒
古典的ですが、これも効果的な殺菌方法。大きめのバケツや、洗面器に熱湯を注ぎ、そこに生乾きの臭いがする衣類をしばらく浸けておきましょう。この方法は再度乾かす必要があるので、再び生乾きの臭いが発生しないように、風通しのいいところで手早く乾かしましょう。

②酸素系の漂白剤
酸素系の漂白剤は、衣類のシミや汚れを落とすだけではありません。殺菌効果もあります。熱湯にプラスして、酸素系漂白剤を入れるとより効果的です。注意したいのは、漂白剤にも種類があるので、酸素系と表記されているものを使いましょう。

③乾燥機にかける
乾燥機の熱でも、殺菌ができます。自宅にない場合、コインランドリーを活用しましょう。消臭と同時に乾燥もできるので、一石二鳥です。乾燥機にかける前に、洗濯表示を確認して、乾燥機に対応できるかどうかの確認を忘れずに。

④ドライヤーをかける
ドライヤーの熱でも殺菌、乾燥が可能です。ドライヤーの場合、ただ当てるだけでは効果が弱いので、ゴミ袋などのビニール袋を使いましょう。袋の中に衣類を入れて、ドライヤーを袋の口に差し込み、輪ゴムなどですき間が無いように固定します。空気を逃がす場所用に、ごくわずかに穴をあけて、ドライヤーのスイッチを入れるだけ。乾燥機のような効果が得られます。

⑤クリーニング
どうしても臭いが取れない場合、やタグの表示で熱を加えるのがNGになっている場合は、プロに頼むのもひとつの手。クリーニングに出しましょう。臭いも汚れもきれいになって戻ってきます。

臭いを軽減するには

臭いを軽減するには

Albina Glisic/Shutterstock.com

少しでも生乾きの臭いを軽減するには、布が湿っている時間を減らすこと。洗い終わった洗濯物は、すぐに広げて乾かしましょう。雨が続いて部屋干ししなくてはいけない場合、乾いた浴室内での乾燥方法があります。浴室に洗濯物をかけて、換気扇を回し、一気に乾燥させる方法です。浴室乾燥機がついているタイプだと、さらに、効果はアップ。その際、乾きやすくするため、衣類と衣類の間にすき間があくように、少し離して干すようにしましょう。

室内に干す際に、除湿機を使うと乾きは早くなります。また、エアコンの下にかけられるハンガーも。扇風機を洗濯物の下から当てるのも、早く乾燥させるコツです。このように乾燥グッズを駆使して、上手に乾かしましょう。

最近は生乾き菌に強い洗剤も開発されています。一番手軽な方法なので、一度試してみるのもいいですね。

雨が続くとどうしても部屋干しになります。生乾きの臭いで悩まされているのなら、熱を加えて殺菌!じめじめした季節を乗り切りましょう。