ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
シンクが茶色に!サビ汚れを落としてピカピカの銀色を取り戻すには
出典 : ben bryant/Shutterstock.com

シンクが茶色に!サビ汚れを落としてピカピカの銀色を取り戻すには

気が付くとシンクが茶色にサビていることありませんか。落ちにくいサビ汚れを撃退して、銀色をよみがえらせるにはどうしたらいいか教えます!

  • tama

シンクについた茶色のサビの原因

茶色のサビの原因は

Polina Yanchuk/Shutterstock.com

ステンレス製のシンクなのに、サビるはどうして?

キッチンのシンクはほとんどがステンレス製。サビとは無関係と思うかもしれません。ですがそれは、間違い。ステンレスは、ほとんどが鉄の成分で構成されています。

そこにサビにくいよう、ニッケルやクロムなどの成分が加えることで、シンクの表面には、薄い酸化被膜というサビにくい膜ができます。この被膜は剥がれても、自然に発生するので放っておいても大丈夫。ではどうしてサビにくいはずのシンクがサビるのでしょう。

ステンレスの摩耗や劣化により、サビが広がる

シンクの上に、熱した鍋やフライパンを直接置いていませんか。何度も高温にさらされたステンレスは、徐々に劣化してサビやすくなります。また、シンクをタワシやクレンザーなどで頻繁に擦り洗いをしていると、酸化被膜が剥がれ、新しい被膜ができる前にサビがでることがあります。一度サビてしまうと、そこから広がってしまいます。

さらに、シンクの上に缶やヘアピンを置きっぱなしにして、サビてしまった経験はありませんか。そのまま放っておくと、そのサビがシンクにうつることがあります。

シンクの汚れやすい場所

シンクの汚れやすい場所は

boivin nicolas/Shutterstock.com

排水口

シンクの排水口まわりは、茶色くもやもやしたサビでくすんできます。日々洗い物の水やお湯が流れ、最後まで濡れている場所なので、掃除しているつもりでも、気が付くと汚れています。

蛇口の根元・三角コーナー付近

また、水道の蛇口の根元も汚れが溜まりやすい箇所。その他に、三角コーナーのように物があると、掃除が届かなかったりするので、茶色いムラのようなサビ汚れが溜まりやすくなります。

サビ汚れの落とし方

サビ汚れの落とし方

SeDm/Shutterstock.com

●メラミンスポンジで擦る

汚れが軽度な場合、メラミンスポンジで擦るだけできれいになる可能性があります。水をつけて擦るだけなので、カンタンなうえ、100均などでも市販されているので、お財布にもやさしいアイテムです。傷をつけないように、やさしく擦りましょう。

●重曹を使う

重曹を使ってシンクのサビを落とすには、シンクを全体的に水洗いし、その上から重曹をふりかけます。10分ほど時間をおいている間に、お湯を沸かしましょう。
65度以上の温度になったら、重曹の上から少しずつお湯をかけて、スポンジで擦ります。重曹の細かい粒が、クレンザーのような役割をし、サビをこそげ落とします。
また、重曹にお湯を足すことで、アルカリの度が上がり、汚れも落ちやすくなります。その後、洗い流して終了です。

●クレンザーとクエン酸を使う

市販のクリームクレンザーで擦っても、サビを落とすことができます。それでも落ちないようであれば、クエン酸を足して擦り洗いましょう。クエン酸の粒が研磨剤の役割をし、さらに、酸で赤サビを撃退します。

重曹で擦った後の仕上げにも、クエン酸は有効です。水でクエン酸をよく溶かし、シンクにスプレー。5分ほど放置した後洗い流せばピカピカになります。

●磨くコツ

シンクを磨く時の、ちょっとしたコツを教えちゃいましょう。シンクには、畳の目のようにスジ状の線がある場合があります。シンクをじーっと、よく見てください。
線が確認できたら、その目に逆らわないように平行に磨きます。そうすることで、ムラなくピカピカにすることが可能。畳の目に逆らって拭き掃除をしたら、目にゴミが引っかかるのと同様の原理です。

予防方法はあるの?

予防方法はあるの?

MPIX/Shutterstock.com

酸素系の漂白剤をつかう

まず、塩素系の漂白剤はシンクを洗うのに向いていないので使用は控えましょう。塩素系漂白剤は、長時間使うとサビの原因になります。ぬめぬめする排水口に使うことが多い漂白剤ですが、酸素系の漂白剤に替えるか、使う時は短時間で洗い流すようにしてください。

水滴はこまめに拭きとる

この他、塩や醤油などの塩分も、ステンレスをサビやすくします。置きっぱなしは止めて、こぼれたらすぐに拭き取りましょう。ステンレスは水に濡れたままでも劣化しやすくなります。
こまめに拭いて乾燥した状態を保ちましょう。また、鉄の調理用具を直接置くのも劣化の原因に。使った後はすぐに片づけるようにしてください。

サビをそのままにしていると、どんどん変色してしまいます。きちんと磨いて、ピカピカのシンクで調理の時間を楽しく過ごしましょう!