ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
使用済み歯ブラシを掃除に活用!歯ブラシを使った風呂場や洗面所、トイレの掃除方法

使用済み歯ブラシを掃除に活用!歯ブラシを使った風呂場や洗面所、トイレの掃除方法

もう使わなくなった歯ブラシ、どうしていますか?もし捨てているならもったいない!歯ブラシは優秀な掃除アイテムになるので、活用しましょう!

  • tama

使用済み歯ブラシ、捨てるのはもったいない!

使用済み歯ブラシがいい理由

Africa Studio/Shutterstock.com

細長い形状で、スポンジや手では磨きにくいところも、歯ブラシなら楽に届きます。

もともとは使い古して捨てる予定だった歯ブラシ。

普段嫌悪感があるような場所も、磨いた後は捨てるだけ。洗う必要がないので、思い切った掃除ができます。ゴミになる寸前の歯ブラシを、最後に掃除用具にすることで、便利な使い捨てアイテムになります。

注意したいのは掃除で使用した後、間違って歯ブラシとして使用しないように、テープやシールで目印を付けておきましょう。さらに、スタンドなどにまとめておけば、うっかり家族が使ってしまうこともないので安心です。

使用済み歯ブラシをお掃除で活用

掃除での活用法

cunaplus/Shutterstock.com

使い終わった歯ブラシ、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。

お掃除グッズとして再利用する活用法をご紹介します。

①お風呂場を掃除

歯ブラシでお風呂場を掃除

使い古した歯ブラシをお風呂場に1本置いておくと、入浴やシャワーの時にゴシゴシ磨けて便利です。

タイルの目や、細かい溝の水垢を落としやすいので、洗剤をつけて掃除しましょう。

②洗面所やトイレを掃除

歯ブラシで蛇口を掃除

排水口のつまりやぬめりを除去するのにもおすすめ。

また、トイレブラシでは届かない便器の裏の掃除にも活躍します。トイレ用の洗剤を付けて、擦り落としましょう。

蛇口のつけ根に溜まる水垢や赤サビには、洗剤や重曹をつけて歯ブラシで擦ればピカピカに。

③その他の場所を掃除

その他の掃除

その他、窓のサッシに溜まるゴミやホコリの除去にも活躍します。

乾いた歯ブラシでゴミを掻きだし、掃除機などで吸い取りましょう。

同様に乾いた歯ブラシは、カーテンレールなどの、ホコリを除去するアイテムとしても活用できます。やさしくなでるように、ホコリを払いましょう。

改造!歯ブラシを道具に

改造!歯ブラシを道具に

ittipon/Shutterstock.com

歯ブラシを改造して掃除用の便利アイテムにしてみましょう。さらに、掃除の幅が広がります!

・毛先をカット

ピンクのハブラシ

広がった毛先の部分を、斜めにカット。

今まで諦めていた、細かい箇所の掃除が可能になります。毛先の真ん中を残してモヒカンのような山型にカットすると、フローリングの隙間のような細かい箇所までブラシがかけられます。

・持ち手部分を曲げる

歯ブラシで掃除

歯ブラシの持ち手部分のプラスチックに、熱を加えて改造しましょう。

ロウソクやライターの火で炙り、さまざまな角度に曲げて汚れに届きやすくすると、さらに、便利になります。

たとえば、背を反らすように後ろへ曲げると、便器の裏側を掃除しやすくなります。熱を加える際には、火傷をしないように十分気をつけて行ってください。

・数本合わせて大きいブラシに

歯ブラシ 束ねる 掃除

使い古した歯ブラシが数本あれば、ガムテープで束ねて固定。排水口や排水管をゴシゴシ掃除しましょう。掃除のスピードがぐんと早くなります。

使用済みの電動歯ブラシも活用!

使用済みの電動歯ブラシも活用!

Nataly Studio/Shutterstock.com

通常の歯ブラシ同様、使い終わった電動歯ブラシも、活用方法はさまざま。美容や掃除など、好みに合わせてチャレンジしてみましょう。

・タイルの溝

タイルの溝を歯ブラシで磨く

通常スポンジでは届かない壁や浴室タイルの溝。電動歯ブラシを使えばらくらく磨くことが可能です。各箇所の掃除用洗剤を使ってトライ!

・ゴムパッキン

窓際を歯ブラシで掃除

窓枠のゴムパッキンは、すぐにホコリやカビで汚れます。掃除用洗剤と電動歯ブラシで擦りましょう。手ではかなわない、細かな振動できれいになります。

・タイヤのホイール磨き

タイヤのホイールを歯ブラシで磨く

アルミ製のホイールに、研磨剤をつけ電動歯ブラシで磨きます。磨き終わったら水で洗い流して完了です。

・ネイルケア

ネイルケアを歯ブラシで

電動歯ブラシの毛先にハンドクリームを少しつけて、スイッチオン!ネイルサロンに行ったかのような、つややかな爪になります。

・シルバー磨き

シルバーアクセサリーは歯ブラシで磨こう

シルバーアクセサリーはすぐにくすみます。歯磨き粉を少量付けて、磨くとピカピカになります。ですが傷める可能性があるので、高価なアクセサリーにはおすすめしません。

・靴磨き

歯ブラシ 靴磨き

靴のコバ部分や、靴裏の溝部分にはゴミや小さな砂利が入り込みやすくなっています。

通常のブラシでは、なかなか除去できない細かい部分ですが、歯ブラシならさっと落とすことができます。

まとめ

ただ捨てるだけの使用済み歯ブラシも、掃除に活用すれば掃除アイテムとして大活躍。最後まで使いきって、家中をピカピカにしちゃいましょう!