ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
トイレ掃除にブラシを使わない!? ブラシの断捨離で汚れを溜めない
出典 : ben bryant/Shutterstock.com

トイレ掃除にブラシを使わない!? ブラシの断捨離で汚れを溜めない

トイレ掃除に必須と思われているブラシですが、使わないで掃除する方法を知っていますか。ブラシを置かないことで清潔を保つ、斬新な方法とは?

  • tama

トイレ掃除に使うブラシには菌がいっぱい

トイレ掃除に使うブラシには菌がいっぱい

Punyhong/Shutterstock.com

トイレ掃除は、一般的にブラシで擦って汚れを落とします。便器を擦った後、ブラシはどうしていますか。そのままブラシのスタンドに戻して、トイレに置いたままの人がほとんどでしょう。

もしブラシに汚れが残っていたり、水がしっかり切れていなかったら、そこからカビの発生にもなります。そうなると、便器はピカピカになりますが、ブラシには雑菌がうようよとしたまま・・・。せっかく掃除しても、衛生的とはいえませんよね。

トイレブラシには、数にすると1本当たり、多くて8億を超える細菌と、300万を超えるカビの菌がいるといわれています。これは、下水道と同様の汚染状況だそう。下水を常備しているようなものだったなんて、驚きです。また、雑菌だらけのままブラシを置いておくと、臭いが発生してしまう可能性も・・・。

ブラシを使わないと衛生的!?

ブラシを使わないと衛生的!?

Peeradach R/Shutterstock.com

便座や便器、床はマメに掃除していれば、さほど雑菌がつくことはありません。ですが掃除をしないブラシは、雑菌や汚れ、カビがたくさん生息しています。
いくらきれいにトイレを掃除していても、衛生的とはいえませんよね。このブラシが無くなれば、8億を超える細菌と300万を超えるカビの菌が無くなることになります。きれいにするはずのブラシが、無いほうが衛生的だったなんて!

でもブラシ無しで掃除するなんて可能なのでしょうか。大丈夫、次でブラシを使わない掃除方法を紹介します。

トイレの空間を自分好みに変えるなら
トイレ用品こそ、思いっきり自分好みにカスタマイズ!

ブラシを使わない掃除方法

●使う道具

ブラシを使わない掃除方法

OBprod/Shutterstock.com

ブラシの代用として使うのは、使い古した布やスポンジです。布やスポンジは、乾いた状態にして小さめに切っておきましょう。その他に使うものとして、使い捨てできるトイレ用のお掃除シート、ビニール手袋やポリ袋。トイレ用の洗剤の代わりに、水200mℓに対して、小さじ1のクエン酸を混ぜてスプレーボトルに入れておきます。

●掃除方法

掃除方法

Prostock-studio/ Shutterstock.com

掃除を始める前に、ビニール手袋を着用してください。コスト的に用意するのがためらわれる場合、ポリ袋を手に被せ、手袋代わりにしてもいいでしょう。

まずはスポンジを有効に活用するために、トイレの水受けを擦っておきます。次に便器にクエン酸スプレーをし、スポンジで洗っていきます。手を保護しているので、汚れる心配はいりません。

便器の裏やウォシュレット部分など、ブラシでは磨ききれない細かい部分も擦りやすいので、どんどんきれいにしていきましょう。

便座や便器の側面、床は使い捨ての掃除シートで拭きます。くまなく拭いたら、流せるシートは流して完了。使い終わったスポンジやビニール手袋はポリ袋に入れて、しっかり口を縛りましょう。そのまま捨ててトイレ掃除完了です。

節約のことを考えるのであれば手袋をポリ袋にして、使い終わったらその袋にスポンジを包んで捨てればコストダウンできます。また使い捨ての除菌シートの代わりに、専用の洗剤もあるので、使いやすいものを選んでください。

簡単に日々のトイレ掃除を行うならこちらの記事もどうぞ
苦手なトイレ掃除は5分で終わり!

普段の手入れが重要

普段の手入れが重要

Alex Malikov/Shutterstock.com

普段から手入れをしていれば、ブラシが無くても掃除はカンタンにできます。トイレのシミ予防には、掃除でも使ったクエン酸水を使いましょう。トイレを使った後に、便器の中に向けてスプレーをするだけ。アンモニアの臭いを防ぎ、防虫・抗菌の効果が得られます。

また、便座が気になった時には、トイレットペーパーにスプレーをして拭き取り、そのまま流すだけのカンタン掃除をしましょう。汚れが染みつく前に、手入れをすることで、清潔を保つことができるのです。

トイレブラシを使わなければ、床にスタンドを置く必要が無くなり、床の掃除がしやすくなります。また、便器もブラシのヘッドでは大きすぎて落としきれなかった箇所にも手が届くので、便座の裏や細かい部分の黄ばみも落とせるように。
さらに、掃除がたいへんになる前に汚れを落とす習慣がつくので、マメに掃除をするようになります。

いいことだらけのブラシを使わないトイレ掃除で、汚れの溜まらない暮らしをしましょう!

他にもトイレを見直すなら

トイレについてはこちらの記事もおすすめ

汚い! 臭い! 誰でもキレイにできるトイレ掃除のやり方を大公開!

汚れたらすぐに掃除で、いつもきれいなトイレに

苦手なトイレ掃除は5分で終わり!

トイレ掃除におすすめ! クエン酸の正しい使い方とは